腰痛 左側。 腰痛で左側や右側だけ痛む原因とは?片側だけ痛む腰痛について。

女性の腰痛で左側の時とは?

腰痛 左側

「腰痛を繰り返しているけど、いつも左側に出る…これって何だろうと疑問に思っている」 「もしかしたら危険な病気が隠れているのかと不安になっている」 このブログはこのような悩みを抱えているあなたに向けて書きました。 左の腰が痛い… 腰痛は右側・中央・左側と様々な位置に起こりますが、特に片側に起こる方も多いです。 それは筋肉や関節だけが原因ではない場合も隠れています。 では左側の腰痛が出た場合はどのような原因や病気が隠れているのでしょうか?そこで今回は左側に出る腰痛の病気、原因、対処法も含めてお伝えしていきます。 このブログをご覧いただき、少しでも不安が無くなってくれればと思っています。 左側の腰が痛くなる内臓の病気 左側の腰が痛くなる時に考えられる病気は内臓疾患が考えられます。 当てはまる病気は以下の通りです。 すい炎、すい臓がん• 腎盂腎炎、腎結石 ではこの病気に対して詳しくお伝えしていきます。 すい炎・すい臓がん 急性膵炎は、すい臓が突然炎症を起こした状態です。 多くの場合は過度の飲酒後や脂肪が多い食事後、胆石によって引き起こされます。 左上腹部から背部まで耐えがたい痛みが症状として出るのが特徴的です。 また、以下のような症状が出ることもあります。 ・腹部が腫れて柔らかい• ・吐き気・嘔吐を伴う• ・発熱• ・頻脈 症状や種類によって重症度は異なります。 すい炎はすい臓がんを発生させる危険因子となっています。 特に慢性すい炎の場合、診断から20年以内に発症する確率が約4%。 遺伝性すい炎は障害に渡っ発症する確率が40%あると言われています。 まずは、病院で検査を受けるようにしましょう。 腎盂腎炎・腎結石 腎盂腎炎は、腎臓に細菌が感染する病気になります。 本来腎臓には細菌はありませんが、尿路から細菌が侵入して感染するケースが多くあります。 腰の痛み以外に以下のような症状を引き起こします。 ・背中の痛み• ・高熱• ・排尿痛• ・頻尿• ・残尿感• ・全身の倦怠感 特に腎盂腎炎の場合は細菌が全身に広がった場合命の危険性もあります。 敗血症や血圧低下、急性腎不全、多臓器不全などになる可能性もあるので、早急に病院で検査を受ける必要があります。 また腎結石は場所によって名前が変わります。 場合によっては無症状のこともありますが、尿管に結石がある場合は激痛を伴います。 レントゲンや超音波で診断可能になるので早急に病院に行く必要があります。 膵炎、膵臓がんなど「耐え難い痛み」がある場合も同様です。 病気以外で左側の腰が痛くなる原因 内臓の病気以外で左側の腰痛が起こる可能性がある原因は、以下の筋肉や関節が関係していることが多くあります。 ・腰方形筋• ・脊柱起立筋• ・殿筋• ・仙腸関節 ではこの3つについて解説していきます。 腰方形筋 腰方形筋は腰に手を当てる時に親指が当たる位置になります。 肋骨と骨盤を繋いでいる筋肉になるので、腰の部分を支える働きがあります。 この部分はぎっくり腰になった場合に原因となることが多く、腰が辛くなった時に押したり押されると痛気持ちいという感覚を得られることが多いです。 特に長時間座りっぱなしのような方はこの筋肉に負担がかかって腰やお尻まで痛みを伴います。 脊柱起立筋 脊柱起立筋は3つの筋肉で構成されて骨盤から首までつながっている筋肉になります。 上半身のバランスを保つ、後ろに反らす、回旋させる役割がありますが、デスクワーク時に背中の違和感や痛みを感じた場合は多くの場合この脊柱起立筋が関係しています。 長時間同じ姿勢を続けると、筋肉も疲労し痛みに繋がり易くなります。 殿筋 殿筋は大きく分けると大殿筋、中殿筋、小殿筋と3つの筋肉に分けることが出来ます。 特に大殿筋はお尻の膨らみを作る筋肉となります。 大きいという事はそれだけ負担を大きく受けやすいということです。 ですから長時間座っていたり、立ちっぱなしが続くと負担を受けやすくなり筋肉が硬くなることで場合によっては、太ももまでの痛みやしびれに繋がり易くなります。 仙腸関節 仙腸関節は、骨盤の仙骨と腸骨の間にある関節となります。 