アコギ 弦 高 調整。 アコギの弦高を下げたいけどこれ以上サドルを削れないタイトルの通りです。

アコギの弦高を下げて弾きやすくしよう!自分でできるネック調整方法

アコギ 弦 高 調整

アコギの 調整・修理について さて、主要項目の最後に、 デリケートなアコギを酷使して弾きにくくなってきてしまった場合の 調整の仕方などを紹介しておきます! いくら練習して上達しても、愛用しているギターが弾きにくくては もったいないので、あなたが一番弾きやすい状態に調節しましょう! と言っても楽器屋に持って行ったらお金がかかりますし、 アコギはとてもデリケートなので、よっぽど馴染みの所でないと あまり細かい所まではやってくれません。 そこで、細かい調整は自分でやりましょう! もし楽器屋で「これ以上は無理」と言われた場合でも、 必ず、もう少し突き詰めることができます! でも、 あくまでも僕のやり方なので、不安な時は真似しないでください。 まず、そのギターが弾きやすいか弾きにくいかを決定付ける要因は 5つあります。 それは、 ネックの長さ、太さ、分厚さ、弦のテンション(張りの強さ)、 弦高(指板と弦との離れ具合)です。 でも、ネックの長さを変える事はできませんし、 太さ、分厚さを変えるには、 かなり大掛かりな修理に出さなくてはいけないので、 お金も日数もかかります。 そして、弦のテンションは、太さの違う弦を張る事ですぐに対応できます。 ということで、一番手っ取り早くて効果がある 弦高の調節 について紹介しましょう! <チェック1> まず始めに定規を用意して、あなたのギターの弦高を測ってみてください。 測り方は、下の写真のように 12フレットの上に定規を置いて、真横から見ます。 そして、 フレットの 上 から、6弦の 下 の部分までが何ミリあるかを測ってください。 例えば これが 3ミリ以上 ある場合は、弦高がやや高めなので 弦高を下げることで、かなり弾きやすくなります! 逆に 2.5ミリ以下 だと低すぎます。 さらに、反対側から1弦の弦高も測って、 これが 2.5ミリ以上 ある場合も下げる余地があります。 また、 2ミリ以下 だと低すぎます。 ちなみに、僕はアコギをエレキのように弾く曲が多いので低めにセッティングしていますが、 弦高が高いほど箱が良く鳴って良い音が出ますので、わざと高めにセッティングしている 人も多いです。 <チェック2> さて次に、下の写真のように 3フレットを押さえて、 1フレット と6弦の間に 隙間 があるか を確かめましょう。 そして5弦以降はピッタリくっついていても、開放で弾いたときに ビリビリいわなければ問題ありません。 <チェック3> さてもう一つ、今度はネックの反りを見てみましょう。 そこで!一番よくある状態は、 チェック1で弦高が少し高めで、 チェック3で、準反りぎみの場合です。 ちなみに、ネックがまっすぐなのが一番良いですが、 僕の経験上、微妙に逆反り気味でも問題ありません。 そして、削る時は6弦の方ばかりが低くなったりしないように マジックで書いた線の なくなり具合 を確かめながら 均等に力を入れて 削ってください。 最初は、少し削る度に弦を張りなおしてビリビリした感じがないか チェックしながらやった方がいいと思います。 めんどくさいですが、少しづつチェックしながらやった方が確実です。 以上の方法で、全ての調整が終わって弦高がちょうどいい感じになれば かなり弾きやすいはずです! そこでもし一部分だけがビリビリいったり、不快な音がする場合は フレットが磨り減り過ぎていたり、 ネックがうねっている可能性がありますので、 ネックを少し準反りぎみにして弦高をもう少し上げるか、 それでもだめなら修理に出すしかありません。 plala. jp さて それでは、あなたのギターが自分用に調整された事で ますます愛着が湧いてくるはずですので、 大切にしながらも、 2年に一回ぐらいはフレットの調整・打ち換えをしなくてはいけないぐらい ガンガン弾いてあげましょう! そうして、そのギターがぼろぼろになる頃には 掛け替えのない相棒になっていることでしょう! ということで主要項目はこれで最後ですが、 次からは雑学項目として、音楽に関係のある物からない物まで、 オリジナルに関係した様々なお役立ち情報を紹介していきますので 興味のある項目は是非チェックしてみてください!.

