ヤマダ 電機 家具。 ヤマダ電機が大塚家具を子会社化、40億円超で第三者割当増資を引き受けへ

ヤマダ電機、増収増益「大塚家具とのシナジー出ている」:朝日新聞デジタル

ヤマダ 電機 家具

大塚家具本社(「Wikipedia」より) 経営再建中の 大塚家具が、家電量販店最大手の ヤマダ電機に身売りすることが決まった。 12月30日付でヤマダ電機が大塚家具に約44億円を出資し、大塚家具の株式の51%を握ると発表された。 これで当面、大塚家具の資金面の不安は解消される。 だが、経営再建の道筋は見えておらず、先行きは不透明だ。 大塚家具は現預金の枯渇危機に瀕していた。 今年9月末時点の現預金はわずか21億円。 現社長の大塚久美子氏が、父親で創業者の大塚勝久氏と経営権を争って勝利し実権を握った2015年には100億円以上あったので、その頃と比べると5分の1程度の水準でしかない。 大塚家具は販売不振で資金の流出が続いていた。 そのため、運転資金の獲得が喫緊の課題だった。 金融機関からの借り入れで対応したいところだったが、金融機関はどこも大塚家具への融資に及び腰だったため、複数の事業会社と交渉し出資を求めたが、出資比率など条件面で折り合いがつかず、資金調達は難航していた。 交渉が進まなかった理由は、交渉相手が大塚家具側に株式の過半の譲渡を求めたものの、久美子氏がそれを拒否してきたためとみられている。 だが、現預金がどんどん減っていき、逼迫した状況に陥ったため、ヤマダ電機が株式の過半を握るかたちでの出資を受け入れざるを得なくなったのが実情だろう。 大塚家具はヤマダ電機からの出資によって、当面は資金面の不安は解消されるが、販売不振から脱却できなければ資金は右から左に流れるだけだ。 しかし、販売不振から脱却できる兆しは見えていない。 11月の既存店売上高は前年同月比25. 5%減と大幅マイナスだった。 10月も23. 5%減と大きく落ち込んだ。 今年1~11月で前年を上回ったのは9月のみ。 それ以外はすべてマイナスだ。 10月と11月 が大幅マイナスだったのは、前年の水準が「在庫一掃セール」で高かったことと、10月の増税前の駆け込み需要の反動が出たことが影響したためだが、それを考慮しても厳しい状況と言わざるを得ない。 久美子氏が経営者になってから業績悪化 大塚家具は久美子氏が15年に経営の実権を握った頃から、業績が深刻なほどに悪化し始めた。 それ以前は深刻な状況とまではいえなかった。 時計の針を少し戻して、00年代からの業績の推移を見てみたい。 08年のリーマン・ショックまでの年間売上高は700億円前後で横ばい状況が続き、成長が見られなかったものの、大きく落ち込んでいるわけではなかった。 ただ、08年のリーマン・ショックで大きく悪化した。 08年12月期の売上高は前期比8. 2%減の668億円に落ち込んだ。 そして、11年12月期(543億円)まで減収が続いた。 しかし、それ以降の売上高は浮き沈みがありながらも上昇傾向を描き、15年12月期には580億円まで回復している。 リーマン・ショック前の水準とはいかないが、直後の09年12月期(579億円)は上回っている。 最終損益は11年12月期から15年12月期まで5期連続で黒字を確保していた。 ところが、16年12月期は販売不振で業績が大きく悪化した。 売上高は前期比20. 2%減の463億円と大幅減収となり、最終損益は45億円の赤字(前期は3億5900万円の黒字)に転落した。 それ以降、業績悪化が止まらず、18年12月期まで3期連続で最終赤字を計上している。 18年12月期の売上高は前期比9. 0%減の373億円だった。 販売不振の背景には、家具市場の低迷と競争激化がある。 少子高齢化で住宅市場の縮小が続き、それに伴い家具市場は低迷が続いている。 その一方でニトリなど低価格を売りとする大手家具チェーンが台頭し、競争は激化している。

