インスタ 写真 シェア。 【Instagram(インスタグラム)】投稿をストーリーにシェア(リポスト・リグラム)する方法を解説♪

Instagramの写真をFacebookページにシェアする3つの方法

インスタ 写真 シェア

このページの目次 CLOSE• 1.インスタグラムで自分の写真や動画をシェアする方法 インスタグラムでは、他のSNSのように「シェア」ボタンが 用意されている訳ではありません。 そのため違うSNSへ拡散できないのかと不安に感じますが、実は別の方法を使うことによりインスタグラムでシェアは可能です。 自分の写真や動画をシェアしたい場合、まずは投稿画面に移動して、画面右上にある「…」をタップしてください。 するとポップアップメニューが出てくるので、「 シェア」という項目を選択します。 「写真をシェア」という画面が出てきて、様々なSNSやブログなどが一覧で表示されているのにお気付きでしょう。 ここからシェアしたいツールを選んで、画面右上にある「 シェアする」をタップしてください。 自分で投稿した写真や動画は、投稿する段階で既にシェアを決めることができますし、後から変更を加えることも可能です。 2.インスタグラムで他人の写真や動画をシェアする手順 インスタグラムでは自分の写真や動画の投稿だけじゃなく、他人の投稿に関しても自分のSNSでシェアが可能です。 様々な場所で人目に付くことができれば、投稿の認知度が上がりフォロー数も激増するかもしれないので、多くのユーザーは自身の投稿を他の人がシェアしてくれるのは嬉しいもの。 他人の投稿をシェアするには、シェアしたい投稿画面まで進み画面右上にある「 …」をタップしてください。 するとポップアップメニューが表示され、いくつかのSNSでシェアできることが分かります。 たとえばここで「 ツイートする」を選択した場合、Twitterの投稿画面がその場に表示されて文章入力が求められます。 文章の入力が完了したら、右上の「 投稿」をタップしましょう。 これで、他人の写真や動画をシェアすることができました。 3.インスタグラムの「シェア設定」機能を有効化するには? 投稿をする際に、毎回「シェア」を決めていくのは確実な方法であるにしても、すぐに投稿したい場合にはうっかり忘れる可能性があります。 しかも面倒に感じて、いつしか他のSNSへのシェアを怠るという人は少なくありません。 そんな時に便利なのが、「 シェア設定」を事前にしておき、他のSNSと連携をしておく方法です。 これをしておけば、毎回の投稿でシェアする先を決める必要はなく、事前に登録したSNSに自動的にシェアされるようになります。 前のバージョンでは「シェア設定」という項目がありましたが、バージョンが変わってからは「リンク済みアカウント」に名称が変更されました。 それでも、内容に変わりはありませんので、以下からシェア設定を有効化する手順について紹介しますね。 まずはインスタグラムを起動して、画面右上にある「歯車」アイコンをタップしてください。 するとオプションメニューが出てくるので、「リンク済みアカウント」という項目を選択します。 画面が「シェア設定」に切り替わるので、シェア設定をしたいSNSを一覧の中から選びましょう。 これで他のSNSへとのアカウントとシェア設定が有効化されたので、インスタグラムで投稿したら自動的に登録したSNSにシェアされます。 解除したい時は、インスタグラムを起動して画面右上にある「歯車」アイコンをタップしてください。 そして「 リンク済みアカウント」を選択。 シェア設定をしているSNSのうち、解除したいアプリを選んでください。 「リンクを解除」をタップ。 これで解除ができました。 4.インスタグラムでフォロワーにDMでシェアをする方法 インスタグラムアプリ内には、他人と気兼ねなくメッセージのやり取りができる「 DM(ダイレクトメッセージ)」の機能が付いています。 