次の

アコギの弦高を下げて弾きやすくしよう!自分でできるネック調整方法

アコギ 弦 高 調整

アコギ 弦高 調整 方法 今回はこちらのフェンダーのアコギの弦高調整をしていきます このフォルムがかっこよくて気に入ってる。 あまり使っていないのでヘッド部分には埃がかぶってしまっています。 ちなみに写真右側に見えるのは簡易MTRです。 ここの白い板のような部分の高さを低くします 弦の高さを調整するのはこの白い板のようなところです。 ここを低くすると弦とフレットの隙間がせまくなり弾きやすくなります。 アコギを購入した時 新品はもちろん中古でも は、まず最初にここの弦高を調整してやらないと弾きづらいです。 初心者の人は弦高調整のことを知らないので、ずっと弾きにくいギターのまま練習するといった状況に陥ることになります。 ちなみにエレキギターは調整が楽なのですがアコギってめっちゃめんどいのです。 アコギの弦高調整をするにあたって必要なもの 紙やすり 100均 とペンチだけで大丈夫です。 紙やすりだけはなかったので、100均で買ってきましたが10枚も入って100円….。 良い時代になったもんやで。 入っている紙やすりの種類です。 荒目が入っていれば大丈夫です。 細めでもちょっと時間はかかりますが全然できます。 写真のように定規をあてて現在の高さを見てみます。 現在は4mmになってます。 通常は2,4mm〜3mmぐらいにするものなのでだいぶ高いです。 ってか買った当初のままなので高めです。 僕は弦高が低いのが大好きなので今回は2. 4mmぐらいにまで落とそうと思います。 まずは弦をゆるゆるにします まずはペグを回して弦をゆるゆるにします。 ここら辺は適当にダルンダルンにしてください。 弦をゆるめたら弦を固定しているピンを抜きます 白いピンを抜いちゃいます。 素手でも力を入れると抜くことができますが、僕の場合はペンチを使います。 だって痛いじゃん。 弦高って、本当は弦を交換する時にやるものなのですが僕は交換なしでやります。 なので弦が切れないように注意しましょう。 弦高調整が終わったらこのままこの弦を使います。 全部取ったら白い板みたいなやつもとりましょう 弦を全部取って白い板までとっちゃいます。 この板みたいなものもペンチでくいっと力を加えると抜けます。 こんな感じのものです。 これを削って高さを調整していきます。 ボールペンを使って削る位置を決める ボールペンと定規を使って削る位置を決めます。 僕は1mm削ることにしましたが、プロの人とかはここを細かく調整してきます。 でも僕はプロじゃないのでとりあえず低くできればそれでいいので雑にやってます。 定規で何点かに印をつけたら一直線に線を引いてあげましょう。 こんな感じに線を引いてあげます。 この線の位置になるように紙やすりで削っていきます。 教本とかには細かく調整しながら….. 云々とか書いてありますが、だいたいでいいと僕は思ってます。 音にこだわるならちゃんと測ってやってください。 削り終えた時にこのように立つように平行に削ること 注意点は「平行に削る」ってことだけです。 削り終えた時にもこのように自然に立つ状態であれば大丈夫です。 最初がガンガン削って最後の方で微調整をしてあげればOKです。 紙やすりはP80 荒目 を使います 正直どの紙やすりを使ったらいいのかわからないのですが、削る量は多めなので荒目でいいでしょう。 細目の紙やすりでもいけると思います。 あとはガンガン削るだけ あとはひたすら削っていきます。 今回は記事にするために自分でやりましたが、これは自分でやるもんじゃないね。 めんどくさい 笑 指がめっちゃ疲れるし、平行に削れているかどうか確認しながらやらないといけないし…。 お店に頼むのがベストだろう。 できた!もうやりたくない!からここまでにする っということで削ることができました。 本当は書いた線がなくなるぐらいまで削らないといけないのですが、もう疲れたのでこれぐらいにしておきます。 あとは元あった場所に戻して、再度チューニングをしてあげるだけでOKです。 12フレットの弦高を測定してみましょう これが弦高調整後の高さです。 低くなっているのがなんとなくわかると思います。 調整前と調整後の写真を見比べてみよう こんな感じで低くなりました。 バッチリ理想どおりの2. 4mmぐらいになりました。 試しに弾いてみると弾きやすい 試し弾きもしてみます。 うーん、素晴らしく弾きやすい。 初心者はアコギ買ったら、そうそうにお店で弦高調整してもらおう 今回は記事を書くために自分でアコギの弦高調整をおこないましたが、1時間ぐらいかかるし自分でやるのはやはりおすすめしません。 初心者ならなおさらです! ですが、 アコギを買ったら一番最初にやらないといけない調整なので 新品のアコギは弦高が高く設定されているため 、練習を始める前にお店に持って行って「弦高調整お願いします!低めでお願いします!」っと依頼してきた方がいいです。 もしわからないところがあったらコメントに書いておいてもらえれば返信します。 ぜひ参考にしてみてくださいね! 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

