暁 の ヨナ 177。 暁のヨナ 177話 31巻の収録だと思うのでネタバレに気をつけてください

暁のヨナ175話のネタバレと感想!キスシーン!?|漫画ウォッチ

暁 の ヨナ 177

〜もくじ〜• 暁のヨナ177話のあらすじ ハクは風の部族に居た時のことを思い出していました。 婚約者だったアヤメと互いに好きな人について話をしていた時のことを。 その時は、相手に想いを寄せながらも両想いになることはあり得ないと言っていたハクですが…。 暁のヨナ177話のネタバレと感想 ハクの回想シーンから始まります。 婚約者のアヤメが恋人のサキと喧嘩して落ち込んでいる時に、ハクは自分にも好きな人がいるけれど、その人から想われることは絶対にないと口にしていました。 「俺はその人とその人の大事な人が幸せになってくれたら、それでいいよ」 両想いになることなど絶対有り得ない。 そう思っていたハクへのヨナからの告白を聞き、ハクの目は丸くなります。 その場に居たテジュンは、フクチに耳をふさがれていました。 「間に合いました、テジュン様。 危ない所でした」 テジュンはフクチに耳をふさがれたまま、強引にその場から離されます。 どうぞ話を続けて下さい、というフクチの言葉に反応するように、ハクも続けてくださいだそうですが、と横目でヨナを見ます。 「続けて……って…聞こえなかった?」 「聞こえましたけど…。 もう少し聞きたい」 ハクの言葉に照れたヨナは、以上ですと答え仲間がいる天幕内へと逃げ込みます。 天幕前でのヨナの告白を、キジャ、ジェハ、アルギラ、ヴォルドは 聞いていましたがあえて口には出しません。 アルギラとヴォルドは明日真国に帰ることをヨナに告げ、ヨナたちも高華国に帰ることを決めますが、火の部族の彩火城に戻るのは混乱が予想されるため、別の場所に行くことを考えます。 翌日、アルギラたちを見送ったヨナたちは、テジュンに一緒には彩火城には戻らないことを伝えるとともにユンの居場所を尋ねました。 テジュンはフクチを呼び、フクチが答えます。 「彼なら昨夜 ヨナ姫がハク隊長に愛の告白をするまでに声が回復した事を受け、喉の薬に興味を持ち空の部族医療部隊の所へ行ってますが」 「ちょっと待ってフクチ?今さらりと何か言ったフクチ?」 フクチはヨナから直接その言葉を聞いたらテジュンが死ぬかもと思い、あの時テジュンの耳をふさいだようです。 冷静に対応しながら心が抉られているテジュンが不憫でならない。 2人の漫才をしり目に、ヨナたちはユンを迎えに行きますが、ユンは出発の話を聞くと、空の部族の医療技術をもう少し学びたいと言い出します。 空の部族兵を見ると体が強張るヨナですが、ユンの気持ちもわかります。 ヨナはユンの仕事を手伝うと言いますが、ハクとヨナは怪我人だからあっちで休んでいて、と薬を渡されちょっと離れたところで休むことにしました。 2人は固まりながらも話をし始めますが、ハクはアヤメの話をしたあとヨナの様子おかしいことに気づきます。 そんなわけが無いと思いながらも、嫉妬するとかあるのか、とヨナに尋ねるハク。 赤い顔を手で隠し、あるよと答えるヨナの姿に ハクの目は真ん丸です! 「本当に?あんた姫さんですよね…?」 「姫さんですよ」 恥ずかしがりながら答えるヨナが可愛いです!! どうしてそうなった?と複雑な思いをしながら 目が点になるハク。 ヨナは恥ずかしそうに、ハクはそういう事ないの?と聞きますが、ハクは悟りを開いているのでそういう事はないようですね 笑。 2人のはにかんだような照れた顔がいいねっ! 一方医療技術を学んでいるユンの元にジュド将軍が現れ、威圧的な態度を見せます。 ユンを守るようにそっと周囲に集まる四龍。 「悪かったね、ここを荒らすつもりはないよ。 ユン君、行こうか」 ジェハに促され立ち去ろうとしたとき、ケイシュク参謀が現れます。 「かまいませんよ」 ユンの処置により多くの兵の命が助かったことからも、空の部族の医療を学ぶのは問題ない、とジュドに向け淡々と語るケイシュク。 ヨナとハクもその場に駆けつけ、薬の礼とすぐに立ち去ることをケイシュクに告げますが、ケイシュクは少年が学びたいなら学ぶ場を提供すると言い出します。 ヨナたちと争う気持ちがないというケイシュクの言葉を聞き、ヨナは直球をぶつけます。 「あなたの狙いは何?」 「……では申し上げましょう、私は優秀な人材が欲しい。 手を組みませんか?ヨナ姫」.

