紅 ゆずる 千秋楽。 星組『霧深きエルベのほとり』千秋楽の紅ゆずるは凄かった!

望海風斗が感極まる!雪組大千秋楽…お花渡し 舞咲りんは十輝いりす・早花まこは紅ゆずる!

紅 ゆずる 千秋楽

宝塚歌劇団の星組トップ紅(くれない)ゆずる、相手娘役綺咲愛里(きさき・あいり)のトップコンビが13日、東京宝塚劇場で、退団公演「GOD OF STARS-食聖」「エクレール ブリアン」の千秋楽を迎え、退団した。 紅は02年に宝塚歌劇団に入団、16年11月にトップに就任した。 前日12日、台風19号の影響で2回公演が中止になった。 この日のさよならショーで紅は、持ちキャラである「客席案内係の紅子」として「台風いいかげんしろ! 日本国民に謝れ! 宝塚ファンに謝れ!」と、無念だったファンの思いを言葉にしてみせた。 最後のあいさつ、紅はタカラジェンヌの正装である緑色のはかまで大階段を下りた。 同期で元宙組トップの女優朝夏まなとから花を受け取ると、紅は客席を見渡し「とうとう宝塚を旅立つ日がやってきました。 宝塚人生のゴールで見えるものがこんなにもきれいなものだとは想像できませんでした。 過ごしてきた時間はこのためにあったのかと思います」と、17年間を振り返った。 もともと熱心な宝塚ファン。 「1度きりの人生、心が震えるほど愛する場所で過ごすことができた私は幸せ者です」と言い「この場所が起こす奇跡を信じているからこそ、1人では乗り越えられない壁も乗り越えることができました」と、関わってきたすべての人々に感謝を述べた。 最後は目を潤ませ「この美しい宝塚がいつまでもいつまでも永遠でありますように。 本当にありがとうございました」と、万感の思いを込めた。 公演後の会見は笑顔いっぱいだった。 今後について具体的なことは明言しなかったが「明日から新たな自分と向き合っていきたい」。 得意な川柳で気持ちを、と問われ「宝塚 ああ宝塚 宝塚」と宝塚愛を披露した。 【小林千穂】.

次の

紅ゆずる 特技の俳句を披露…東京宝塚劇場でサヨナラ公演千秋楽/芸能/デイリースポーツ online

紅 ゆずる 千秋楽

とても素敵な好きな一枚です。 無事に千秋楽を終えた星組トップスター紅ゆずるさんが 退団してゆきました。 無事に、という言葉が若干当てはまらないけれど、 それでも千秋楽が雨も止み、きちんと迎えられたこと ホッとしております。 私は、紅さんがトップスターになってから、 宝塚への思いを知ってから、とても好印象になっていました ファンになるというより、尊敬していました。 わかりやすい言葉で、宝塚愛を語るトップスター。 あきらめないで努力し続けるトップスター。 周りに気遣えるトップスター。 トップになってから、私にはそんな風に写りました。 私が紅ゆずるさんから教えていただいたこと… 少々お言葉を借りると。 強い気持ち 自分の原点を忘れず、 自分が選んだ道なのだということを忘れない ということです。 あの明るさが好きでした。 スタイリッシュなのに、強烈な個性で輝く姿が好きでした。 ありがとう、紅ゆずるさん。 1,043• 139• 185 アーカイブ• 13 お問い合わせ.

次の

星組『霧深きエルベのほとり』千秋楽の紅ゆずるは凄かった!