次の

ヤマダ電機が大塚家具を子会社化、40億円超で第三者割当増資を引き受けへ

ヤマダ 電機 家具

大塚家具本社(「Wikipedia」より) 経営再建中の 大塚家具が、家電量販店最大手の ヤマダ電機に身売りすることが決まった。 12月30日付でヤマダ電機が大塚家具に約44億円を出資し、大塚家具の株式の51%を握ると発表された。 これで当面、大塚家具の資金面の不安は解消される。 だが、経営再建の道筋は見えておらず、先行きは不透明だ。 大塚家具は現預金の枯渇危機に瀕していた。 今年9月末時点の現預金はわずか21億円。 現社長の大塚久美子氏が、父親で創業者の大塚勝久氏と経営権を争って勝利し実権を握った2015年には100億円以上あったので、その頃と比べると5分の1程度の水準でしかない。 大塚家具は販売不振で資金の流出が続いていた。 そのため、運転資金の獲得が喫緊の課題だった。 金融機関からの借り入れで対応したいところだったが、金融機関はどこも大塚家具への融資に及び腰だったため、複数の事業会社と交渉し出資を求めたが、出資比率など条件面で折り合いがつかず、資金調達は難航していた。 交渉が進まなかった理由は、交渉相手が大塚家具側に株式の過半の譲渡を求めたものの、久美子氏がそれを拒否してきたためとみられている。 だが、現預金がどんどん減っていき、逼迫した状況に陥ったため、ヤマダ電機が株式の過半を握るかたちでの出資を受け入れざるを得なくなったのが実情だろう。 大塚家具はヤマダ電機からの出資によって、当面は資金面の不安は解消されるが、販売不振から脱却できなければ資金は右から左に流れるだけだ。 しかし、販売不振から脱却できる兆しは見えていない。 11月の既存店売上高は前年同月比25. 5%減と大幅マイナスだった。 10月も23. 5%減と大きく落ち込んだ。 今年1~11月で前年を上回ったのは9月のみ。 それ以外はすべてマイナスだ。 10月と11月 が大幅マイナスだったのは、前年の水準が「在庫一掃セール」で高かったことと、10月の増税前の駆け込み需要の反動が出たことが影響したためだが、それを考慮しても厳しい状況と言わざるを得ない。 久美子氏が経営者になってから業績悪化 大塚家具は久美子氏が15年に経営の実権を握った頃から、業績が深刻なほどに悪化し始めた。 それ以前は深刻な状況とまではいえなかった。 時計の針を少し戻して、00年代からの業績の推移を見てみたい。 08年のリーマン・ショックまでの年間売上高は700億円前後で横ばい状況が続き、成長が見られなかったものの、大きく落ち込んでいるわけではなかった。 ただ、08年のリーマン・ショックで大きく悪化した。 08年12月期の売上高は前期比8. 2%減の668億円に落ち込んだ。 そして、11年12月期(543億円)まで減収が続いた。 しかし、それ以降の売上高は浮き沈みがありながらも上昇傾向を描き、15年12月期には580億円まで回復している。 リーマン・ショック前の水準とはいかないが、直後の09年12月期(579億円)は上回っている。 最終損益は11年12月期から15年12月期まで5期連続で黒字を確保していた。 ところが、16年12月期は販売不振で業績が大きく悪化した。 売上高は前期比20. 2%減の463億円と大幅減収となり、最終損益は45億円の赤字(前期は3億5900万円の黒字)に転落した。 それ以降、業績悪化が止まらず、18年12月期まで3期連続で最終赤字を計上している。 18年12月期の売上高は前期比9. 0%減の373億円だった。 販売不振の背景には、家具市場の低迷と競争激化がある。 少子高齢化で住宅市場の縮小が続き、それに伴い家具市場は低迷が続いている。 その一方でニトリなど低価格を売りとする大手家具チェーンが台頭し、競争は激化している。