次の

暁のヨナ 第177話/31巻のネタバレと感想!最新話はヨナの告白

暁 の ヨナ 177

『みらいのダンナさま』『柚木さんちの四兄弟。 』など 対象作品 無料! BookLive! 『高嶺と花』1~3巻まで無料! BookLive! よかったね、本当に よかったね。 ハクの体も とりあえず大丈夫そう。 それは ちょっと 後味悪いというか なんというか・・・。 高華国は 千州を完全に制圧し、属国となった 斉・真国と合わせて イル王の時代よりも 倍の国土を支配することになった。 その手柄って、全部スウォンのものになるのかな。 いちばん頑張ったのは どう考えても、ヨナ達なのにな・・・。 ジェハも含め、ユン先生から しばらく動いちゃダメ命令。 怪我人は まだまだ沢山いるだろうから、こうなると いちばん忙しいのは ユン。 まさかのゴビ神官付き・・・。 まあ 目を離すわけにはいきませんもんね。 ユン先生の命令 さっそく無視かーい! でも、早く体を治すためには しっかり食べることも 必要だもんね。 盛大にお腹を鳴らしたヨナも 一緒に行くことに。 姫さん、顔 めっっっっちゃ赤い。 キスのこと 思い出しちゃった上に、お腹の音 聞かれて 恥ずかしいのかしら。 テジュン達としては、ヨナと一緒に 勝利を祝って 騒ぎたいとは思うが、それは遠慮してもらうしかないね。 さすがだなー。 人気がないところに 逃げ込んで、ヨナと ハク ふたりきり。 「無理に声 出すな 帰って休みましょう ・・・・・・火事の中 出るまでは 声聞けたんですけどね ・・・俺が 炎の中であんたを見つけた時の事 覚えてます?」 首を振る ヨナ。 あの時のヨナは 意識を失ってたんだから、覚えてないのは 当然。 自分が うわごとで何を言ったかなんて、分かるはずありませんからね。 「事情を説明したら 意外にも すぐに出して下さったんだ 一日も早く全快されますように との事でした」 怪我人のために 手を尽くしてくれてるみたいだったし、ケイシュク参謀 本心からヨナのこと心配してくれてる・・・? っていっても まあ 打算はあるだろうけど、優れた薬を出してくれたのは 素直に有り難い。 ハクは 怪しんでいたけど、ヨナは迷わず 薬を一気飲み。 薬を飲んだからって そんな すぐ治るわけではないのに・・・、無理して 声を出す ヨナ。 「ハ・・・ ハク きこえる? わたし ハクが好き こえを はやく だしたくて きこえた? やっと いえた」 姫さん 無理しないで! でも、言えて よかったね。 ハクに「好き」って伝えた。 伝えることができて、満足そうな顔をしてる。 花とゆめ14・15号の 暁のヨナ、感想です 最新コミックス32巻 発売中! ネタバレ配慮してなくてすみませ... 花とゆめ14・15号の コレットは死ぬことにした、感想です 最新コミックス16巻 発売中! ネタバレ配慮し... 花とゆめ14・15号の 高嶺と花、感想です 最新コミックス17巻 発売中! ネタバレ配慮してなくて すみま... 花とゆめ12・13号の 暁のヨナ、感想です 最新コミックス32巻 発売中! ネタバレ配慮してなくてすみませ... 花とゆめ14・15号の なまいきざかり。 、感想です 最新コミックス19巻は 7月20日 発売! ネタバレ配... 花とゆめ6号の なまいきざかり。 、感想です 最新コミックス18巻 発売中! ネタバレ配慮してなくて すみま... 花とゆめ9号の 暁のヨナ、感想です 最新コミックス 32巻は、4月20日 発売! ネタバレ配慮してなくてす... 花とゆめ9号の なまいきざかり。 、感想です 最新コミックス18巻 発売中! ネタバレ配慮してなくて すみま... 花とゆめ7号の 暁のヨナ、感想です 最新コミックス 32巻は、4月20日 発売! ネタバレ配慮してなくてす... 花とゆめ12・13号の コレットは死ぬことにした、感想です 最新コミックス16巻は 6月19日 発売! ネ... カテゴリー• 422• 349• 261• 5 アーカイブ•

次の

暁のヨナ【最新179話ネタバレ】ついに緋龍城へと入っていくヨナたち…!!

