ブクログ 読書メーター 比較。 読書管理サイト4つを使い比べてみた【ブクログ、読書メーター、読書ログ、本が好き】

「読んだら記録」のすすめ。読書管理のための2大Webサービス比較

ブクログ 読書メーター 比較

国内の2大読書管理サービスの比較。 どちらに登録したらいいか迷っている人向け。 読書メーター こちらは個人のかたが立ち上げて大人気になったのち、 企業に売却されて年々進化している読書管理サービス。 [HP掲載のサイト概要] 読書メーターは、読んだページ数や冊数などの読書量をグラフにして読書記録をしたり、 日本中の読書家さんたちとコミュニケーションができるサービスです。 ブクログ booklog 2004年にスタートした読書管理サービスの先駆け。 こちらは株式会社ブクログが運営。 そして、ブックオフグループ。 有名人の中にもこちらのサービスの利用者は多い。 そして、「公式本棚」のコンテンツでは、多くの有名人が自身のWEB本棚を公開している。 [HP掲載のサイト概要] 2004年にスタートしたNo. 1ブックレビューサービス「ブクログ」は、 100万人の読者の情報をもとにした最適な本との出会いと、 読書管理の機能により本を通じた自己成長のきっかけをサポートしています。 読書メーター、ブクログの規模・アクセス数などの比較 Alexaという世界中のサイトの規模を調査しているサービスなどの公開データ参考。 ただし、もともとはブクログのほう人気が高かったと思われるものの 現在は、各数値を見る限り、推定値ながら読書メーターのほうが人気が高いようです。 [公式ツイッターフォロワー数]• 1万人 フォロー数2• 9万人 ただし、全員にフォロー数3. 8万人 ・・・・全員にフォロワー返しをしているため、実質的な数値は相当低い ツイッターフォロワー数から考えても読書メーターのほうが人気が上。 ただし、両方ともバックに大企業がついているため、今後はどう動いていくかわかりません。 数値からすると、現時点では読書メーターに登録するほうがおすすめ。 無料で31日読み放題可能。 31日以内に解約すれば完全無料 楽天ID持っていればすぐ登録でき、 必要なければ無料期間終了前に ボタン一つで解約できます。 それぞれの成功者の良い考え方を学べる著書も紹介しています。 隔月,季刊込。

次の

読書管理サービスを読書メーターからブクログに移行した

ブクログ 読書メーター 比較

そこでおすすめしたいのが、アプリをつかって効率良く読書ノートをつけることです。 今回は、数ある読書アプリの特徴をご紹介しますので、「いいな」と思ったものを使ってみてください!きっとあなたの読書ノートとして役立ってくれますよ。 ウェブ上に自分だけの本棚を持つことができ、さらに、気になるユーザーの本棚をフォローすることもできます。 ランキングやレビューコンテストなど、読書への関心を高める企画も充実しているので、読書のモチベーションも高まりますよ。 本の基本情報のほか、「読みたい」・「いま読んでいる」・「読み終わった」などのステータスや、評価、感想、レビューなども記録できます。 ~こんな人におすすめ!~ 読書に関するイベントや新刊情報なども楽しみつつ、自分の読書記録の管理をしたいという人におすすめです。 スマホ、パソコンの両方で使えるので、しっかりと感想やレビューを書いておきたいという人にも向いています。 タイトルや著者などの情報のほか、感想もしっかり記録することができます。 定期的に行われる献本イベントなどは、読書へのモチベーションをアップさせてくれますよ。 また、コミュニティが充実しており、ユーザー同士の交流が盛んに行われているのも特徴です。 書籍を自由に登録できるので、絶版本や自費出版本なども区別せずに管理することもできます! ~こんな人におすすめ!~ 読書量についてしっかりと把握しておきたい、絶版本などのマイナーな本を読む機会が多いという人におすすめです。 また、好きな本について誰かと語り合いたいという人にも人気があります。 読書量のグラフ化も行えるので、自分の読書傾向も簡単に把握することができます。 本の登録方法も簡単で、裏表紙のバーコードから本の情報を取得したあと、「読んだ本」「読みたい本」をタッチするだけです。 「ブクログ」「読書メーター」などと連携することもできるので、サブアプリとして使用するのも便利ですよ。 ~こんな人におすすめ!~ とにかく効率良く読書記録を管理したいという人におすすめです。 他のアプリとの連携も充実しているので、本の登録に関する部分だけ「読書管理ビブリア」で行うという使い方もできます。 写真とともに感想をメモするだけでも立派な読書ノートが完成します! ちゃんとした読書ノートをつけるのは少しハードルが高いと感じている人にも、とっつきやすいのではないでしょうか? 「いいね!」を押してもらうことで読書へのモチベーションがあがるという効果も期待できます。 写真と文章で読書記録をつけることができるので、基本情報の取得や引用も簡単に行えます。 タグやフォルダを自分の使いやすいように整理しておけば、読書記録の管理も難しくはないでしょう。 読書ノートを作り始める前にある程度のフォーマットを決めておくのがおすすめです。 まとめ 忙しいなかでも簡単に読書ノートをつけることができるアプリをご紹介しました。 それぞれのアプリに個性があるので、いろいろ試して自分にあったものを探してみてください。 ストレスなく読書記録を管理できることは、読書生活をより楽しいものにしてくれるはずです。 【おすすめの記事】 やっぱり私はアナログ派!という方はこちらの記事がおすすめです。 でも「読書ノートといっても、どうやって書いたらいいの?」「何を書いたらいいの?」というお悩みを解決します。

次の

メディアマーカーの移行先はこれ! 本を一括登録できる読書管理ツール4選

ブクログ 読書メーター 比較

読書仲間を見つけたい。 ・似た趣味の人がどんな本を読んでいるのかが知りたい。 ・蔵書の管理をしたい。 ・読書のモチベーションをアップしたい。 ・読んだ本の記録をつけたい。 ・自分の好きな本をおすすめしたい。 ・読んだ本のレビューを書きたい。 ・他の人のレビューを読んでみたい。 読書メーター 「読んだ本」「読んでいる本」「積読本」「読みたい本」とわけた表示です。 本を登録する際に、選ぶことができます。 全ての本を総括した「本棚」は手動でつくるしかなく、そこは不便な点です。 ビブリア 一覧で一番多くの書籍を表示されるのが、ビブリアでした。 ただし、読書状態(読み終わったのか、読み途中なのか)は、この一覧表からは判断できません。 リスト表示も可能です。

次の