インスタグラム内では一般的にダイレクトと呼ばれていますが、こちらは個別の部屋が用意され、そこで会話を楽しめるのです。 ですから投稿のコメント欄のように不特定多数の人が閲覧できるものではないので、プライベートな会話をする場合にはDMを使います。 実はこのDMを使って、フォロワーに写真などをシェアすることができるのをご存知ですか? 以下から、DMで写真などをシェアする方法について紹介しますね。 インスタグラムにてシェアをしたい写真や動画の投稿を見つけたら、その投稿を表示した状態で画面下部にある「紙飛行機」アイコンをタップしてください。 すると送信したい宛先一覧が画面下部に表示されるので、そこから送りたい人を選びましょう。 メッセージなどを書いて、あとは普通に「送信」をタップすればシェアが完了します。 インスタグラム内で見つけた写真や動画を、気軽にシェアできるのは非常に有り難いですね。 5.インスタグラムのシェアを専用アプリで行うには? インスタグラム内の機能を使ってシェアをするのが一般的ですが、実は専用アプリを使うことでツイッターでいうところの「リツイート」のように、引用して投稿が行えます。 この機能はインスタグラムに標準搭載されていないので、他の人の投稿を引用してこちらのアカウントにて投稿したい場合に便利。 専用アプリはストアで「Instagram repost」と検索すると、いくつも出てきますが「 Repost for Instagram」というアプリが代表的。 以下からは、「Repost for Instagram」を使って、投稿を引用する方法について紹介しますね。 アプリをインストールしたら、インスタグラムを開いてください。 リポストをしたい投稿を見つけたら、その画面を表示して右上にある「…」を選択しましょう。 ポップアップメニューが出てくるので、「リンクをコピー」をタップしてください。 続いて、「Repost for Instagram」アプリを開いて、コピーした投稿を選んだら次に進みます。 写真内に表示されているリポストの場所などを設定する画面になるので、お気に入りの場所を指定しましょう。 完了したら画面下部にある、「 Repost」を選択します。 するとメニューが表示されるので、「copy to Instagram」をタップしてください。 自動的にインスタグラムのアプリが表示されるので、あとは通常の投稿手順に進み、投稿をすれば他の人の投稿を自分もシェアする形で投稿が行えます。 注意点として、シェアをする前に事前にオリジナル投稿者へ一声かけてあげると親切です。 特に顔など個人情報が写真や動画に入っているならば、勝手にリポストされたならば不快感を感じる人はいます。 6.インスタグラムでシェアをする際に気を付けるべき点とは? インスタグラムでシェアをする際に気を付けるべき点は、「 〇〇さんがシェアしました」という通知です。 影響力の強い芸能人が、自分の写真をシェアしてくれたとなれば、閲覧者が爆発的に増えると期待してしまいますよね? しかし、通知で表示されている「シェアしました」というのは、自分の写真がシェアされた訳ではなく、その芸能人が写真を投稿したりシェアをしたことを意味しています。 ちょっと勘違いされやすい通知の仕方ですが、これが通知されたとしても自分の写真がシェアされた訳ではないのでその点は気を付けておく必要があるでしょう。 インスタグラムのシェアまとめ ここでは、 インスタグラムでシェアする簡単な方法や設定手順、注意点などについて紹介していきました。 インスタグラムにはシェアができる機能がいくつか用意されており、気軽に写真や動画を他のSNSにて発信することができます。 また専用アプリを使えば、お気に入りの投稿をリポストする形でシェアができるので、積極的に使いたいところです。 今後もインスタグラムは有用な情報発信ツールとして機能されるでしょうから、注目していきたいですね!.

