ポケモン go ポリゴン z。 技の仕様変更によって強化するべきポケモン4選!ボックスの中で眠っているアイツが、思わぬ力を発揮するかも…【ポケモンGO 秋田局】

【ポケモンGO】ポリゴンの進化先と個体値早見表&おすすめ技

ポケモン go ポリゴン z

どーも皆さんこんにちは!地元秋田県で『ポケモンGO』を遊び続けるゆずみんです。 今回は12月12日に大きく変更された技の性能についてご紹介致します! まず今回の仕様変更によってなにが変わったのか。 ザックリ説明すると、こんな感じです。 ご覧の通り、だいぶ大きな変更がありましたね。 これによって弱体化したポケモン、鍛えるべきポケモンに変化が起きたので、ゆずみんなりにおすすめするポケモンをご紹介していこうと思います! ちなみにゆずみんは大前提として、ジム戦、レイド戦の火力を中心としたポケモンをおすすめしていきます。 対人戦をたくさんやる方とは強化の優先順位が違うと思いますので、ご了承ください! まず最初に、本来おすすめしたいポケモン4匹とは別に、あると便利!というポケモンからご紹介していきます。 ・ゲンガー (シャドークロー、シャドーボール) 従来のたたりめよりもシャドークローの方が攻撃モーションがはやく、火力が上がります。 ゲンガーは耐久力が低いため、相手の必殺技を避ける技術が必要となる上級者向けのポケモンですが、使いこなすと強いです!既に持っているゲンガーに技マシンノーマルを使うだけで変えられるのでおすすめです! ・カビゴン (しねんのずつき、のしかかり) ジム防衛する際に持っていると強力なポケモンです。 高耐久のカビゴンが3ゲージ技ののしかかりをしょっちゅう撃ってくるので、相手から見たらとっても厄介。 ジム防衛を優先とするなら、のしかかりカビゴンを用意しておくのがおすすめです! ・カイリュー (りゅうのいぶき、ドラゴンクロー) カイリューは対人戦で大活躍!レイド戦ではドラゴンテール、げきりんの方が火力が出ますが、ジム戦や対人戦においては技のモーションが素早いりゅうのいぶきが良いでしょう。 それではここから、技の仕様変更によって評価が変化した、おすすめポケモン4選をご紹介します! ・第4位 カイオーガ(たきのぼり、なみのり) カイオーガはなみのりを覚えた事によって、小回りがきくようになりました。 従来覚えていたハイドロポンプも優秀な技ですが、1ゲージ技なので、ゲージの抱え落ちをしてしまう場面が多かったのです。 その悩みを解消したのが、2ゲージ技のなみのりです。 元々カイオーガの種族値は文句なし。 ハイドロカノンが弱体化されたこともあり、カイオーガが再び注目を集めています。 カイオーガは元々みずタイプタップクラスだったのですが、これにより更に強く使いやすくなった印象ですね。 ・第3位 ヒードラン(ほのおのうず かえんほうしゃ) 今回の技変更で、大幅に評価が上がったポケモンです。 ヒードランは元々、種族値とタイプ相性は優秀なポケモンだったものの、ほのおのゲージ技がだいもんじで、他のほのおポケモンに比べて技性能が低く、スポットライトが当たりませんでした。 しかし今回の変更で2ゲージ技のかえんほうしゃをもらえたので、非常に強いほのおポケモンに生まれ変わりました! ほのお、はがねタイプになる事によって軽減出来る技が増え、弱点はじめん、みず、かくとうの3タイプだけとなります。 ほのおポケモンで高火力かつ、高耐久力であるヒードランは、今後のジム戦、対人戦において活躍が見込まれます。 入手難易度は高いですが、持っている人はぜひ使っていきましょう! ・第2位 ルカリオ(カウンター はどうだん) 新しく覚えるはどうだんを使えるルカリオがとても強いです!長年かくとうタイプでお世話になっているカイリキーを超えるかくとうタイプのポケモンがついに出てきました! ルカリオは対人戦においてもグロウパンチ、シャドーボールが優秀なので、技を開放して複数の技を使いこなすというのも良いと思います。 レイド戦ではかくとうの火力担当でカウンター、はどうだんを。 対人戦では技を開放してグロウパンチやシャドーボールを。 どの場面でも活躍出来るルカリオは作っておくと汎用性が高い為、ぜひ強化するのをおすすめします! ・第1位 ポリゴンZ(ロックオン おんがえし) 通常技にロックオンをもらえた事によって、ノーマル技トップクラスと言われるおんがえしがとても輝く技構成になっております! ロックオンは技1でダメージ量がほぼないのですが、必殺技のゲージがとてもはやく溜まるという特徴があります。 これを利用して、3ゲージ技であるおんがえしを連発して相手に大ダメージを与えるという作戦です。 これ、めっちゃ楽しいです(笑)。 ただ気をつけてもらいたいのは、ロックオン、おんがえしを作るにはシャドウポケモンのポリゴンをゲットする必要があるという事。 通常のポリゴンZでもロックオンは覚えますが、おんがえしという技はシャドウポケモンをリトレーンしないと覚える事が出来ません。 高個体のシャドウポリゴンをゲットする必要があるので、入手難易度は非常に高いです。 しかしそれに見合う強さと面白さを持っているポケモンなので、ぜひこの機会に作ってみてください! ちなみにゆずみんがおすすめするポケモンを実際に紹介している動画がこちら レガシー技新技大量復活!育てて損しない超オススメポケモン4選!!【ポケモンGO】 あなたのポケモンボックスに、ゆずみんがおすすめするポケモンは眠っていませんでしたか?今まで使っていなかったポケモンが、技が1つ変わっただけで大幅に強くなるという事は今後も出てくると思います。 その際は実際にジム戦や対人戦で検証して、今後もおすすめできるポケモンをゆずみんなりにご紹介していきたいと思います! ではでは今回はこのへんで。 YouTubeにて関連動画を多数投稿中。 《ゆずみん》.

