外出 自粛 英語。 コロナで外出自粛の間にオンライン英会話で英語の勉強しようぜ!【緊急事態宣言】|スマホで英語勉強ブログ

「外出自粛」は英語で何という?「自粛」関連の英会話例文12選

外出 自粛 英語

ストレスが「たまる 溜まる 」は、あいまい表現を好む日本語にしては、非常に合理的で、物理的な言い方です。 ということは、英語にしやすい日本語と、思いがちです。 「溜まる」とは「少しずつ積もり集まって多くなる」(goo辞書)」ことで、手元の和英辞書(ウィズダム和英辞典)を引いてみますと、「少しずつ溜まる」はcollect、「自然に溜まる」はgather、「長期にわたって溜まる」はaccumulateとあり、collect stress, gather stress, accumulate stressといずれの動詞もstressと組み合わせて使われている用例はあります。 しかし、新型コロナウイルスにより、世界中の人々が、ストレスがたまっている状況のなか、 「ストレスが溜まる」という意味でツイター上でひんぱんに見かけるのは、 Stress is building. Stress is building up. 日本語発想からは思い浮かばないbuildやbuild upが好まれて使われています。 Build、build upには人の緊張感などの気分 feeling が「次第に高まる」 ウィズダム英和辞典 という意味があるのです。 ツイッターの用例を二つ、紹介します。 The stress is building and families are struggling. The stress is building. Isolation, even if you are with someone you love is becoming stressful now. 隔離、愛する人と一緒にいることでさえも、今はストレスがたまるようになってきた。 日本語発想とはまったく違った言葉を使っても「ストレスがたまる」は表現されています。 Stressful がその言葉です。 「ストレスの多い」(ランダムハウス英語辞典)「(人に)ストレスを与える」 ウィズダム英和辞典 と訳されている語ですが、「ストレスがたまる」と訳せる文脈でも使われています。 例を挙げます。 The pandemic and staying home is stressful. Social Distancing while staying home is STRESSFUL. It' s stressful to stay home with him. 最後の例はコロナ危機状況で発信されたものではありませんが、夫が在宅勤務となり、こんな気持ちになっている女性もいるかもしれません。 このstressfulを使うと、 「外出自粛でストレスがたまる」は、 Staying home is stressful. と、相手に言いたいことを簡略に伝えることができます。 「家にいると子どものストレスがたまる」なら Staying home is stressful for kids. で、for kid, for childrenを加えるだけで同じように言うことができます。 その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典 本体 (www. waeijisho. net)をご覧ください。

次の

【外出自粛どう過ごす】自由の国フランスの外出禁止令下の生活術とは|楽しい英語生活

外出 自粛 英語

しかしこの「巣ごもり」には、「外出自粛の状況をどう快適に自宅で過ごすか?」と言ったポジティブな意味合いも、含まれている気がします。 言葉は、前後の文脈や状況で意味合いやニュアンスが変わってきます。 Homeは「お家」的なニュアンスも含まれますし、自分のすみか、安全で守られらる場所と言った感じもありますから。 でも、より「巣ごもり」のニュアンスを出したいのなら、前後の文脈や状況により左右はされますが、一例として、以下の様な言葉が上げられると思います。 Entering a second hibernation XYZ 状況や状態を強く印象付ける以下の様な言葉を用いるのも良いかも知れません。 Sitting tight:直訳すると座ってじっとして動かないこと。 意味は自粛と同じで、行動などを控えること、つつしむこと• Lying low:直訳すると大きな行動には出ない事。 意味は自粛。 なるべく何もしないようにすること。 少しだけsitting tightを和らげた印象もあります。 Hole up in a cabin in winter :直訳するどこか穴みたいな所に入って待つこと。 意味はどこかにこもり、人との接触を大方、あるいは全て(一定期間)断つこと。 因みに「巣ごもり」を表す言葉には「Nesting」もありますが、金融業界では「貯金や投資などを育てる」と言う意味でよく使われたり、IT業界ではプログラムの構造が再帰的に繰り返されて記述される事を「Nesting」と言ったりするで、使用する状況や相手によっては誤解を招く事も多く、避けた方が良いかと思います。 あなたならこの「巣ごもり」を、どの様に別言語に訳しますか? Quarantine 「巣ごもり」以外にも、新型コロナウイルスに関連する様々な表現は、英語でもあります。 例えば新型コロナウイルス感染拡大防止の為の隔離(外出自粛も含む自己隔離も含め)に関しては、「Social Distancing」と共に「Quarantine」も、ソーシャルメディアでは良く使われています。 また緊急事態宣言は「State of emergency」または「National emergency」と訳しますが、日本の「緊急事態宣言」は、他英語圏諸国とは少し内容が異なりますから、状況によっては注釈が必要かも知れません。 日本語でも、英語でも、他言語でも、この新型コロナウイルス感染拡大に伴い、今までは余り日常会話では使われなかった様々な言葉が、メディアや会話でも使われる様になりました。 どの様に別言語に訳すか?どう訳したら言葉に込められたニュアンスや意味合いを、伝える事が出来るか?メディア等をチェックしながら、考えてみるのも良い勉強になるかも知れません。 外出自粛期間の過ごし方 既にソーシャルメディア等では、この新型コロナウイルス感染拡大防止の為の外出自粛期間を快適、または有意義に過ごすための様々なアイディア動画や情報が掲載されています。 例えば、多くのダンサーは自宅での様子やレッスンを動画で公開。 ファン等と共有しています。

次の

自粛するって英語でなんて言うの?

外出 自粛 英語

外出自粛でずっと巣ごもりしていました。 ま、いろんな言い方があります。 今アメリカの若者達が使いそうな sentence を教えてあげます。 Self-quarantine time? Hibernation time. 自己検疫タイム?冬眠タイム。 I've been hold up in my room during the self-quarantine. 自己検疫のせいで、部屋に引きこもっている。 All I've been doing is sleeping because I can't go outside. 外に出られないから、ずっと寝ている。 Staying in because social distancing. 引きこもる理由は社会距離戦略。 とか使えます。 それか簡単な I've been staying inside because of the coronavirus. コロナのせいで、ずっと家から出ていない。 例文一: I became a bit of a shut-in while staying home. 外出自粛でずっと巣ごもりしていました。 例文二: I went into hermit mode during my self-isolation. 外出自粛でずっと巣ごもりしていました。 例文三: I was basically hibernating during my self-quarantine. 外出自粛でずっと巣ごもりしていました。 ・"shut-in"は「引きこもりをしている人」を意味します。 ・"hermit"は「隠者」を意味しますが、「巣ごもり・引きこもりをしている人」の場合にちょっと大げさですがよく使われています。 "recluse"はほぼ同じ意味です。 ・"basically hibernating"は「冬眠してるようだ」を意味します。 実際の冬眠ではないけど、ずっと家にいてあんまり活動していない印象です。 ・"staying home"・"self-isolation"・"self-quarantine"は全部「外出自粛」を意味します。 "staying home"はカジュアルで、"self-isolation"・"self-quarantine"は硬くて科学的な表現です。

次の