神戸 物産 の 株価。 (株)神戸物産【3038】:株式/株価

(株)神戸物産【3038】:時系列の株価推移

神戸 物産 の 株価

NISAで10万円のをはじめた株超初心者のkabusaburoです。 興味のある食品関連の個別株に投資をしていきます。 さて、ですが連日株安ですね。 ところが今日は という会社の株価が大幅上昇しました。 一度覗いてみたい 最近テレビでの特集をよく見ます。 私にとっては「実家の近くに店舗があって、子どもの頃親に連れられて何回か行ったことあるなあ」という程度の印象です。 「」を含め、めったに業務用の食品スーパーに買い物に行きません。 でも!テレビやでよく見る、ようかんやプリンを買ってみたいです。 (あれから2年経ちました) 「そもそも家の近くにないし、そういえば、一番近くだとどの辺にあるのだろう…」と思って調べてみたら、車で10分のところに普通にありました。 私のように車に乗らない人は、まず行かない場所にあったのです。 他のお店も調べてみましたが、だいたいどこも駅近ではない場所にあります。 と言えば、ひとつひとつの商品も大きく、冷凍食品の品揃えも多いです。 のような、 車での買い物を想定した出店なのでしょうね。 全店売上高の結果は? 2019年3月27日後に発表された・の全店売上高の内容は、前年同月比110. 月次IRニュース: この月次ニュースを見たところ、 売上高、総利益、営業利益、経常利益、出店数すべてプラスでパーフェクトですね。 株価に反映されるのも納得です。 の今後の株価は? 今日このニュースをで聴いていたのですが、解説者が言っていた「この株が売れる=節約志向が高い= 景況感はよろしくない」という言葉が印象的です。 今日の株価上昇は、消費者の節約志向から買われたわけではないと思いますが、確かに=食費節約志向の人がメイン購買層かもしれません。 私自身も車があれば、で定期的に買うと思います。 今後のの株価を予想するとしたら、が下がれば、の株価が上がるかもしれません。 偶然かもしれませんが、実際に先月(2019年2月)からはとは 真逆の動きをしています。 青: 赤: 画像引用: 一番いいのはもの株価も上がること、 しかし何しろ株価が高すぎて買えませんので、 応援だけをしながら見守っています。

次の

株価診断結果「割高」に反対

神戸 物産 の 株価

Contents• 神戸物産<3038>株価上昇!株式分割のメリットは・・ この記事の要点 ・株式分割により株価は上がる ・業績及び財務は好調 ・株価は割高 企業情報 社名 (株)神戸物産 本社所在地 兵庫県加古郡 設立 1985年 資本金 64百万円 従業員 連結 2. 品物が安く、プライベートブランド商品が人気です。 店舗数は徐々に増えています。 店内手作りにこだわりながら、添加物や保存料をほとんど使用しない体に優しいメニューを提供しています。 今回の分割の割合は1:2なので、上の例で挙げたように、持ち株数が倍になり、株価は半分になります。 メリット ・株価が安くなることで、買われやすくなる。 ちなみに1年前にも同様の株式分割が行われています。 スポンサーリンク 業績 こちらは売上高・経常利益・純利益の推移です。 売上、経常利益、純利益どれも連続で伸びていますね。 9月12日に発表された3Qの決算でも、 経常利益が前年比26%増と好調なようです。 業務スーパー事業 におけるPB商品が根強い人気となっているようです。 出店数は昨年同時期と比べて 21店舗増で 全830店舗となっています。 神戸クック・ワールドビュッフェ における売り上げは20. 6%増となっています。 出店数は昨年同時期と比べて3店舗増で 全13店舗となっています。 財務 自己資本比率と自己資本の推移です。 利益剰余金:37,757百万円 有利子負債:67,432百万円 自己資本は2016年から2018年にかけて約2倍に成長しています。 自己資本比率も同様に約2倍になっていますね。 しかし、23%は正直低いです。 自己資本に対して借金が多いということですので、50%は欲しいところです。 ROE・ROAの推移です ROEは徐々に下がっていますね。 自己資本が大きく増えたことが起因しています。 それでも28. 8%は高い数値です。 収益率は良いと言えるでしょう。 ROAも7%あるので、優秀と言えます。 優位性とリスク.

次の

業務スーパーの神戸物産、ここへきて「株価上昇」している意外なワケ(マネー現代編集部)

神戸 物産 の 株価

今回のブームではまだタピオカを口にしていませんが、過去のブームの時に何度か口にした経験では、そんなにうまいもんかな、と思ったりしてますが・・・。 そんなタピオカブームの中で、タピオカ銘柄なる銘柄を発見、それが神戸物産(3038)! 業務スーパー展開の神戸物産がタピオカ銘柄に 神戸物産といえば、店名もそのまま「業務スーパー」を展開する会社。 「業務スーパー」を自ら運営運営するのではなくて、FC展開している部分が同社の最大の特徴です。 「業務スーパー」がFC展開って、案外知られていませんがコンビニ並みにFC化を徹底しており、神戸物産は「業務スーパー」のフランチャイザーです。 そんな神戸物産が展開する「業務スーパ-」で冷凍タピオカとタピオカティーがバカ売れしている様子。 実際にでは、 商品動向につきましては、「インスタントタピオカ」、「タピオカドリンク(ミルクティー)が引き続き堅調に推移しております。 とわざわざタピオカについて言及されているので、タピオカ製品が売れているのは間違いなさそう。 先日TVでタピオカ店の特集してましたが、他店のタピオカは殆ど冷凍食品ですが当店は手作りのタピオカを利用してます、という店が紹介されていました。 神戸物産から仕入れた冷凍タピオカを利用して、タピオカティーに仕上げてお客さんに出している店が結構あるのでは。 スポンサードリンク 神戸物産の株価はキレイな右肩上がり 晴れてタピオカ銘柄となった神戸物産ですが、株価を見ると見事な右肩上がりとなっています。 月足で見るとその株価上昇のスピード感が実感できます。 ・神戸物産株価(月足チャート) 月足チャートを見ると、神戸物産はタピオカバブルに乗ってるなぁ、と思わざるを得ません。 ただし日足チャートの出来高をみると、どうやらうまい人たちは3,000~3,500円の間で仕込んでいる様子であり。 株価は上昇を続けていますが、出来高は昨年10月をピークに徐々に落ちています。 よってタピオカブームだから、と今から飛びつくと、何のことはない天井で買わされるリスクもありますのでご注意を。 前回の高値と安値にフィボナッチ・エクステンションを当ててみると、株価5,000円はエクステンション161. ・神戸物産株価(月足チャート) このまま5,000円を何事もなく突破する可能性も否定しませんが、エクステンション128. 5,000円という節目の株価でもありますが、ここから先を節目やフィボナッチの値位置なんて関係なく、一気に上に抜けていくのか注目されます。 まとめ タピオカに限りませんが、ブームっていずれ去ります。 ブームで舞い上がった銘柄は、うまく乗っているなら、どこかで飛び降りる勇気も必要です。 問題はブームが終るのは分かっていても、ブームがどこまで続くか分からない所なんですが・・・。 何度かあったタピオカブーム、今回の賞味期限はどの程度でしょうか? 神戸物産の株価の行方とともに注目したいと思います。 ・神戸物産の株式購入には投資資金約500,000円が必要。 興味はあるけど投資資金が大きい・・・、というなら1株単位(神戸物産の場合は約5,000円)で株式投資ができるSBIネオモバイル証券の利用がオススメです。 実質的に手数料無料でTポイントで株式投資も可能ですよ。 関連記事: ブームの関連記事 ・ ・.

次の