次の

ポリゴンZ

ポケモン go ポリゴン z

ポリゴンZ バーチャルポケモン ぜんこくNo. 474 アローラNo. USUM 283 アローラNo. SM 219 高さ 0. 9m 重さ• 0kg• けたぐり威力60 タイプ• 英語名• Porygon-Z タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• なし 主な入手方法 USUM• なし 生息地 SM• なし 主な入手方法 SM• 5倍ではなく2倍になる。 相手の『ぼうぎょ』が『とくぼう』より低い場合は『こうげき』ランクを、『とくぼう』の方が低い場合は『とくこう』ランクを1段階上げる。 3倍になる。 跳ね返す技の命中率は、『マジックコート』を使用したポケモンで計算される。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 どのタイプになるかはランダム。 トレーナーもそのポケモンには道具を使えない。 どの状態異常になるかはランダム。 跳ね返す技の命中率は、『マジックコート』を使用したポケモンで計算される。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 最大102。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 最大102。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. トレーナーもそのポケモンには道具を使えない。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 第6世代は命中率:100 技. 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 跳ね返す技の命中率は、『マジックコート』を使用したポケモンで計算される。 道具を持っている場合は失敗する。 67倍、1. 6倍の説もあり になる。 また、特性『ふゆう』や、『ひこう』タイプのポケモンに『じめん』タイプの技が当たるようになる。 技『そらをとぶ』『はねる』『とびげり』『とびひざげり』『とびはねる』『でんじふゆう』『フライングプレス』『フリーフォール』が使えなくなり、使用している場合は解除される。 『テレキネシス』を受けなくなり、受けている場合は解除される。 USUM New! もう1度使用すると元に戻る。 USUM New! 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 USUM New! 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技がZワザの場合は失敗する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 5〜1. 5 が相手に与えるダメージになる。 『あく』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 ただし『ねむり』状態から覚めると『あくむ』状態も解かれる。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。

次の

技の仕様変更によって強化するべきポケモン4選!ボックスの中で眠っているアイツが、思わぬ力を発揮するかも…【ポケモンGO 秋田局】

ポケモン go ポリゴン z

なんらかのシャドウをフル強化したいとは思っていたものの、そのコストの高さからそう何匹も強化出来るわけではない。 自身初のフル強化シャドウとなる。 もちろんこの先もダークルギアを強化出来るようにリソースは蓄えておくが、かなりのリソースを費やしてしまった。 ポリゴンはなんといっても入手が難しい。 初代登場時からの継続したハイレアリティ、10kmタマゴから孵る確率の低さ、バレンタインイベントで増えた時もそうそう巡り会うことはなかったと感じる。 なによりアメが足りない。 進化分と、シャドウとしての強化に必要な995個のアメに対して、の投入数は500個に迫った。 ここからさらに技解放のコストが別途要求される。 は、第4世代が始まった時から手持ちに加えることが既定路線だった。 とはいえ手持ちに好ましい個体は恵まれていない。 フレンドとの交換で指定することも少なくなかったけど、フレンドとてそう何匹も持っているわけではなかったし、交換後の個体にも恵まれなかった。 取得難易度の高さから、ポリゴンは1匹フル強化する以上のアメは得られない。 1匹限りの勝負だと思っては妥協しないつもりでずっと保留を続けていたが、まさかシャドウで育てることになるとは思わなかった。 ポリゴンを作ったのはだというゲームの裏設定が決断を後押ししたが、だからといってわざわざアメ不足に悩むポリゴンをシャドウとして育てることになるとは。 を伝説以外に投入したのはこれが初めて。 それも500個も。 ニックネームは「」、 バブル君とでも呼ぼうか。 人口であること、バーチャルとかプログラムとかとか、一度は隆盛したものが失敗したこととか。 5文字で収まってるのが地味にポイント高い。 めざめるパワーは悪タイプ。 技解放コストは、のときは75個だったのにでは50個に減っていた。 どういうシステムなんだろう? 本日から新たにレイドバトルに追加されたので、アメの入手難易度は下がった。 あと7匹ゲットすれば技解放出来る。 を倒していけば、それは難しくないだろう。 バトルでの運用は無い。 ただ、ノーマルタイプで攻撃264もあるので、もしも悪タイプの技2が貰えれば、ゴーストタイプ相手に活躍できるかもしれない。 はバトルに有用なわけではないけど、デザインや裏設定から好きなのひとつ。 freedomtencho.

次の