次の

インスタのシェアとは? Instagramシェアボタンはこんなに便利!

インスタ 写真 シェア

Instagramで加工した写真をシェアせずにスマホ内に保存する方法です。 いろんなエフェクトが用意されていたり、自分でイジったりして写真加工が楽しめるInstagram ただ、インスタの加工した写真は基本的にシェアすることが前提となっています。 そんなインスタで加工した写真を シェアせずにスマホ内に保存するという小ワザがあります。 iPhone・Androidどちらも書いています。 [関連記事] ・ ・ ・ Instagramで加工した写真をシェアせずに保存する方法 ポイントは『機内モード(というか圏外)』 先に書きますが、iPhoneでもAndroidでも圏外にするというのがコツです。 iPhoneでのやり方 Instagramを起動します。 下のメニューの真ん中の「写真共有・加工」をタップします。 加工したい写真を選ぶなり、撮影するなりして写真を選択し、好きなように加工して「次へ」をタップしていきます。 タグ付けや位置情報を追加するページが開きます。 ここで下からコントロールセンターを引き出します。 コントロールセンターから機内モードをONにします。 これでiPhoneが圏外になります。 機内モード(圏外)の状態で一番下の「シェア」ボタンをタップします。 スマホ内に保存してシェアしたくない場合は、ここで「削除」をタップしておきます。 これで加工した写真はスマホ内に残り、インスタ上ではシェアされないようになります。 iPhoneの写真アプリのアルバム内のInstagramフォルダに加工した写真が保存されていればOKです。 またインスタの投稿としては削除しているので、機内モードをOFFにした時もシェアされることはなくなります。 Androidでのやり方 Instagramを起動します。 下のメニューの真ん中の「写真共有・加工」をタップします。 加工したい写真を選ぶなり、撮影するなりして写真を選択し、好きなように加工して「次へ」をタップしていきます。 タグ付けや位置情報を追加するページが開きます。 ここで通知バーなどを引っ張り出します。 Xperiaなどであれば電源長押しでもOKです。 機内モードをONにします。 これでスマホが圏外になります。 機内モード(圏外)の状態で右上の「チェック」ボタンをタップします。 もう一度実行してください。 」というエラーが出ます。 一番右のメニューボタンをタップします。 メニューボタンをタップしたタイミングでスマホに加工した写真が保存される このメニューボタンをタップしたタイミングで加工した写真が保存されます。 スマホ内に保存してシェアしたくない場合は、ここで「投稿を破棄」をタップします。 これで加工した写真はスマホ内に残り、インスタ上ではシェアされないようになります。 スマホ内のInstagramフォルダに加工した写真が保存されていればOKです。 またインスタの投稿としては削除しているので、機内モードをOFFにした時もシェアされることはなくなります。 [関連記事] ・ ・ ・• カテゴリ• usedoorについて• usedoorをフォロー.

次の

インスタのシェアの方法まとめ!アプリ内・外で拡散するやり方は?

インスタ 写真 シェア

インスタグラムには他のSNSに投稿写真をシェアする為の機能がついています。 シェアのやり方はいくつかあって、自分で投稿した写真をSNSにシェアする時や他人が投稿した写真をSNSにシェアする時でやり方が違います。 また、他のSNSではなくインスタ内で投稿をシェアをする為のリポストというのも有名ですよね。 多くの方がインスタ映えの写真や友達の写真などをリポストしてシェアしたりしています。 このようにインスタでは様々なシェアが使われていて、シェアをしたい時にやり方がわからなくて少し迷ったりする方もいるようです。 そこでこのページではインスタで写真をシェアする方法やシェアの設定方法などをまとめました。 インスタのシェアに関する仕組みや使い方はもちろん、他のアプリを使ったリポスト方法や、アプリを使わずにインスタの投稿写真をリポストする方法など、シェア関連の情報を細かくまとめています。 インスタのシェアについてわからない事があればここで詳しく解説しているので参考にしてみてください。 ・インスタの写真を他のSNSでシェアするリンク ・インスタの写真をストーリーでシェアするリンク ・インスタの写真を指定したフォロワーに直接シェアするリンク インスタのシェアでは上記の3種類が用意されています。 これらを見るとわかりますが、インスタでは他人が投稿した写真を自分の投稿としてシェアするリンクが存在しません。 ツイッターのリツイートやfacebookのシェアのようなボタンがインスタには用意されていないのです。 しかし、ちゃんとリポストするやり方はあるので大丈夫です。 非公開アカウントの写真は… ・DMで友達に送信しても閲覧できない ・ストーリーでシェアできない ・リポストアプリやリポストツールでリポストできない このような仕組みになっているので、非公開アカウントの写真はシェアできない原因となります。 また、非公開アカウントの写真じゃない時には別の原因も考えられます。 インスタグラムアプリやシェア先のアプリに不具合や障害が発生しているかもしれません。 過去にもこんな事がありました。 関連リンク• 特にアプリが最新バージョンにアップデートされるタイミングにこういった現象が発生しやすいようです。 もしシェアできない状態になった時にはとりあえずアプリのアップデートを確認してとましょう。 そこで、シェアした時の通知について調べてみました。 現状、通知設定の項目には写真や動画の『シェア』時に送られる設定はありません。 私が確認したところ、少なくともツイッターでシェアした時に相手にプッシュ通知が送られる事はありませんでした。 シェアされるたびに通知が送られてきたらスマホが大変ですからね。 もし送られてくる仕組みなら設定画面でオンオフ設定ができるはずです。 その設定がないうちは通知される事はないと思っておいても良さそうですね。

次の