マレリ。 マレリ (企業)

マレリ株式会社

マレリ

マニェーティマレッリ Magneti Marelli S. に相当 本社所在地 設立 事業内容 自動車部品の製造・販売 代表者 エルマンノ・フェッラーリ Ermanno Ferrari 売上高 45億(2006年) 従業員数 25,195人(2006年) 主要株主 CKホールディングス(の) 関係する人物 エルコレ・マレッリ Ercole Marelli セルジオ・マルキオンネ Sergio Marchionne 外部リンク マニェーティマレッリ( Magneti Marelli S. )は、かつて存在したの自動車部品メーカー。 2019年にはカルソニックカンセイと経営統合し、 となった。 の、のと並ぶ品(メーター、インフォテイメント、テレマティクス、ボディコンピュータ等)、製造の最大手であり、、, 、系部品、照明関連の部品(、リアランプ、)なども手がけ、自動運転技術の研究開発にも注力をしている。 Magneti Marelli社発行の公式文書(会社案内、展示会案内等の印刷物)によると、社名の正しいカタカナ表記はイタリア語の発音に忠実な「マニェーティマレッリ」であり、よって日本において広く使用されている「マニエッティ・マレリ」や「マネッティ・マレリー」等の表記は、Magneti Marelli社が定めたものとは異なっていた。 [ ] しかし、2018年に同社はCK Holdingsにより買収され 、同じくCK Holdingsに買収され子会社となっているでは、公式リリースで「マニエッティ・マレリ」との表記を用いている。 歴史 [ ] 1891年、 ()がイタリアにて、自身の名を冠した、電装部品およびエンジンの開発、製造を担う企業を創業。 、市場のニーズに応える為、 ()と(Fiat)が共同出資し、ミラノの(Sesto San Giovanni)に合弁会社マニェーティマレッリ(Magneti Marelli)を設立、エルコーレ・マレッリの事業を拡大。 エルコーレ・マレッリ自身は社長、技術責任者、および販売責任者の役割を担った。 1947年、イタリアの株式に上場。 1980年代には用の燃料を製品化し、には燃料噴射装置の開発に着手、にはボッシュと共同で実用化を果たし、JTDにとしては初めてコモンレール式ディーゼルエンジンが搭載された。 1984年、本社をセスト・サン・ジョヴァンニから、同じくミラノにあるチニゼッロ・バルサモ(Cinisello Balsamo)へ移転。 1986~7年には、グローバルなメガサプライヤを目指し、幾つもの著名な欧州部品メーカーを吸収。 一例として、燃料、エンジン制御の(Weber)、ソレックス(Solex)、インスツルメントパネル(メーター等)や電子部品のヴェリアボーレッティ(Veglia Borletti)、イェーガー(Jaeger)、照明関連部品のカレッロ(Carello)、シエム(Siem)がそれらである。 1991年、本社をチニゼッロ・バルサモから、同じくミラノの現在の本社所在地コルベッタ(Corbetta)へ移転。 にの「セレスピード」を製品化し、アルファロメオ・156に搭載。 その後、の「F1マチック」、の「カンビオコルサ」など、フィアットグループの各メーカーにもセミATを供給している。 、ボッシュ(Robert Bosch GmbH)とので自動車用照明部品(ヘッドランプ、リアランプ等)を開発、製造、販売する企業「K2ライティングテクノロジー K2 Lighting Technology 」を設立。 社名を「オートモーティブライティング(Automotive Lighting)」へ変更。 2018年10月、当時の親会社だった(FCA)が、保有する全株式をの親会社であるCKホールディングスに売却することを発表した。 買収総額は62億ユーロで、経営統合が完了すると世界7位の独立系自動車部品メーカーとなる。 レース活動 [ ].

次の

「マレリ」のニュース一覧: 日本経済新聞

マレリ

ブックマークする 現代の車両技術がますます複雑になるに従って、表示や操作を担うコックピットは、よりシンプルで直感的なHMIへと進化する必要があります。 3Dディスプレイ技術は、ドライバーの視線移動を軽減し、重要な情報や警告を確実に伝えることで、安全性を向上することに貢献できます。 このイノベーションを実現する鍵となったのは、フランスのAlioscopy社と共同開発した「オートステレオスコピック3Dスクリーン技術(AS3D)」です。 AS3Dは専用の眼鏡を使わずに立体視を実現できるため、乗員は指定された範囲内に座ることで裸眼で奥行きを知覚することが可能です。 この3Dディスプレイ技術により、例えば、駐車時にはカメラからドライバーへ伝達される映像のリアリティが格段に向上します。 またナビゲーション機能で経路案内中には、立体視により仮想的にドライバーを周囲の環境内に置くことで、いつ、どこを曲がるべきかをドライバー自身が認知・判断する負担を軽減します。 3D技術の恩恵は、ドライバーのみに留まりません。 自動運転支援システム(ADAS) と自動運転の開発が進み、更に大型没入ディスプレイの統合トレンドが続く中で、 3D技術は同乗者へのエンターテイメントと、コミュニケーションの提供にも貢献できます。 このイノベーティブな3Dディスプレイ技術は、2020 Automotive News PACEpilotを受賞しました。 価値ある創造で最適なソリューションを マレリの3D技術は、標準的なディスプレイの上にレンチキュラーレンズ(拡大レンズの列)を積層する事で実現しています。 そのため非常に薄型で、占有スペースは最小限となり、複数のディスプレイで3D効果を実現する他のソリューションよりも、価格が最大50%低減できるという利点も生まれました。 これも、レンチキュラーレンズを設計・製造し、標準的な単一パネルのディスプレイに積層する技術を保有しているからこそ実現可能となりました。 マレリは、トレンドを予測し、適切なリソースを投入。 そしてパートナーシップを構築して、世界中のお客様にとって価値ある創造することにより、市場に役立つ最適なソリューションを提供することに重点を置いています。 お問い合わせ先:マレリ グローバルコミュニケーション部 pr marelli. com.