暁 の ヨナ 177

暁のヨナ【第177話】のネタバレ ハクは思い出していた。 まだ風の部族にいた頃。 許嫁とされていたアヤメが、彼女の恋人と喧嘩して泣いていた時。 ハクには好きな人がいるかと聞かれたので、 片思いの相手がいるが、その人とどうこうなりたい訳ではないと答えたこと。 関係が壊れて失いたくない、ヨナとスウォンが幸せになってくれたら それでいいーーーーーー ずっとそんな想い方を自分にしいて来ていたハクに、 ヨナが告げたのだ。 「ーーハク わたし ハクが好き」 きこえた? と問われ、惚けたハクの代わりに応えたのは、 側近のフクチに耳を塞がれた、火の部族のテジュンであった。 「え、何か仰いました?」 ヨナの一世一代の告白に、これ以上ないタイミングで混ざったあげく、 さらに空気の読めない言動をしそうなテジュンを、 耳を塞いだままフクチが連れ去っていく。 「お邪魔しました、どうぞお話を続けて下さい」 去っていくフクチの言葉を受けて、続けるよう促すハクに、 聞こえなかったのかと確認するヨナ。 聞こえたけど、もう少し聞きたいと願うハクに、 「ーーーっ 以上です」 と答え、堪えきれなくなって天幕に逃げ込んだヨナであった。 天幕の中には、ヨナの告白のすべてが聞こえていたけれど、 詮索せずに、普通に接してくれるジェハ達。 明日の朝には、神官ゴビを連行するため真国へ帰ると言う アルギラとヴォルドに礼を言い、自分たちも高華国へ帰ることを相談。 しかし、四龍の行き先に関心を寄せるゴビに一抹の不安を感じ、 その話は後からということに。 ゴビの漏らす「四龍はどこへ…」という言葉が、 はからずもヨナの胸に強く残った。 翌日、宣言通り旅立った真国の面々を見送り、 テジュンからの彩火への誘いも断って、別のルートで帰るつもりの ヨナたち。 喉の薬に興味を持ったユンとシンアを迎えに、空の部族の医療部隊へと行くも、 その高い医療技術を、もう少し学びたいと言い出すユン。 しかし、ヨナの父を暗殺した空の部族とヨナの間には、 未だ消せない確執がある。 それでも少しずつ歩み寄ろうと、手伝いを申し出たヨナとハクだが、 怪我人は休んでいるようにと、ユンに申し渡されて、 現場から追い出されてしまうのであった。 渡された薬を手に固まる二人だが、ユンがアヤメに似ていると 言い出したハクに、そっけない答えを返すヨナ。 その様子に、まさかと否定しながらハクが尋ねた。 アヤメに嫉妬しているのか、と。 勝手にモヤモヤするのが止まらない、と答えるヨナに、 全白眼になるほど驚くハク。 姫さんが姫さんであることを疑いたくなるほど、脳内の処理が 追いついていないハクに、自分はそんな事がないのかと問い返すヨナ。 しかし、自分の想いに気づいても、ヨナとスウォンの幸せを 願っていたハクは、すでに悟りをひらいているのである。 想いを返して欲しいなどとは、思っていなかった彼だが、 ヨナの「好き」がどの程度かも計れないが、 やばいな 嬉しくて… そんな思いにふけるハクと、ヨナであった。 さて、空の部族の医者に薬や治療法を教えてもらっていたユンだが、 通りかかったジュド将軍に見とがめられる。 兵の治療に尽力してくれたからだと説明する医者が、 ジュドに睨まれているのを見て、穏便にその場を立ち去ろうとする ユンと四龍たち。 そこに声を掛けたのは、空の部族軍の参謀で、 ヨナの父イル王の死にも関わった、ケイシュクであった。 厄介事の気配に、離れていたハクとヨナも戻ってくる。 医術を学びたいなら、緋龍城まで一緒に行かないかと 誘うケイシュクに、俺たちを連行するつもりかと、 冷ややかに返すハク。 そんな大損害が出るような賭けはしないと言う参謀に、 ヨナは単刀直入に尋ねた。 「あなたの狙いは何?」 返されたケイシュクの言葉は、ヨナに衝撃を与えるものであった。 「私は優秀な人材が欲しい」 「手を組みませんか? ヨナ姫」 暁のヨナの最新巻をU-NEXTですぐ無料で読む 以上、暁のヨナ【第177話】のネタバレを紹介しましたがやはり絵つきで読んだ方が面白いですよね。 U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新巻を1冊無料で読めます! 花とゆめの漫画の 最新話を無料で読むことはできませんが、最新巻は無料で読むことはできますのでオススメです! 暁のヨナの 最新巻を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。 無料期間中の解約で違約金は一切ありません 暁のヨナ【第177話】の感想と考察 相変わらず、フクチの手の上で転がされているテジュン。 切れ味の良い剣でさっくりいったあげく、 塩をすり込むのも忘れない、見事な手綱さばきです、フクチさん。 …あ、ハクとヨナのちょっとずつの前進も、もちろん気になってますよ! というか、悟りをひらいているハクが不憫すぎて、もう…(号泣) さて、珍しいユンくんの自己主張(結局はヨナたちの為ですけどね!)に いや〜んな感じで絡むジュド将軍と、さらにいや〜んなケイシュク参謀は、 この先の不安をあおりますねー。 自分と四龍の行く先を考え、ヨナはどんな答えを出すのでしょうか。 次回の暁のヨナ【第178話】掲載の花とゆめ2019年16号発売日は7月20日になります! まとめ 以上、暁のヨナ【第177話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の