マリルリ 調整。 【ポケモンGO】マリルリのスーパーリーグ最適技と対策ポケモン:最強ポケモンの一角!|ポケらく

マリルリ : 腹太鼓入りオボンマリルリ|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略

マリルリ 調整

ページ:• 投稿者:ほたる• コメント 21 みんなの評価 :• 投稿者:大天使 ポケモン復帰• コメント 10 みんなの評価 :• 投稿者:エルムズレイ• コメント 22 みんなの評価 :• 投稿者:しゅぞ 超低浮上• コメント 65 みんなの評価 :• 投稿者:10円• コメント 5 みんなの評価 :• 投稿者:たいしょー• コメント 72 みんなの評価 :• ページ:• 投稿者:orca• コメント 32 みんなの評価 :• 投稿者:秋霖• コメント 30 みんなの評価 :• 投稿者:まだお• コメント 22 みんなの評価 :• 投稿者:あ• コメント 10 みんなの評価 :• 投稿者:イブ• コメント 51 みんなの評価 :• 投稿者:マンホール坂本• コメント 11 みんなの評価 :• 投稿者:オアアアアアア• コメント 8 みんなの評価 :• 投稿者:1シン• コメント 26 みんなの評価 :• 投稿者:スーパーライジン• コメント 21 みんなの評価 :• ページ:• 投稿者:めざパ氷• コメント 41 みんなの評価 :• 投稿者:のらりくらり• コメント 25 みんなの評価 :• 投稿者:なめこ• コメント 13 みんなの評価 :• 投稿者:風の谷の名無しさん• コメント 49 みんなの評価 :• 投稿者:小巻• コメント 11 みんなの評価 :• 投稿者:サケメスイッチ• コメント 15 みんなの評価 :• 投稿者:ヤス• コメント 17 みんなの評価 :.

