決まり手 つき手。 大相撲の非技をどこよりも詳しく解説!【動画付き】

大相撲の非技をどこよりも詳しく解説!【動画付き】

決まり手 つき手

どもっ!相撲観戦が好きな管理人です。 本日は、相撲の決まり手についてみていきたいと思います。 相撲の決まり手は、82手あるのですが、一般的に知られているのはそんなに多くはないですね。 例えば、上手投げ、押し出し、寄り切り、引き落としなどよく聞くものはわかりますが、全く聞いたこともみたこともないものが、結構あります。 全部覚えても試験には出ませんので、覚える必要はないのですが、へーそんなものもあるんだ!って感じで、この後みていけたらと思います。 その決まり手の中でもレアで珍しい決まり手を、管理人が調べてみました。 その他、本場所で出た多いものランキングなどを紹介しますので、一緒にみていきましょう。 また、図解で詳しく解説しているサイトも見つけましたので、チェックしてみると、わかりやすいと思います。 レアな決まり手10選 管理人が調べたレアな決まり手10選の紹介です。 あくまでも、管理人が調べたので厳密な根拠はありません。 何十年も出ていないものや、何十年ぶりに出たものでの紹介です。 1: 撞木反り(しゅもくぞり) 相手の懐に潜り込み、相手を横向きに肩に担ぎ上げるようにして後ろに反って倒す技。 2: 外襷反り(そとたすきぞり) 片手で相手の差手の肘を掴み、もう一方の手で相手の手の上を通し、相手の足を内側から掬い上げて後ろに反り倒す技。 3: 掛け反り(かけぞり) 相手の腋に頭を入れ、切り返しのように足を掛け、後ろに反って倒す技。 4: 伝え反り(つたえぞり) 相手のわきの下を通り抜けながら体を後ろにもたれかかるように倒し、その重みで相手を倒す技。 5: 徳利投げ(とっくりなげ) 相手の頭を両手で挟みつけ、右か左に捻り倒す技。 日本酒をお猪口に入れるとっくりを持つ際に頭(実際には首)の部分をつまむことが由来である。 2004年に魁道が決めたときは、珍しい決まり手ということで、テレビ番組で取り上げられました。 6: 二枚蹴り(にまいげり) 相手を吊りながら、足の裏で相手の足の外側を蹴り、蹴った足のほうに倒す技。 柔道の支釣込足に相当する。 二枚とは、膝から足首までの外側のことである。 その後、2007年から、時天空が3度ほど決めており、二枚蹴りの名手と呼ばれている。 7: 小褄取り(こづまとり) 相手の重心を崩して体を泳がせ、流れた足首を掴み、引き上げて倒す技。 直近では、2008年に白馬がきめて以来出ていない。 8: 鯖折り(さばおり) まわしを取って強く引き付け、上からのしかかるようにして相手のひざを土俵に付かせる技。 9: 送り吊り落とし(おくりつりおとし) 相手の背後に回り込み、相手を後方から吊り上げ、その場に落として倒す技。 直近では、2007年に安馬(日馬富士)がきめて以来出ていない。 10: 褄取り(つまとり) 出し投げを打った後、後ろに流れた相手の足の足首かつま先を掬い上げ、前に這わせる技。 ここまで、レアな決まり手についてみてきましたが、現在の82手になるまでには、いろいろと増えてきたようです。 次の章では、その歴史についてみていきたいとおもいます。 決まり手の歴史 相撲の決まり手は現在では、82手ありますが、その昔はもっと少なかったようです。 昭和の初め頃までは、48手で、「しじゅうはって」と呼ばれていて、次のような4つに分類されていました。 投げ手(なげて)12手• 掛け手(かけて)12手• 反り手(そりて)12手• 捻り手(ひねりて)12手 その後、日本相撲協会がたびたび決まり手を、追加しました。 1935年(昭和10年)に56手• 1955年(昭和30年)に68手• 1960年(昭和35年)に70手• 2001年(平成13年)に82手 このようにして増えていき、現在の82手になりました。 勝敗は認められます。 勇み足(いさみあし)• 腰砕け(こしくだけ)• つき手• つきひざ• 不浄負け(ふじょうまけ) 取り組み中に回しが外れて、局部があらわになると、負けになります。 「モロ出し」などと言われることがありますが、これは2000年の5月場所で、朝ノ霧が不浄負けで反則負けした時に、スポーツ新聞が見出しに、「決まり手は モロ出し」と書いたことから、言われるようになったようです。 これは、「もろ差し」(自分の腕を相手の脇の下に入れる)という取り組み中の体制の言葉をもじったものと言われています。 決まり手を図解でわかりやすく紹介しているサイトを見つけましたので、ご紹介します。 スポンサーリンク ここまで、決まり手の82手についてみてきましたが、その中でもどんなものが、多く決まっているのかを、次の章ではみていきたいと思います。 決まり手が多いもの 次の決まり手ランキングをみていただくと、なんと53. 決まり手の半数はこの二つで決まるということですね。 この結果はいつの時代でも代わりはないような気がします。 (管理人の感想です) 3位以下からはガクンと低くなっています。 このランキングでも、15位ぐらいまでを知っていれば、相撲観戦でほとんどの決まり手がわかりそうですね。 ちなみに、管理人が個人的に好きな決まり手の「うっちゃり」が入っていなかったですね。 相撲をみていて、「うっちゃり」が決まると興奮する管理人です。 決まり手ランキング(平成27年の1月場所から平成28年の11月場所までの全12場所) 参照: 1位:寄り切り 32. 禁じ手とはその時点で反則負けになるものです。 反則負けになると、力士としての評価も下がるし、相撲協会から厳重注意を受けることもあります。 禁じ手(反則負け) 相撲には勝負規定で決められた、禁じ手が8つあります。 これらは全て、反則負けとなります。 この中でも一番多いのが、2番の頭髪を故意に掴むですが、引き落としの時に髷に手が行ってしまって、反則負けになることがたまにあるようです。 2018年の3月場所で、勢が豊山の髷を掴んだとして、反則負けになりました。 勢は引き落としをした時に、指が髷に入ってしまったようです。 この時、審判から物言いがつき、審議の結果反則負けとなりました。 まとめ いかがでしたでしょうか。 相撲の決まり手についてみてきましたが、82手あるのに50%が二つの決まり手で決まっていたのが、意外でした。 レアな決まり手を出すとして、話題になるのは「宇良」ですね。 2017年の1月場所で、「たすき反り」で、天風に勝った時は人気者になりました。 先ほど宇良が天風に勝った決まり手は「たすき反り」。 十両では史上初。 幕内では昭和27年春場所以来65年ぶりらしい。 — ひがくぼきみお higakubo 決まり手も先ほど紹介したランキングでも、上位15位ぐらいまでが知っていると、相撲をみていてもほとんどがわかると思いますので、覚えると相撲観戦が楽しくなりそうです。 また、図解で解説しているサイトも参考にしながら、理解していくと相撲がいっそう面白く見れますね。