この関節部分の動きが少なくなることで痛みを引き起こすとされていますが、実際動く範囲は3~5mm程度と言われています。 仙腸関節が原因となる腰痛の場合は以下のような特徴があります。 長時間椅子に座ることが出来ない• 仰向けに眠ることが出来ない• 痛みがある側を下にして眠れない• 前かがみで腰が痛い 腰痛以外には足の痛みが起こることがあります。 腰部脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどでも起こる坐骨神経痛が起こることもあるので鑑別する際に注意が必要です。 内臓の病気ではない左側の腰痛対処法 左の腰だけが痛い場合の対処法をお伝えしていきます。 整形外科に行く 内臓疾患や感染症の場合はレントゲンやエコー、超音波検査、血液検査などで鑑別することが出来ます。 内臓疾患や感染症の場合は命の危険性も含まれているので、まずは整形外科でしっかりとした検査を行いましょう。 また内臓疾患の場合は、「特に何もしていなくても痛む」という特徴がありますが無症状の場合もあるので、自己判断しないことが得策です。 ストレッチを行う 特に整形外科の検査で異常が見つからず、筋肉や関節が原因となっている場合はストレッチをこまめに行うことがオススメです。 秒数は目的によっても変わってきます。 ある研究では静的ストレッチをした場合、6秒間行った場合は関節可動域は変わらず、筋出力が向上。 30秒間行った場合は関節可動域が向上し、筋出力が低下したという研究結果が出ています。 日常では30秒程度伸ばす関節可動域を向上させた方がいいでしょう。 では、以下のストレッチを実際に試してみましょう。 腰方形筋のストレッチ• 仰向けの状態で片側の膝を胸の方に引き寄せる• 腰を捻るように腰からお尻にかけて適度に伸ばす これを片側2~3回繰り返すようにしましょう。 床に座って片足を伸ばし、もう片方は曲げます。 上半身を横に倒してわき腹をストレッチしていきます。 これを片側2~3回繰り返すようにしましょう。 脊柱起立筋のストレッチ• 座った状態で両足を伸ばして上半身を90度に保つ• 片側の膝を曲げて反対側に足を回す• 組んだ足の方向に手を持っていき状態を捻る これを片側2~3回繰り返すようにしましょう。 殿筋のストレッチ• 仰向けになった状態で両膝を立てる• 片方の足首 外くるぶし を反対側の膝の上に乗せる• その体勢から太ももを胸に向けて引き寄せる お尻から太ももにかけて伸びている感じがあればOKです。 これを片側2~3回繰り返すようにしましょう。 また、伸びている感じがしない場合はすねの部分を持って胸の方に引き寄せるようにしてみて下さい。 椅子に腰を掛けて、足が床にしっかり着く高さに調整します。 片側の足首 外くるぶし を反対側の膝の上に乗せる• その体勢のまま、上半身を前に倒していく 背中を丸めないで行なうことがポイントです。 これを片側2~3回繰り返すようにしましょう。 椅子に座ってやや浅めに座って上体を安定させる• 捻る方とは逆の手を後ろの背もたれに持っていき、逆手は椅子を掴むようにする• 上体を捻っていき、ゆっくりと捻る これを片側2~3回繰り返すようにしましょう。 仙腸関節のストレッチ• 仙腸関節の部分を確認する為お尻の割れ目の上に拳を当てる• テープなどで固定した2つのテニスボールを拳の上に当てる• 仰向けになってボールの位置がずれないように寝る この状態を1~3分キープしてみましょう。 テニスボール以外には「骨盤職人」と言われるグッズも販売されています。 腎盂腎炎やすい炎、すい臓がんは命の危険性もあるので、まずは整形外科を受診して検査を受けましょう。 またレントゲンや超音波と言った画像診断や血液検査などで診断できます。 しかし無症状の事もあるので、一度適切な検査を受ける必要があります。 特に整形外科の検査で異常が診られなかった場合には筋肉や関節といった場所が原因となって起こっている可能性も高くなります。 腰方形筋、脊柱起立筋、殿筋、仙腸関節が主な原因となりやすいのでストレッチを行って負担を軽減させていきましょう。 動かす範囲を広げたい場合は約30秒間のストレッチを行うようにしましょう。 あなたの腰の痛みがいち早く軽快する事を願っています。 pancan. php?