次の

マリルリ(はらだいこ採用型)についての育成論

マリルリ 調整

「ちからもち」による高火力• 「水・妖」の一貫性の高いメインウェポンと優秀な耐性• 「ちからもち」による高火力 フンッ! ノノ ・:゙ Aは 50と低いものの、特性ちからもちによりA実数値が 2倍となり火力が底上げされる。 A特化での実質実数値は 224、換算すると A152となり、メガ進化を抜いた一般の中で 4番目のAの高さとなる。 ちなみに1位は A181 、2位は A165 、3位はケッキング A160 で、はこれに次ぐ4位となっている。 また、耐性面も良く、無効含め7つの耐性を持っている。 耐久もほどほどにあるため、バシャや、ゲコ、ギャラなど、受けが難しいに対してタイプを駆使し受け出すこともでき、一貫性の高い高火力の攻撃で負担をかけていくことができる。 序盤有利対面から早々に崩しを行って裏のを通しやすくしても良いし、序盤は削りをいれてから終盤スイーパーのような立ち回りをして詰め筋として動かしても良い。 また、崩し性能だけでなく対面性能も高いので、崩しの役割に依存しない立ち回りができ扱いやすい。 また、6世代までは「 水・ 妖」の複合タイプはのみであり固有の役割範囲を持っていたが、同複合タイプであるレの登場によって、の受けとしての役割をレで一部代替できるようになった。 そのため、現環境ではの一貫を作りにくく、6世代に比べて単体でのパワーがやや下がった。 そこそこの受け性能と、高水準な攻撃性能を持っており、サイクルに参加させつつ返しで大きな負担を狙える点が魅力のである。 どうでもいいんですがこのかわいくないですか。 僕もにいじわるしてしっぽ光らせながら怒られたいです。 対面での遂行速度の向上• 交代先への負荷の向上• 安易な受け出しを許さず、はらだいこの隙を与えることなく サイクル破壊を狙うことができる。 また、鉢巻により先制技で縛れる範囲も広がるので、序盤雑に削りながら終盤アクジェで縛る立ち回りもできる。 他の候補技の詳細は下記で。 また、殴り合う相手や受け先が物理が多いので、AB振りも少々。 詳しくは下記参照。 ミラーなどを意識したい場合は、何かのを削ってSラインを上げてください。 以下、調整案。 鉢巻型や腹太鼓型などのような強力な攻撃性能はないが、1撃で落とされる対面が少ないため 行動保障があり最低限の仕事がしやすく、「広く浅く」のような立ち回りができる型である。 他の候補技の詳細は下記で。 火力重視なら。 腹太鼓による抜き性能が欲しいので、61族抜きあたりが多め。 また、殴り合う相手や受け先が物理が多いので、AB振りも少々。 詳しくは下記参照。 ミラーなどを意識したい場合は、何かのを削ってSラインを上げてください。 以下、調整案。 「はらだいこ」による崩し性能• ノーマルZによりHPが1でもあれば腹太鼓が打てるので、 積み機会を確保しやすく崩しや通しを狙いやすい。 仮想敵を考えて採用しましょう。 腹太鼓による抜き性能が欲しいので、61族抜きあたりが多め。 また、殴り合う相手や受け先が物理が多いので、AB振りも少々。 詳しくは下記参照。 ミラーなどを意識したい場合は、何かのを削ってSラインを上げてください。 以下、調整案。 「はらだいこ」による崩し性能• また、オボンのみによりHPが半分を切ると受動的に回復できるので、サイクルや殴り合いの中での疲弊を軽減でき、崩し以外の場面でも活躍できる。 仮想敵を考えて採用しましょう。 腹太鼓による抜き性能が欲しいので、61族抜きあたりが多め。 また、殴り合う相手や受け先が物理が多いので、AB振りも少々。 詳しくは下記参照。 ミラーなどを意識したい場合は、何かのを削ってSラインを上げてください。 以下、調整案。 対面での遂行速度の向上• 詳しいことは下記の参考文献をご覧ください。 @1は面倒なゴーリやバトンなどを流せ起点回避もできる滅びの歌が多い。 また、殴り合う相手や受け先が物理が多いので、AB振りも少々。 詳しくは下記参照。 ミラーなどを意識したい場合は、何かのを削ってSラインを上げてください。 以下、調整案。 草タイプへの不利関係の逆転• 特には「ちからもち」の個体が多く、元が水タイプなこともあり「草タイプに弱い」というイメージが強いため、相手の草タイプの選出と対面での草技を誘導しやすい。 選出と対面での草技を誘発させ、役割を腐らせることで 選出アドバンテージを得ることができる点が強み。 また、滅びの歌が採用されることが多く、バトンやゴーリなどのギミック系統への流しや、相手のラス1への詰め、起点回避など、タイプ受け以外の強みもある。 しかし、攻撃性能、受け性能ともに貧弱で、攻撃面では、火力が低く削りを毒によるスリップダメに依存しており、防御面では、数値不足によりタイプ受け以外の受けが難しい。 単体でのパワーが低いので 汎用性は低く、役割が限定的になりがちな点が弱みである。 持ち物は、ナットやカグヤなど低速耐久への役割を意識するのであれば残飯、メガバシャやリザなど火力の高いへの受けや殴り合いを意識するのであれば混乱実。 さらに詳しいことは下記の参考文献をご覧ください。 ラス1滅び意識でS下降補正もありみたいです。 しかし、仮想敵がだれかわからずSを下げるメリットが僕にはわかりませんでした。 知っている方いましたらご教示ください。 やガッサの遂行スピードを意識するのであれば、れいびやじゃれも候補。 以下、調整案。 ただし、ねっとう2回の場合、無振りでも87. 5%の乱数で耐久に少し振られると怪しいため、なるべく毒を打ちたい。 脳内シミュレーションなので、間違いがあればお申し付けください。 まもるをしない理由はまもるにを合わせられたら負けるため。 岩石を3回までしか耐えないので、岩石が見えたらを切り、まもるをどこかで1回挟む。 脳内シミュレーションなので、間違いがあればお申し付けください。 妖耐性のないやつはなるべく水技に合わせたい。 や、などの物理受けも耐性や数値を盾に一見受かりそうだが、腹太鼓で簡単に崩されるので対策枠とは言い難い。 バナが恐らく最安定。 対策というよりは誤魔化しが正しい。 腹太鼓アクジェが怖いだけなので、それを止めることができ汎用性を損なわない猫ガルやミミガッサテテフで処理をする。 ただ、を対策したい構築は受け回し系統だと思うので、受け回し系統に組み込みやすい汎用性のある対策枠としてならがオススメ。 汎用性を犠牲にしても良いなら、襷バレルとかでも対策できる。 裏にバシャやゲコ、などの以外でなかなか止まらないようなを置けると役割集中の形が作れ一貫を狙いやすい。

