ユーロ ストック ス。 UBS ETF ユーロ圏大型株50(ユーロ・ストックス50) (1385) : 株価/予想・目標株価 [UEESUETFJDR]

ユーロ圏にまとめて投資する国内ETF1385

ユーロ ストック ス

ユーロ圏にまとめて投資できるETF どうも、ぱぺまぺです。 今回はちょっと欧州向けの投資を考えてみました。 だいたい先進国投資というと、米国比率多めで、日本を含め、欧州も先進国に全部いっしょになっています。 それプラス新興国。 これで国際分散型ポートフォリオができます。 例えば、こういう感じになったとして、 先進国の欧州に関する部分だけもっと比率を上げたいという話です。 それならば欧州特化の投信や株、ETFを買うのが一番です。 UBS ETF ユーロ圏大型株50(1385)の特徴 ファンド名 UBS ユーロ圏株50(1385) 運用会社 UBSファンド・マネジメント(ルクセンブルク)エス・エイ ベンチマーク ユーロ・ストックス50インデックス 信託報酬 0. 純資産総額は655億円です。 配当利回りだけみれば、めちゃくちゃ高いです。 一株あたりの配当額は、110円です。 コストも比較的安いです。 しかし出来高が少ないのがデメリットですね。 それでも、ユーロ圏に投資できる他のETFに比べれば多い方です。 1385自体が登場したばかりなので、チャートの歴史は浅いです。 1385のベンチマーク ユーロ・ストックス50インデックス 金融、資本財セクターがトップを占めています。 国別でみれば、フランスとドイツが大部分構成されています。 UBS ETF ユーロ圏大型株50(1385)の構成国 オーストリア、ベルギー、フィンランど、フランス、ドイツ、 ギリシャ、アイルランド、イタリア、ルクセンブルク、オランダ、ポルトガル、スペイン 以上、12カ国です。 参照: これはわかりやすかったので、のせてみました。 こちらの図は2017年のものでギリシャは入っていませんが、現在はギリシャも含まれています。 イギリスと、そして中立国であるスイスは入っていません。 UBS ETF ユーロ圏大型株50(1385)の上位銘柄• トタル・・・国際石油資本の一つ。 SAP・・・ヨーロッパ最大級のソフトウェア企業。 シーメンス・・・情報通信、電力、医療、防衛など他業種多国籍企業• サノフィ・・・医薬品販売で世界有数。 Linde PLC・・・持株会社• アリアンツ・・・世界有数の金融グループ• ユニリーバ・・・世界有数の消費財メーカー• サンタンデール銀行・・・スペイン最大の商業銀行グループ• LVMHモエヘネシー・ルイヴィトン・・・フランス、パリのコングロマリット。 バイエル・・・世界的な医薬品メーカー、化学工業及び製薬会社。 UBS ETF ユーロ圏大型株50(1385)は低価格で買える 1385は、一口4000円前後で買えます。 一万円あれば2口でおつりが帰ってきますよ。 4000円前後で上で挙げたような銘柄にまとめて投資できる、と考えれば安いかもしれません。 しかし、このETFはあんまり人気がありません。 なので、投資するかしないかの判断はお任せします。 基本的に、欧州はオマケみたいな扱いになってます。 先進国系の投信においては、欧州は先進国とひとまとめにされるし(しかも米国の比率が多い)。 欧州だけ、みたいな低コストな商品が国内であまりみかけないような感じです。 欲をいえば、• 低コスト• 流動性多い• お手軽に買える価格 みたいな欧州系ETFが国内もので買えればいいんですが。 例えばバンガードのVGKというETFは欧州に投資できるETFですが、あくまでも海外ETFです。 投信でなるべく低コストなものをというと、欧州の配当貴族銘柄に投資できる商品もあります。