次の

左側の腰痛は内臓の病気?!内臓の病気ではない腰痛の対処法

腰痛 左側

腰痛の原因とは? 人間の背骨は、長い進化の過程で、一番重い頭を支えるために、バランスのとりやすいS字へとカーブしました。 骨の中でも、負担のかかりやすい首と腰は、痛みの出やすい場所のため、肩こり・腰痛に悩む方は多くいらっしゃいます。 なぜ腰痛になってしまうのかというと、じつはさまざまな原因が存在しているのです。 腰痛の主な原因は?• 老化による腰痛• スポーツや肉体労働などでの腰付近の酷使• 重いものを持ち上げたり、転倒などによる衝撃• 精神的なストレス• 内臓などの病気から来る痛み• 骨粗しょう症による骨の異常 これらは、男性にも女性にも共通する腰痛の原因です。 この中で、女性の場合に注意したいのが、 内臓などの病気から痛みです。 内臓には痛みを感じる神経がなく、異常が発生した場合でも痛みのサインを発することができません。 そのため、周囲の筋肉や神経が痛みを訴え、腰などの比較的遠い部位に痛みを感じることがあります。 腰痛の原因を調べていったら、 実は内臓の病気が見つかった、という話は実際よくあることなのです。 そして、意外にも腰痛は、 精神的なストレスによっても引き起こされることがあります。 思い当たる外傷もなく、内臓にも異常がない場合には、 心因性の腰痛と診断されることも少なくありません。 スポンサードリンク 右側・左側の腰痛で考えられる病気とは? 腰が痛い!と悩んでいるときに、腰全体が痛むのではなく、左右どちらかが痛いということはありませんか? 痛むのが右なのか、左なのかで、考えられる原因が異なってきます。 その原因の中には、女性特有の病気が潜んでいる可能性もあります。 骨盤のゆがみによる腰痛 左側重心痛、右側重心痛 左右どちらかの腰が痛い場合、まず考えられるのは骨盤のゆがみです。 左右どちらかの肩にいつも重いものを持っている、どちらかに偏った姿勢で長時間座っている・立っている、などといった、日常生活から骨盤が歪み、痛みが出る症状です。 真っ直ぐ立っているつもりでも、どちらか一方に傾きが出ているため、第三者からの目視が可能です。 子宮・卵巣の病気による腰痛 卵巣の病気 女性には、腰のあたりに卵巣・子宮といった臓器があります。 左右どちらかに腰痛を感じる場合、その卵巣や子宮に異常がある場合があります。 考えられる病気は以下の通り。 子宮筋腫• 卵巣嚢腫• 子宮内膜症• 子宮頸管炎• 月経困難症 これらは腰痛と同時に下腹部痛や腹部の膨張感、大量の出血やいつもより重い生理痛などといった異常を伴います。 右側か左側の、どっちが痛むかによって、左右どちらかの卵巣に異常があるかを調べる目安になります。 また、女性の場合、妊娠初期の段階でも激しい腰痛を感じることがあります。 いずれも、腰痛が長引く場合には早めに医師に相談しましょう。 その他の臓器の病気による腰痛 女性に限らず、左右どちらかに腰痛がある場合、以下のような内臓の病気の可能性があります。 右側に腰痛がある場合• 肝臓の病気• すい臓の病気• 腎臓の病気(右側)• 上行結腸の病気• 虫垂炎 左側に腰痛がある場合• 胃の病気• 膀胱の病気• 脾臓の病気• 腎臓の病気(左側) 腰痛の原因は、大きく分けると、 筋肉や骨盤のゆがみによる痛みと、 内臓疾患による痛みに分けることができるのです。 腰痛の原因がどちらなのかを見分けるためには、以下の点をチェックしてみましょう。 鈍痛が長引く場合や、痛みが強くなった場合は、速やかに医療機関を受診しましょう。 おわりに 腰の痛みは、動くのが億劫になるほどつらいものですよね。 女性の場合は、生理痛によっても腰痛を引き起こすことがあるため、毎回気が重いという方も多いのではないでしょうか? しかし、「いつもの生理痛でしょう」と思っていて放置していると、思わぬ病気につながることがあります。 いつもと違う、と感じたら、放置せずに早めに医療機関を受診しましょう。 大切なのは早期発見・早期治療です。