アコギの弦高を下げて弾きやすくしよう!自分でできるネック調整方法

アコギ 弦 高 調整

弦高が高い原因 ネックの順反り ネックが大きく順反りになっている場合は、弦高が高くなります。 反りのチェック方法は、ナット付近とボディー付近のフレットを指で軽く押さえて、その中間あたりのフレットと弦の隙間を見ます。 わずかに隙間があるのが理想です。 この隙間が大きいと、大きく順反りしていると判断できます。 逆に隙間が全く無い場合は、逆反りと判断できます。 トップの膨らみ 中古のアコギは、年数に応じて弦のテンションによって多かれ少なかれトップが膨らんできます。 チェック方法は、横から膨らみを目視確認するか、トップに定規をあてて、平らであるか確認します。 初めから弦高高めで作られている 上の2つのどちらにも当てはまらない場合は、初めから弦高が高く作られている可能があります。 アコギは、一般的にエレキよりも弦高が高いです。 好みに応じて弦高を下げることは可能です。 弦高調整方法 ネック反りの場合 トラスロッドを回して、反りを補正します。 トラスロッドを回しても補正が効くのに時間がかかるため、一気に直そうとせず数日間かけて補正するのが望ましいです。 トップの膨らみ及び初めから弦高高めの場合 トップの膨らみ修正は容易ではないですので、サドルを加工(削る)して高さを調整します。 サドルの加工 付いているサドルを削る 一番手っ取り早い方法です。 ただし、削ってしまったら元に戻せないデメリットがあります。 新たなサドルに交換する 元のサドルは、そのままとっておいて、新たなサドルを購入したほうが手間はかかりますが安全です。 弦高を高くしたい場合も、こちらの方法になります。 材質は、牛骨よりもプラスチック製の方が、加工しやすい(柔らかい)です。 サドルの削り方 削る量(加工後の高さ)を決める 理論的(ネックが真っすぐな場合)には、12フレット位置での下げたい弦高量の2倍の量を削ることになりますが、 理論通りにはいきませんので、削りすぎないように控えめにします。 サドルを削る 荒めのサンドペーパーで削ります。 途中で高さを計りながら、目標高さまで削っていきます。 新たにサドルを購入する場合のサイズの選び方 元サドルの「長さ」「幅」「高さ」を測定します。

次の