次の

ユーロ圏にまとめて投資する国内ETF1385

ユーロ ストック ス

各国の銘柄から算出の指数 普通、株式指数は一国の市場から銘柄が選ばれ、それらから算出される。 例えば日本の代表的な指数である日経225平均は、東証の225銘柄が構成銘柄になっている。 またTOPIXは、東証1部の全銘柄(2015年8月現在約1,900)から算出される。 それに対して欧州は多少事情が違う。 というのも、欧州はEUという共同体で国境を超えて人、モノ、金の移動が自由にできる状態になっており、ユーロという共通通貨も導入されている。 欧州にも株式市場は各国にあり、ドイツのDAX指数やイギリスのFTSE100など、それぞれ株式指数がある。 しかし欧州全体、というよりユーロ圏全体の株式市場の動きを表す指数が、ユーロ・ストックス50指数(以下、「ES50」)だ。 これはアルファベットでは、EURO STOXX 50と書く。 STOXXとは、欧州にある株式指数を運用している企業の名で、この指数以外にも株式指数を運用している。 ES50はその名前の通り、50銘柄から算出される。 そして50銘柄は、一国だけではなくユーロ圏のいろいろな国の株式から選ばれているのが特徴になる。 ただし経済力や株式市場の規模から、ドイツ、フランス、スペイン、イタリアの4ヶ国の株が常時40銘柄以上を占めているのが現状だ。 株式指数の数少ない構成銘柄に選ばれるのは、当然ながら優良企業ばかりとなる。 ES50の構成銘柄で日本でもよく知られている企業には、例えばフランスのルイ・ヴィトン(バッグ等)、ドイツのフォルクスワーゲン(自動車)、フランスのロレアル(化粧品等)などがある。 算出方法として50銘柄の時価総額が使われるので、TOPIXに近い指数と言える。 そして1991年12月31日の算出値を1000として、それを基準に前後の全ての値が表される。 ただ実際に運用が開始されたのは1998年なので、98年以前はさかのぼって算出されたことになる。 1991年以降のES50の推移を見ると、史上最高値は2000年春のITバブル時につけた5,464になる。 逆に言うと2000年以降現在まで15年間最高値更新がないので、欧州株はやや低迷していると見ることもできる。 2000年以降は、2007年の株高時が4,557。 リーマンショック後現在までの上昇トレンドでは、今年4月につけた3,828が最高だった。 ES50指数に投資する選択肢は日本では少ないが、ETFにES50と 連動している銘柄はあるし、またCFDでもできる。 欧州の優良銘柄に対するパッシブ運用としては、かなり有力な投資先だ。 ボーナスの権利は口座名義人にのみ帰属します。 このスペシャルプロモーションは初回入金にのみ適用され、1000ドルまでは100%、1000ドルを超える場合は1000ドルプラス超過分に40%が付与されます。 ボーナスの上限は20,000ドルです。 ボーナスはトレーディングチケットの形で付与されます。 1000ドルを超えるトレーディングチケットについては、ご入金後カスタマーサポートまでご連絡ください。 ボーナスは証拠金としてのみ利用可能で、お客様がこれを出金することはできません。 トレーディング・チケット保有中に出金をされると、口座からトレーディング・チケットが削除される場合があります。 ご注意ください。 このキャンペーンは、こちらのページからご登録いただいた、これまでiFOREXをご利用いただいたことのない、新規のお客様にのみ適用されます。 口座にキャッシュバックボーナスが表示されている間に行われたすべての取引にキャッシュバックを受け取ることができます。 口座詳細で各銘柄でいくらのキャッシュバックがあるかの内訳を見ることができます。 毎週予定されているキャッシュバックを確認するには、口座にログインして口座詳細をご覧ください。 キャッシュバックプログラムでの取引を開始されると、お客様の行った取引量は自動で計算され、お客様の口座に毎週該当分が入金されます。 毎週のキャッシュバック後に金額を、メールでお知らせします。 キャッシュバックがお客様の口座に入金されると、現金同様ご出金いただくことも、購買力を高めるために取引資金としてご利用いただくことも可能です。 当社の提供するボーナスについては、取引条件ページのボーナス規約もご参照ください。 iFOREXグループは業界で最も大きく尊敬される企業の一つです。 1996年に成功した銀行家のグループにより設立され、世界中の人の毎日の市場へのアクセスが目標です。 3つの主な約束• お客様サポートセンターはすべてのお客様が知識を深めるお手伝いをすることを目的としています。 当社の最大証拠金ポリシーは、お客様が口座の可能性のすべてを引き出すことを可能としています。 追証なしプログラムは、組み込み式のリスク管理システムとして機能し、お客様の残高を超える損失を出すのを防ぎます。 私たちは、提供するグローバルな取引商品の多様性と、使用する革新的な技術、常に向上し続けるカスタマーサービスで、業界のリーダーであり続けます。 iFOREX(レバレッジトレード)は、国際法人iFOREXが提供するサービスです。 投資にあたっての意思決定・最終判断はお客様ご自身の裁量でお願いいたします。 本取引は、その取引についてお客様が預託すべき証拠金に比べて大きな額になるため、通貨等の価格または金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあります。 なお、当該損失の額が有効証拠金の残高を下回った際には、自動反対売買により決済されます。 レバレッジトレードは、インターネットを利用する取引であるため、お客様のパソコン・ネットワーク環境に不具合が生じた場合や、当社システムに障害が発生した場合などには、取引ができなくなる可能性があります。 当社ホームページで公開しているデータに関しては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。 これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、弊社は一切責任を負いかねます。 また、弊社が提供するすべての情報について、弊社の許可なく転用・販売することを禁じます。 iFOREXは日本金融庁に登録のない、海外ブローカーで、本サイト・サービスは主に日本国在住者を対象としておりません。 支払い決済サービスは、F. Formula Investment House Clearing Ltd により提供されます。 iFOREXは、iFOREXグループ内の組織が所有する商標です。 このウェブサイト上に表示されているその他の商標はすべて、それぞれの所有者に帰属します。 このサイトは Formula Investment House Ltd. が運営しています。