次の

腰痛の危険度セルフチェック。原因や症状、対処法・治療の注意点

腰痛 左側

腰痛の痛みが動きによって変化するものを骨格(骨・筋肉・関節など)が原因になっていることが多く、 動きによって痛みの変化がないものを内臓が原因で起こっているものが多いです 原因になる内臓の病気は、腎臓・子宮・卵巣など、です。 腎臓が原因で左腰が痛みが出る 腎不全・尿路結石になっている可能性があります。 腎不全は急性と慢性に分けられます。 急性腎不全の場合 急性は、細菌感染などで腎臓が炎症を起こすしています。 血尿が出て子どもの感染が多いそうです。 慢性腎不全の場合 糖尿病・高血圧が原因になっていることが多く。 自覚症状は少ないが、疲れやすかったり・むくみ・貧血などの症状が出やすい。 塩分・たんぱく質を控えた食事療法で悪化しないようにする。 尿路結石の場合 おしっこが出て行く途中に、なんらかの原因で石が出来て、おしっこが流れない病気。 かなりの激痛が起こるそうで、うずくまったり失神する人もいるそうです。 食事の欧米化が原因と言われている。 尿路結石は食品添加物が原因? 食品添加物(リン酸)の多い食事を続けていると、血液中でカルシウムとくっつきリン酸カルシウムが尿路結石の元になるという話があります 女性は要注意!子宮が原因で左腰に痛みが出る 腰の痛みの原因が子宮内膜症や子宮筋腫の可能性もあります。 子宮内膜症 子宮内膜症は、20〜30代の女性に最近 増えている病気です。 年齢とともに症状が出てくる病気で、子宮内膜の細胞が本来ない場所に組織を作ることを言います。 本来無い所に出来た組織も月経と同じように血液をしていきます。 ですが、子宮以外では血液を出すことが出来ず同じ場所に血液がたまってしまい症状が出てくるようです。 子宮筋腫 子宮筋腫とは5人に1人がかかっていると言われています。 子宮の筋肉が変化した良性の腫瘍です。 4人に1人が子宮筋腫を持っているといわれています。 小さいうちは、自覚症状もなく治療も必要ないですが、悪性になることもあるようで 定期的に検診を受けて悪性に変化していないかをチェックする必要があります。 子宮筋腫の症状は、腫瘍が大きくなることで月経量が増える。 レバーみたいな血の塊がある。 などの症状がでてくる。 子宮筋腫が大きくなると、生理痛も強くなって生理の日数が10日以上続くようになります。 月経時の症状が強くなると「生理がつらい」と思うようになったら、子宮筋腫の可能性があります。 また、頻尿、下腹部痛、便秘などの症状も一緒に出る人も多いです。 卵巣が原因で左腰に痛みが出る 卵巣のう腫や卵巣がんになっている可能性があります。 卵巣のう腫 卵巣のう腫は、本来自覚症状はでませんが、大きくなってくると腰に痛みを感じるようになっていきます。 卵巣のう腫が小さいうちは腰の痛みは出ないようです。 良性の腫瘍が多いですが、先ほど、紹介した子宮内膜症の合併症状で卵巣に癒着して起こる 【チョコレートのう腫】は生理のたびに腰の痛みがひどくなってくるケースがあります。 卵巣がん 卵巣のう腫と同じく、卵巣がんの初期に症状は出てきません。 ですが、不正出血や痛みが出てきた時にはすでに進行していることがあるそうです。 大きくなった腫瘍が腸や膀胱周囲の神経を圧迫するようになると、下腹部に張った感じや痛みが出てきて 頻繁におしっこに行ったり、おしっこが出にくかったり、便秘、不正出血など様々な症状が出てきます。 卵巣に出来たガンが大きくなって神経を圧迫して腰に痛みを出していると言われています。 筋肉のアンバランスで左腰に痛みを出す ここまで、左腰の痛みになる内臓が原因のものを紹介してきましたが 気が重くなっていませんか? 私は書いていて気が重くなってきました。 