次の

マレリ:裸眼で立体視が可能な3Dディスプレイ|2020 モーターファン・テック・エキスポ|MotorFan[モーターファン]

マレリ

Fiat Chrysler Automobiles(FCA、フィアットクライスラー)は2018年10月22日、カルソニックカンセイの親会社であるCKホールディングスにMagneti Marelli(マニエッティマレリ)を62億ユーロ(約8060億円)で売却すると発表した。 CKホールディングスはこれを受けて社名を「マニエッティマレリCKホールディングス」に変更する。 統合後の新会社の売上高は152億ユーロ(約1兆9750億円)で、独立系では世界10位の自動車部品メーカーとなる。 新会社が持つ工場や研究開発拠点はグローバルで200カ所以上に上る。 2017年度の業績は、カルソニックカンセイの連結売上高が9986億円、マニエッティマレリは82億ユーロ(約1兆660億円)だった。 マニエッティマレリのイタリア事業における雇用を維持するため、フィアットクライスラーは新会社と複数年にわたる部品供給に合意する予定だ。 カルソニックカンセイの現本社は埼玉県さいたま市に維持する。 マニエッティマレリCKホールディングスの経営は、カルソニックカンセイ CEOのベダ・ボルゼニウス氏が日本から指揮を執る。 マニエッティマレリ CEOのエルマンノ・フェラーリー氏は、新会社の取締役に就任する。 FCA CEOのマイク・マンレー氏はマニエッティマレリの売却について「マニエッティマレリが次のステージへと飛躍する可能性を十分に発揮できる選択肢を慎重に検討してきた。 その結果、お客さまや従業員にとって、カルソニックカンセイとの統合が最も理想的だと判断した。 統合後もマニエッティマレリは重要な取引先であり、今後も両社の関係が一層強化されることを期待している」とコメントした。 日産自動車は2016年、同社が保有するカルソニックカンセイの全株式を、投資会社のコールバーグ クラビス ロバーツ(KKR)に売却。 KKR傘下の投資ファンドが保有する特別目的会社CKホールディングスが、カルソニックカンセイの親会社となった。 コネクティビティと自動運転、電動化に対応したキャビンの提供をビジネスの柱の1つに位置付けており、車載セキュリティの新会社を設立するなど具体的な活動も進めている。 関連記事• 大手サプライヤの買収が相次いでいる。 2016年11月22日、日産自動車はコールバーグ クラビス ロバーツ(KKR)に対し、カルソニックカンセイの株式41%を売却すると発表。 また、同じ日にヴァレオは市光工業の株式の公開買い付けを開始、完全子会社化することを公表した。 カルソニックカンセイは車載セキュリティの脅威分析やゲートウェイの開発などを手掛ける合弁会社「WhiteMotion(ホワイトモーション)」を設立した。 フランスのセキュリティ関連企業のQuarkslabと折半出資。 拠点はさいたま市北区のカルソニックカンセイ本社内に置く。 デンソーと野村総合研究所子会社のNRIセキュアテクノロジーズは、車載電子製品のセキュリティ診断を中心としたサイバーセキュリティ事業を行う共同出資会社を設立することで合意した。 カルソニックカンセイは、「人とくるまのテクノロジー展2016」において、HUD(ヘッドアップディスプレイ)を応用して奥行きのある表示を実現したメータークラスタなどを搭載したコックピットを出展した。 接近車両を検知する電子ミラーや、手元を見ずに操作できるタッチ入力デバイスなども組み合わせ、視線移動の少ない安全運転を実現する。 カルソニックカンセイは「第45回東京モーターショー 2017」において、ターボチャージャーのタービンハウジングを板金化した新製品「CK-SMITH」を公開した。 間もなく市販されるディーゼルエンジン車への採用が決まっており、既に量産に入っている。 タービンハウジングの板金化は、ディーゼルエンジン車向けでは「世界初」となる。 「人とくるまのテクノロジー展2018」の展示から、インテリアデザインの自由度向上につながる取り組みを紹介する。 ジェムコ日本経営が開催したセミナー「技術伝承フォーラム(第五回変革の賢人フォーラム)」では、自動車部品メーカーのカルソニックカンセイが登壇し、ナレッジマネジメントシステムの構築事例を紹介した。 関連リンク•

次の