次の

ヤマダ電機が大塚家具を子会社化、40億円超で第三者割当増資を引き受けへ

ヤマダ 電機 家具

ヤマダ電機が家具参入!WEBチラシも見れる! 生活雑貨・インテリア雑貨は購入頻度が高く、電化製品を購入したお客様がついでに買っていけるというメリットがあります。 ヤマダ電機としても電化製品と一緒に、家具や雑貨などの購入もしてもらえた時には、売上率もアップしますね。 更に、リフォームまで行っているのも魅力的で、大変高い人気を誇っています。 新聞折り込みチラシなどで告知をしたり、ネットからでもWEBチラシを見ることが出来たりと、いろいろな方法でチラシをチェックすることが出来るので、多くの人に知ってもらえていると思います。 ヤマダ電機の家具参入店は拡大検討中 ただ、残念な事と言えば、現段階で全国的に家具まで販売されているヤマダ電機は少ないという事。 しかし、この先もっと拡大を検討されているようです。 私の地元では、家具やインテリアまでトータルコーディネートをしてくれるほど大きなヤマダ電機はまだありません。 電化製品が中心…と言った感じでしょうか。 この先、ヤマダ電機住まいる館がもっと充実し、家電から家具までトータルコーディネートをしてくれると、すごくお手軽に必要なものを買いそろえることが出来るようになると思います。 ヤマダ電機の家具に保証はある? ヤマダ電機では、家具やインテリア雑貨なども豊富に取り揃えられていますが、家電と同じように保証が付いているのかについても気になるところですよね。 ヤマダ電機の家具は安心保証付き! ヤマダ電機で販売されている家具の魅力と言えば、何といっても、品質のいい商品をお手頃価格で購入することが出来ると言うところにあります。 デザイン性や機能性にも優れており、他店対抗価格でいつでも安心してお買い求め頂けるお店として、持続しています。 しかも!安心の品質保証当社指定商品として、1年間の安心保証または、5年間の安心保証が付いているので、購入した後も、しっかりと品質が保証されます。 品質もデザインもご満足いただけるクオリティの高さも自慢です。 確かな技術と一切の妥協を柚須佐内品質管理を徹底されており、商品を提供しています。 ヤマダ電機の家具は保証以外にポイントもつく 品質保証のサービスももちろん、ヤマダ電機で家具をお買い求めになる際の嬉しいサービスには、ヤマダポイントがそのまま使える!貯まる!1ポイント1円で、ヤマダグループのポイントサービスを受けることが出来ます。 ヤマダ電機の家具は保証もついて配送料もほぼ無料! 即日または翌日にお届けし、家具家電共に、18,000円以上お買い物をしたものに限り、平日土日関係なく無料で配送してくれるのも嬉しいですね。 家電も家具も、大きなものを購入すれば、18,000円以上になってしまうようなものがほとんどです。 配送・設置が無料で行えるのはすごく助かるサービスだと思います。 ちなみに18,000円以下の商品の場合は1品あたり配送料1,000円かかります。 ヤマダ電機の家具はニトリと比べるとどう? 家具があって、トータルコーディネートがあって…なんだかニトリみたい。 ニトリと何か違うの?そう思われている方も少なくはないようです。 「インテリアリフォームYAMADA 前橋店」から始まり、構造改革の象徴的な店舗として、ヤマダ電機が大きな変貌を遂げる新たな戦略なのではと言われています。 ニトリでも、電化製品はありますが、ヤマダ電機の電化製品を考えると、負けず劣らずいい勝負です。 ヤマダ電機の家具 ニトリとの差はカフェ? 更に、ニトリとは違う点で大きいのが、カフェが設けられている所。 この点も重視されています。 家族連れや女性の方も気軽に来店することが出来ますね。 また、パンケーキはすごく美味しく、ボリューム共に満足することが出来ると言われているので、お子さんにもオススメかもしれませんね。 ヤマダ電機の家具 ニトリとは似ているようで似てない ヤマダ電機は、家具と家電、インテリア雑貨からリフォームまで、「住まいに関する家1軒まるごとのサービス」を提供することを、目的として、このように新業態を作ることにしたようです。 そのうち、太陽光についても何か考えるのではないでしょうか…ヤマダ電機は、日々進化しているのが分かります。 そして、その進化がどこまで続くのかも楽しみですよね。 ニトリではニトリの魅力があり、ヤマダ電機にはヤマダ電機でしか堪能することが出来ない魅力を持っています。 それぞれに持っている魅力が違うと言った点では、2つは似ているようで全然違うのではないかと思います。 まとめ いかがでしたか。 家具にもしっかりと保証があるのは嬉しいですよね。 家電だけではなく家具も同じような対象として見られています。 チラシもあるので、チラシを見てこられる方も多いようです。 ニトリのように感じられる方も多いと思いますが、ヤマダ電機ならではの魅力をぜひこの機会に感じてみてはいかがでしょうか。

次の