理由は、ABC整骨院には「どこに行っても治らない左腰の痛みの人」が 多く来院されていますが内臓が原因の人は、年に2人くらいしか、いません。 ほとんどの左腰の痛みがある人は、これから紹介する。 【筋肉のアンバランス】が原因です。 筋肉のアンバランスによって起こる左腰の痛みの特徴は• 楽な姿勢があり、左腰に痛みが少ない。 左腰に痛みがあっても痛みに変化がある。 痛みが出る姿勢・動きがある。 左腰の筋肉が伸ばされやすい姿勢・動きによって 痛みの強弱が出てくるのが、筋肉が原因の左腰の痛みの特徴です。 筋筋膜性腰痛といわれる筋肉が原因で左腰に痛みを感じる場合、• ぎっくり腰のような激痛• 腰痛が重く感じるような鈍痛 どちらも筋筋膜性腰痛の代表的な症状になります。 筋肉のアンバランスがどのように左腰の痛みを作っていくのか? 紹介します。 大前提の話なんですが、左腰の痛みがある。 のは・・・。 左腰の筋肉が引っ張られているから腰が痛い!んです。 筋肉が縮こまっていたんじゃないですよ。 伸ばされて、左腰に痛みを感じているんです。 だから、• 揉んじゃダメ!• 引っ張っちゃダメ! 伸ばされて痛くなっているのを知らない。 整骨院・整体院・鍼灸院・病院の先生が多い!というか みんな、知らない。 だから、治せないんです。 どこの筋肉が左腰の筋肉を伸ばすのか? これが、治療になるんですが紹介します。 ふとももの筋肉• おなかの筋肉• 胸の筋肉• 首の筋肉 人によって、日常生活によって、違ってきます。 でも、共通して言えることは 痛みの感じている左腰は被害者だと思って下さい! 治さないといけない場所は、他の筋肉です。 ABC整骨院での左側の腰痛の施術は 紹介した【左腰の筋肉を伸ばす原因】を治療対象とします。 伸ばされている左腰は被害者。 左腰を伸ばしている原因が加害者。 根本治療が必要と考えているので加害者が 『どこで? どうすれば被害を出さないようになるのか?』 考えて治療しています。 結果、左腰を触らずに痛みを改善することが出来ます。 では、実際に施術を受けた方の感想を紹介します。 長年、腰痛が治らなかった38歳女性 長年 腰痛に悩まされ整形外科や整骨院に通っていました。 朝、起き上がる時に痛かったり何かしようと動かした時に激痛が走ったり・・・ それを我慢しての生活でした。 しかし、治療してもらった その時から一緒にして身体が軽くなったような・・・ 今までとは違う感覚でした。 特に、痛みがあった部分を治療してもらう訳ではなかったのですが 本当に楽になりました。 これからも続けて通いたいと思っています。 どうですか? 左腰が痛くても、左腰を触らずに治すことが出来ます。 この方の場合、股関節の動きが良くありませんでした。 自分で治したい人 しっかり治したくても治療に行く時間がない。 そんな人も多いと思います。 忙しくしている人が多いですが、 自分の癖は、自分ではなかなか分かりませんし、 間違った方法をしていると改善どころか、ヒドくなる可能性もあります。 ですので、しっかりアドバイスをしてくれる所に 1度行ってみてはいかがでしょうか? 【まとめ】 左腰の痛みには、内臓と筋肉のアンバランスの原因がある。 内臓が左腰の痛みの原因になるものは 腎臓・子宮・卵巣がある。 楽な姿勢があって左腰に痛みが出ない。 左腰に痛みがあっても痛みに変化がある。 痛みが出る姿勢・動きがある。 筋肉のアンバランスが原因の場合、 痛みのある左腰は筋肉が引っ張られているから! だから、 ・揉んじゃダメ! ・引っ張っちゃダメ! 左腰の筋肉を伸ばす筋肉は ・ふとももの筋肉 ・おなかの筋肉 ・胸の筋肉 ・首の筋肉 痛みの感じている左腰の筋肉は被害者。 被害者を減らしませんか?.

次の