エロゲー 世界 で 39 歳 の おっさん が ts 逆行 し て 人生 を やり直す 話。 オススメTS作品一覧(コピペ)

ユウシャ・アイウエオンのブックマーク一覧

エロゲー 世界 で 39 歳 の おっさん が ts 逆行 し て 人生 を やり直す 話

松田圭史 ( まつだよしふみ )、39歳。 体が動かなくなってもう丸5年、6年目に入った今もずっとそんな事を考えている。 元々頭の出来がいいとか運動神経がいいとか、そういう上等な人間ではなかった。 顔だって人が避けるほどブサイクだし、デブの中のデブと言ってもいいくらいに太っている。 それでもなんとか駄目人間なりに生きてきたが、ある日突然ベッドから起き上がれなくなった。 体は重く怠いし、錆びついた様に動かない。 母親に助けを求めたら返ってきた言葉は『仕事はどうするんだ』と冷たい一言、父親も似たようなものだった。 ここで初めて明確に『死にたい』と思ったもんだ。 病院に連れて行ってもらって色々な検査を受けさせてくれた事には感謝してる。 でも結局、症状の原因は一切出てこなかった。 何せ地元じゃ結構デカイ病院のお医者先生もお手上げ状態で、『この結果と目の前の患者の状態が一致しない、ありえない』と暗に仮病じゃないかとまで言われたんだから。 もちろん動けなかったから働ける訳もなく、派遣社員だったけど当然契約切られて事実上のクビ。 なんとか貯めてた貯金使って、別の病院で診てもらって精神的なものなんじゃないかって診断が降りた。 で、そこからまた隣県の病院に紹介状書いてもらって、ようやく鬱だろうと診断された。 精神科の主治医は元々認知症が専門らしいが、一応精神全般の治療ができるらしい。 彼曰く精神状態によって体に影響を及ぼす事はあるとの事で、検査しても何にも悪いところが出てこないならそれが原因だろうと。 どんな影響が出るかわからんのが精神の厄介なところって言ってたが、本当だよ。 この頃になると一応誰かに支えてもらったら動ける様になってたし言動がまともだったから、それが結果的にはよくなかった。 結局自立支援っていう医療費が1割負担になるのと、3級の精神障害者手帳ぐらいしか福祉の支援は受けられなかった。 色んなところに電話しまくったんだけど無理で、何かあった時は障害者年金がライフラインだかセーフネットだかになるっていうけどとんでもない。 この国では決められた枠から外れたところで症状が出たら、最低限の支援しか受けられない事がよくわかった。 それでもありがたかったけどね。 その後も県内の病院に転院してそこの女医に『身体表現性障害』って病名に変えられたり色々な事があったんだけど、結局こないだの診察で『もしかしたら新しい薬が出てきたとして、それが貴方の症状を改善するかもしれないけど、それ以外には貴方の病気をどうこうする方法はありません』と完治はほぼ不可である事を告げられた。 向精神薬やら不安に効く薬やら、色んな種類の薬をこれまでも処方されてきたけど、どれを飲んでも特に何も変わらなかった。 死にたい気持ちも無くならず、どんどんダウナーになって自殺の段取りや実行方法を考える日々に特に変化らしきものは何一つなかった。 救われたとしたら今の病院に移った時に受けたカウンセリングで、カウンセラーさんからもらった一言か。 それまで俺はずっとこうなったのは自分だけの責任だと思っていた。 こんな息子で申し訳ない、迷惑かけて申し訳ないって両親にずっと謝っていた。 でもそうじゃなかったんだ。 カウンセラーさん曰く、沼地に家を建てても安定しないと話してくれた。 つまり貴方が全部責任を背負い込む必要はない、話を聞いていると貴方の両親の接し方や育て方にも問題があった様に思うと。 思い返すと仕事人間だった親父はほぼ子育ては母親任せで、強く叱る時にしか登場しなかったからただの怖い人という印象だった。 そして母親は……全部語ると長くなるので短く言うと、自分が一番大事で謝ることができない人間というのが一番わかりやすいだろうか。 彼女も子供の頃に死にかけて体を壊してから色々歪んだんだろうが、俺の駄目な部分を作り上げたのは彼女だったと今ならば断言できる。 でも全部を両親のせいにするつもりはない、何度も言うが俺自身の問題はたくさんある。 でも自分ひとりで背負う必要はないと言ってもらえた事で、ほんの少しだけ救われた気がしたんだ。 体は動かない、金はない、精神的にゴリゴリ削ってくる両親は一緒に住んでるというこの八方塞がりな状況だ。 ベッドでずっとモヤモヤと考えていると、突拍子もない考えも浮かんでくる。 突然だが、俺は女性に生まれたかったと思った事が何度かある。 きっかけは中学生の頃の夏休みに、半日ずっと眠っていた時に見た夢だった。 その中で俺は特別な美人でもなければ、目を背ける程の醜女でもない、何の変哲もない女性になっていた。 でも夢の中で可愛い服を選んだり、色とりどりの下着の中から気に入る物を探したりするのがすごく楽しかったんだ。 さすがに中学生だったからメイクの知識もなかったので化粧はしなかったが、髪をリボンで結んだりすると胸が高鳴った。 別に恋愛対象が男性だったり、女装を趣味にしている訳ではない。 ただその夢を見た後から、何度か自分が女性だったらという空想を楽しむ事が多かった。 生まれてこれまで女性と付き合うどころか手を繋いだ事もないのも何か影響しているのかもしれない。 仕事で追い込まれている時に同性の同僚に手伝ってもらってドキッとした事もあったから、もしかしたら潜在的にそういう気もあったのかもしれないが。 そんな訳で、最近は女性に生まれていればもっと違う人生もあったのではないかと逃避の様に考える事が多かった。 いつもならば結局ままならない現実に引き戻され、鬱々としながらも現状を受け入れるのだが、今日はどこか様子が違った。 電気の点いていない部屋だから一際まぶしく天井の一部が光っているのがわかる、そこからまるで変声機を使った様な声が聞こえてきた。 「ならばやってみるがよい、一度だけチャンスをやろう」 その言葉の意味を理解した途端、まるで頭を押さえつけられているかの様に頭にとてつもない重力がかかる。 『は?』とも『どういう事なのか』とも『そもそもお前は誰なんだ?』と当たり前の反応や問いかけも許されないまま、俺の意識は真っ暗な闇に飲み込まれていった。