次の

マリルリ (まりるり)とは【ピクシブ百科事典】

マリルリ 調整

力持ちならほぼ必須。 ウツロイド、エンニュート、フェローチェに有効 ・はたきおとす【ORASの教え技】…ゴースト・エスパーに抜群を取れる。 相手の道具を消失させる効果もある。 ポリ2などの輝石持ちに撃ちたい ・ばかぢから【ORASの教え技】…岩・鋼・氷・ノーマル・悪対策に ・アクアテール…威力の高い水技 ・じゃれつく…フェアリーのメイン技。 ガブリアスやアクジキングを安心して狩ることができる。 ・じならし…地面タイプの物理技。 相手の素早さを一段階下げる効果もある ・かわらわり…ばかぢからと違ってデメリットが無い。 状況に応じて、腹太鼓せずに攻撃する運用と、攻撃6段階アップのアクアジェットでの全抜きを使い分ける。 腹太鼓をしなくても十分火力があるため、柔軟な運用ができる点が極めて優秀。 HPはHP最大の状態で腹太鼓を使用した際に必ずオボンのみが発動するように2n(偶数)調整する。 HP252振りだと実値が207なので不可。 4n調整にするとオボンの回復効率に無駄がない。 マリルリの場合、HP実数値206より204の方が、HP,防御,特防のバランスが2:1:1に近づくため合理的。 相手にファイアローがいる場合、腹太鼓をした後はA146鉢巻ブレイブバードで高乱数圏内に入ってしまうので留意。 突撃チョッキにより繰り出し性能を高め、序盤は一貫性の高い技を撃ち、終盤はアクアジェットで抜いていく。 HP252振りでHBDが207-100-100となり、最も硬くなる2:1:1の比率と比べHPが高くなる。 定数ダメージや207が16n-1という切り良い値であることを差しおいて最も硬くなるように振るならば、少しHPを削ってBDに回す。 ようきは交代フシギバナなどを捨て身タックル2発で落とすことを狙う場合採用。 総:序盤は高火力による切り崩し、終盤に高火力アクアジェットの高い掃除性能。 こちらの型はサイクル戦向きと言えるだろう。 ただしはらだいこ型のような「隙を見て全抜きを狙う」は難しく、 サイクル繰り出し性能自体は下部のチョッキ型に劣る。 総:どちらもサイクル戦向きのため、「高火力アタッカー」「終盤の掃除役」「広範囲アタッカー」 「高い繰り出し性能」のどれが必要か、パーティに応じて決めて採用すると良い。 龍の舞カイリューなどにも対面からほぼ負けなくなる。 風船を持つことで有効打を神速のみにでき、またその神速は確定耐えする。 カバカイリューが厳しいパーティの場合でも風船は有効と言えるだろう。 また前述の通りガブリアスはほぼ流せるので、はらだいこを搭載し全抜きを狙うのも一考。 ガブリアスの採用率の高さから十分に起点を狙うことができる。 出典 ポケモン第七世代(サン・ムーン)・対戦考察まとめWiki - マリルリ.

次の