次の

決まり手八十二手

決まり手 つき手

決まり手とは? 相撲における決まり手とは、取組で仕掛けた力士によって勝ちが決まったときの技を決まり手といいます。 現在は・・・・・の82手とという5つの勝負結果があります。 また、という反則もあります。 基本技は「決まり手」とも言われており、勝敗をつけるときに力士同士が掛け合う技のことです。 大きく分けて7種類に分けられており、突き出し・押し出し・浴びせ倒し・寄り切り・寄り倒し・押し倒し・突き倒しに分かれます。 初心者の方は、まずは基本技から練習することも多いです。 そして、テレビ中継などされている相撲でも基本的には、基本技を多く見ることが可能です。 他の特殊技なども出されることがありますが、まずは基本技をマスターできるようにしましょう。 基本技一覧 相撲の投げ手とは、決まり手の一つであり、さまざまな力士が行う決め手の一つでもあります。 全てで13個の投げ手がありますが、よく使われている投げ手と使われることがほとんどない投げ手に分けることができます。 そのため、相撲ファンの方でも一度も見たことがない投げ手もあります。 投げ手は言葉の通り相手の力士を投げるようにする決まり手であり、力がある力士ではないと決めることができない決まり手が多いです。 投げ手は迫力のある決まり手が多いことが特徴的です。 投げ手一覧 相撲の決め手にはいくつかの種類に分けることができ、その中に掛け手があり、18種類の技が含まれています。 掛け手は足技を絡めて行う技が多いため、力に自信がない人でも成功させることができます。 また、体格差がある場合でも投げ手などと比べると圧倒的に仕掛けやすくなり、勝利率を高めることも可能です。 そのため、比較的小柄な力士が使用することが多いです。 18種類の掛け手の中にはあまり使用されることがない技も含まれており、珍しい決め手も存在しています。 掛け手一覧 相撲の反り手とは、決まり手の一種類でもあり、勝敗を決める大きな技でもあります。 全てで6種類の反り手があり、迫力のある技も含まれています。 大相撲の取り組みで見かけることは少ないですが、なかには反り手を得意としている力士もいます。 投げ手のように相手を投げるような反り手もあり、力技になることも多いです。 反り手の多くが相撲とは違う技のように見えてしまうこともあるほど珍しい決め手が多い特徴があります。 レスリングの技に近い反り手も多く含まれています。 反り手一覧 捻り手とは決まり手の種類の中でも数が多い決まり手の一つでもあります。 全部で19種類と豊富に用意されており、状況によって活用することができます。 決まり手の中には投げ手のような迫力のある決まり手もありますが、捻り手はそこで迫力がない場合が多いです。 迫力がない分さまざまな力士でも活用することができるメリットがあり、取り組内でも見かけることが非常に多いです。 捻り手は体を捻る動作が含まれるため、柔軟性に優れている力士が得意とする決まり手でもあります。 捻り手一覧 相撲協会が定めている決まり手は今現在82種類あります。 その内訳は、基本技7、投げ手13、掛け手18、反り手6、捻り手19、特殊技19となっています。 実は歴史は非常に古く、戦国時代には既に相撲の技を表す言葉が考えられており、その記述が戦国時代から安土桃山時代の史料「信長公記(しんちょうこうき)」に残されています。 この資料には投げ手、掛け手、反り手、捻り手の48手が既に記されているようです。 そんな古い技の中には含まれていませんが、ここで紹介する特殊技とは名前の通りなかなか難しい技の決まり手です。 中には非常に技のレベルが高く横綱などが力を見せつけるのには、ピッタリと言えるような技もあります。 その他にも、決まり手として登録されたにもかかわらず、なかなかお目にかかれない技もあります。 このように決まり手の中でも名前の通り特殊な技が多いのです。 特殊技一覧 大相撲の勝敗は技を仕掛けて、その仕掛けた技が決まって勝負がついた場合はその技のことを決まり手と呼びます。 この決まり手は、日本相撲協会で定められており大相撲の長い歴史の中で少しずつ追加されたりして変わりながら現在は決まり手が82手、非技が5つに規定されています。 非技とは決まり手ではなく、自ら勝ち星を相手にあげてしまうことなので勝負結果としての扱いになります。 大相撲だけでなくアマチュア相撲においても同様の決まり手と非技が適用されます。 非技一覧 相撲にはさまざまな技があり、決まり手の中に投げ手や掛け手などがあり、禁じ手も同じ分類に入れられてしまいがちですが、反則技のことであるため、全く異なります。 禁じ手を行うとその場で負けが決まってしまいます。 番付が低い力士ほどと行ってしまいやすく、上の番付になれば知識も蓄えられているため、禁じ手を行うことは少ないです。 そのため、番付が上の力士が禁じ手を行ってしまうとブーイングが起きやすくなり、力士の品位を損ないかねません。 禁じ手一覧 まとめ 今回は大相撲の決まり手について解説してきました。 決まり手について知っておくことで、よりテレビを楽しく観ることができたり、観戦の際も役立つはずなので、記事を参考に相撲に興味をもってもらえると嬉しいです。 SPOSHIRUおすすめ情報! こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめする お得な情報をご紹介します! ストレスフリーの超快適マスク! すぐ乾くからムレにくい スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。 ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。 何度も洗えるから臭わない 毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。 2ヶ月使えば1日33円。 もう使い捨てマスクを買う必要はありません。 整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減 崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある 『立方骨』に着目! 立方骨を支えることで、足の骨格を修正。 直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。 また、全面に『ポロン素材』を使用。 衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。 足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!.