次の

残虐皇帝の花嫁

エロゲー 世界 で 39 歳 の おっさん が ts 逆行 し て 人生 を やり直す 話

作者:• 長すぎる前髪、時代にそぐわない分厚い瓶底眼鏡、さらに華奢で色白な主人公、榊慎太郎は入学以来、クラスメイトから無視、暴行といういじめを受けていた。 学校には友達もおらず、家には義母と義妹に邪険にされる生活。 嫌気がさした慎太郎は自殺をしようと、家に帰るのだが、その途中、謎の青年に声を掛けられる。 現実世界[恋愛] 連載:全25部分• 年の差 スクールラブ 青春 ざまあ シリアス ダーク 学園 現代 男主人公 イジメ• R15 残酷な描写あり• 作者: ほっかいろ• 女優追っかけて上京した少女が転生して子役になる話。 ヒューマンドラマ[文芸] 連載:全47部分• 日常 青春 私小説 転生 子役 チート 友情 弟子師匠 女主人公 ライバル 現実世界 学園もの(一部)• 作者:• 宿屋兼食事処、宵闇亭。 元冒険者の主人が自ら仕入れた素材で作る絶品料理は、数多くの常連に愛されている。 そこで働く幼い看板娘、エルは……転生者である。 異世界の言語は全く理解できないけど、元気と笑顔があれば意外となんとかなる! 何故か異世界の人々にやたらと可愛がられるけど、今日も元気に接客だ! エル視点: (常連さんが主人を指差しながら「ーー」と繰り返している。 もしかして、主人の名前かな? 真似して呼んでみよう) 「ーー!!」 異世界言語視点: 「ぱぱー!!」 「おっ……い、今……エルが……俺のこと……パパって……!!」 「いかん! 刺激が強すぎて主人が倒れたぞ!!」 大体こんなノリ。 基本的に12:00更新です。 宜しくお願いします。 ハイファンタジー[ファンタジー] 連載:全24部分• 日常 ほのぼの ハッピーエンド グルメ TS エルフ 父娘 勘違い 幼女 優しい世界• 作者:• 病に倒れて既に5年以上寝たきりで過ごしている松田圭史、彼は病床でこれまでの人生を後悔と共に振り返っていた。 自分がこうなったのは家族のせいだ、そして女性に生まれていたらもっと楽しい人生が待っていたはずなのに。 そう考えた瞬間、どこからともなく声が聞こえて松田の意識は闇に飲まれる。 次に目が覚めた瞬間、彼は昔住んでいた懐かしいアパートの一室にいた。 その姿を女児の赤ん坊に変えて。 不要な方は設定から表示しない様にしてください。 ヒューマンドラマ[文芸] 連載:全66部分• R15 残酷な描写あり• 作者: 那花しろ• 小さい頃から私の周りにいる小さな光たち、大きくなるにつれてハッキリと見えてきた、かわいらしい精霊たち、皆が見えてないなら、私も知らないふりをする。 それがこんなことになるなんて。 第二王子に婚約破棄されたら、次は隣国の王太子様。 異世界[恋愛] 連載:全23部分• 中世 ハッピーエンド ざまぁ小 精霊 アイリス大賞5• 残酷な描写あり• 作者:• この学校には『松坂陽介』が二人いる。 読み方も漢字も全く同じな同姓同名『松坂陽介』が二人いるのだ。 一方は人気者で超絶イケメン。 誰から見てもリア充な『松坂陽介』。 もう一方は、その陰に隠れてしまった不遇で凡人の空気な『松坂陽介』。 そしてこの物語は後者、不遇で人気のない惨めな学生生活を送ってきた方『松坂陽介』が主役の逆転恋愛物語である。 