次の

ストックス欧州600指数

ユーロ ストック ス

ユーロ・ストックス50指数の特徴・評価 ユーロ・ストックス50指数とは、ヨーロッパ12ヵ国の優良50銘柄(ブルーチップ)で構成される時価総額加重平均型の株価指数です。 ストックス・リミテッド(STOXX)が算出公表をしています。 構成国は、フランス、ドイツ、スペイン、オランダ、イタリア、ベルギー、フィンランド、オーストリア、ギリシャ、アイルランド、ルクセンブルク、ポルトガルの12カ国です。 以下、本指数の各種構成比、他指数との比較、また評価などを解説します。 国別構成比 以下のグラフ・表は、ユーロ・ストックス50指数の国別別構成比です。 組入上位10銘柄の構成比(全50構成銘柄中) 下表は、ユーロ・ストックス50指数の組入上位10銘柄の構成比です。 上位10銘柄で全体の37. ヨーロッパを代表する大企業ばかりです。 銘柄 構成比 国 業種 トタル 4. ユーロ・ストックス50指数をベンチマークとするインデックスファンド 下表は、ユーロ・ストックス50指数をベンチマークとするインデックスファンドのコスト比較です。 信託報酬はi-mizuho欧州株式インデックスが割安ですが、実質コストはが若干安くなっています。 ファンド名 信託報酬 (実質コスト) ベンチマーク ベンチマークとの差異 年間パフォーマンス 純資産 [百万円] 0. 参考 i-mizuho欧州株式インデックス、および欧州株式指数ファンドの詳細は、以下をご参照ください。 コストを抑えたオススメ購入先 本記事で紹介したインデックスファンドは、以下の大手ネット証券会社で購入手数料無料で購入可能ですが、 利便性が良く、が最も高いでの保有が最もオススメです。 今なら 無料口座開設で最大10万円がもらえます。 (9月30日まで) 参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。 ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。 大手ネット証券• にもらえるポイントが業界最大。 売買手数料無料のフリーETFが特徴• 海外株式・ETFの売買手数料最安。 ファンド・国内外ETF全てが特定口座対応。 大手ネット証券• ファンド・国内外のETF全てが特定口座対応。 海外ETFは、・・の3ネット証券の取り扱いとなります。 以下、これらのネット証券の比較表です。 証券会社 売買手数料 為替手数料 (1ドル両替あたり) 約定額の0. 25円 で 0. 04円 0. 25円 0. 25円 上表の比較からわかるように、ETFの売買手数料 最安は です。 ただし、海外ETF購入には、売買手数料の他に日本円を外貨(米ドル)に両替する際の為替手数料がかかります。 為替手数料に関しては、が最安です。 提携先ので両替することで為替手数料を他社よりも節約できます。 に両替すれば、両替コストは0円(無料)になります。 また、外貨入出金サービスも充実しており、オススメです。 参考 SBI証券の外貨入出金サービスの詳細は、以下をご参照ください。 参照 マネックス証券・SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。 今なら口座開設キャンペーンでマネックス証券なら最大 71,000円、SBI証券なら最大 10万円もらえます(9月30日まで)。 SBI証券では、NISA口座での海外ETFの買付手数料が 無料です。 また、上述のようにの利用で、為替手数料も無料になるので、 買付時の投資コストを0円(無料)にすることができます。 参考SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。 今なら口座開設キャンペーンで、最大 10万円もらえます(9月30日まで)。 ニッセイ、たわら、三井住友などの超低コストファンドの保有で、国内唯一のポイント還元! ・ ・ ・ 楽天証券の無料口座開設はこちら。 111• 194• 12 ブログ集.

次の