次の

大相撲の非技をどこよりも詳しく解説!【動画付き】

決まり手 つき手

取組みで、基本技が決まり手となるケースが多くなります。 小手投げなどが決まり手として多い技になっています。 他の投げ技については殆ど出ませんが、首投げは現役力士の大関・豪栄道の得意技なのでしばしば見られるようになっています。 他の投げ技は数年単位で出るか出ないかの決まり手。 特に、掴み投げについては、平成に入ってから幕内の取り組みでは出ていない非常に珍しい決まり手です。 平成以降で三所攻めを決めたのは技のデパート・舞の海関のみで、しかも2回も決めています。 大股に関しては、昭和33年以降に決まり手として出ていない技。 三所攻めとは、片足で内掛けまたは外掛けをする。 掛けていない足を、手ですくう。 自分の頭で相手の胸あたりを押す。 これで三所攻めの完成です。 居反りは平成以降、一度も幕内の取り組みで出ていない決まり手の一つ。 十両以上では1度だけ記録されている。 撞木反りは、決まり手が制定された1960年1月から本場所・巡業のどちらでも一度も出されたことのない大変珍しい決まり手。 この技は相撲というよりも、柔道やレスリング、プロレス技に近いため出ることが無い。 掛け反りと外襷反りも撞木反り同様に出されたことが無い技。 襷反りは、現役力士の宇良が十両で2017年1月場所で出したのが十両以上では初の出来事となった。 伝え反りは、2000年に新たに制定された決まり手の一つで幕内で一度、十両で2度記録されている。 合掌捻りは2000年に新たに制定された決まり手で、幕内では1965年、十両では1987年を最後に決まっていない珍しい決まり手。 呼び戻しは全力士がやってみたいと思わせる大技の一つ!強引に相手を手前に呼び込んだあとて、その勢を使って豪快に差し投げるという大技。 元横綱・貴乃花や横綱・白鵬も決めたことのある技で、力を見せつけるには最高の決まり手と言えるでしょう。 以上の82手の他に、非技と言われる5手があります。 <非技(勝負結果):5手> 勇み足 腰砕け つき手 つきひざ 踏み出し 技では無い非技として5手がありますが、これらは自ら勝手にしてしまったものや、意図せず起きてしまったものなど。 比較的珍しくはあるが、全く出ないということもない勝負結果です。 以上が決まり手とされる82手、そして非技5手になります。 正直言って、相撲観戦していても決まり手についてはあまり分からないというのが本音でしょう。 決まり手は、結果の名前の一つと捉えて技をかけるまでの攻防や、技が決まったときの状態などを観ておくと楽しく観戦できるのではないでしょうか。

次の