紅 ゆずる 千秋楽

はじまったお芝居。 原作・脚本・演出の小柳菜穂子先生の作品です。 今回、何度か観てきましたが 千秋楽を迎え、改めて「食聖」は、紅さん、あーちゃん、そして星を継ぐまこっちゃんたちを輝かせ、また観客の私たちを愛で包み込む、まさに退団公演に相応しい、ファンを幸せにしてくれる作品であるか。 改めて知ることが出来ましたー。 さすが小柳先生。 この作品で紅ちゃんと、 同じく退団する相手娘役の綺咲愛里への愛とエールがつまっていて、そんな想いにまた紅ちゃん、あーちゃん、まこっちゃんたち、星のキラ星たちが全身全霊で 応えていて、ほんとに感動したよ。 ショーでは、黒燕尾の紅ちゃんの超端正さに息することも忘れ、彼女のこれまでの宝塚人生のすべてが凝縮されているようで。 ここが銀橋… とうっとり、感無量の面持ちの紅子。 さすが、自身もタカラヅカの大ファンだった紅ちゃん。 ファン心理をわかってくれてます。 そして、ステージのセンターに座り込んで、愛しそうに 床をなでて、「ホームグラウンド、聖地や」。 と、まるで高校球児のようにつぶやく。 みんな、楽しいんか、悲しいんかどっちかわかれへん と、舞台から紅子言うと、 客席からすかさず、 「泣いて笑って忙しいわ」 との掛け声。 え?これ千秋楽だよね? あかん。 紅ちゃんもファンもおもしろすぎるー。 紅ちゃんは、友近より、100倍お笑いのセンスがあるね。 なのにあくまで上品で。 そこがタカラヅカ。 ご挨拶では、 黒紋付に緑の袴姿。 大階段を凛々しく降りてくる 紅ちゃん。 なんて、素敵だったんだろう。 男役の退団式では、タキシードを選ぶ人も多いそうだけど、 「この紋付袴姿は、 宝塚の現役生徒が唯一着られる正装。 男役以前にいち生徒として、これを着て、大階段を降り、みなさまにご挨拶したかった…」 と、迷わず選んだと言うのも紅ちゃんらしい。 ご挨拶の言葉は涙に濡れていた。 あとの会見で、 「当初は「笑って終えるつもりだったんです。 綺咲があいさつで泣いたんで『やめてくれ~』と思ったんですけど、泣くことが何が悪いんだ」と、あとは 涙、涙、涙だった彼女。 「床にしみこませてやる、と。 大劇場には、私の涙がしみこんでいます」 宝塚に入って、 17年7カ月。 彼女の居場所は長いこと舞台の隅。 48人中、47番。 はじめからトップスターのレールが敷かれている生徒が多い中、 紅ゆずるに、そのレールは敷かれてなかった。 でも、自分で道を開き、あきらめず、腐らず、てっぺんに登りつめた人。 誰もが人情の人、と彼女の温かさ、思いやり、優しさについて語る。 ご挨拶の場面で、相手役があーちゃんでほんっとーに良かった。 と、言って、あーちゃんが号泣。 その頭を撫でて、優しく見つめる紅ちゃんの表情に、 この人の人間としての崇高さが溢れている。 男役は退団すると、 ファンが減る…と言われているタカラヅカだけど、紅ちゃんのことは、みんなきっとずっと、応援すると思う。 そんな人。 そういえば、 「もう泣いて顔ぐちゃくちゃだと思います…」 と、紅ちゃんが舞台から言うと、 客席から 「そんなことないで!」 と、掛け声。 それを受けて、 紅ちゃん、 「そんな遠いから見えへんねん」 するとまた客席から 「綺麗やで」 「ありがとう…」と紅ちゃん。 もー、 なんなん?このやりとり。 このあったかな空気。 人情喜劇だわ。 ほんとに。 そうなんです。 私、紅ちゃんを観ていて思っていました。 彼女が体現している舞台のベースには 大衆演劇のエレメンツが溢れていると。 誰もが親しめて、 楽しみ、泣いて、笑って、感動する、大衆演劇、ボードビリアン。 それこそがショービジネスの原点ですもん。 「あきらめなければ夢は叶う、 と教えてくれたのが宝塚でした…」 と、語った紅ちゃん。 これまでの道は、でこぼこどころか、きっと想像も絶する苦労、努力、涙と汗の日々だったはずだ。 だからこそ、 何千人、何万人があなたに憧れてきた。 夢の中のスターより、美しい人。 いま、あなたに見えているのは、 間違いなく世界一素晴らしい景色ですよね。 タカラヅカ、トップスターの退団とは、 なんて素敵で、 なんてせつなくて、 まさに世界で唯一無二の儀式。 紅ちゃん。 そんな場面であなたと同じ場に居られたこと、一生忘れません。

次の