現実世界[恋愛] 連載:全13部分• スクールラブ 青春 ラブコメ ハーレム ざまぁ 気づけば高スペック 不遇 鈍感 美少女 学園 恋愛 ひねくれ 高校生 スポーツ• 作者:• ぼっちで冴えない高校生である間宮健人。 彼はクラスの最底辺。 今日も空気として 静かに学校生活を送るモブのなかのモブだ。 しかし、彼は自分でもまだ、きづいていない。 この学校で一番優れた人間が自分であるということを。 これから間宮史上、最高のモテ期が巻きおこるということを。 現実世界[恋愛] 連載:全61部分• スクールラブ 青春 ぼっち 陰キャ 実はハイスペック 恋愛 ハーレム 学園 美少女 小悪魔 モブ ざまぁ 高校生 JK 主人公最強• 作者:• 12歳になる春、俺はとあることに気が付いた。 俺って水琴春鷹(みずこと はるたか)じゃん!! いや、生まれた時から知っているけど、俺が気が付いたのはそういうことじゃない。 これは超大作RPG、ファンキャンの愛称で知られるファンタジーキャンパスのキャラの一人だ。 主人公キャラなら良かったのだが、残念ながら水琴春鷹はそういうキャラではない。 いわゆる噛ませ犬である。 主人公の強さ、かっこよさ、優しさを際立させるための引き立て役でしかない。 たまに炒飯に入っているグリーンピース的なポジションだ。 子供たちからは基本好かれない。 恵まれた家系。 恵まれた容姿。 更には恵まれた能力を有しながら、それを一切発揮することのない最強不遇キャラ。 この不遇の原因はいくつかの地雷を踏むことによって引き起こされるのだが、取り敢えずその地雷を回避しながら過ごそうと思います。 特に、最大の地雷である主人公とは関わらずに生きていきます! 書籍一巻出ました。 タイトル『ファンタジーキャンパス ゲームのかませ犬役に転生したけど、気ままに学園生活を楽しむ』です。 よろしくお願いいたします。 ローファンタジー[ファンタジー] 連載:全77部分• 魔法学園 RPG モブキャラ転生 ゲームの世界 学園都市 ファンキャン コメディ 金持ち主人公 物理が弱い 日常系• R15• 作者:• なろう作品で私が気に入ったものを感想を書いて紹介しています。 タイトルやあらすじだけ読んで敬遠していた作品を読むきっかけになればと思います。 ある程度作品の要素を数値で表していますが私個人の評価なので参考程度に御考え下さい。 どの作品を読めばいいか迷ってしまうという人向けに、有名で読みやすいお薦め10作品を纏めたものが最初にあるので参考にしてください。 【注意】感想を書く前に前書きを必ず読んでください。 目指せ1日1作品紹介! 200日間毎日紹介!ただ今、週1に変更になりました! このエッセイを読んであなたが気にいる作品と出会えることを祈っております。 バックアップ用に小説投稿サイト『マグネット』で同じものを載せております。 magnet-novels. エッセイ[その他] 連載:全385部分• 異世界 転生 転移 現代 ファンタジー 魔法 戦記 友情 恋愛 男主人公 ヒロイン ハッピーエンド などの要素がある 作品が載ってる• 作者:• 女嫌いを拗らせた王子は親友であるレノアと結婚するのが一番楽と「責任をとって結婚する」と言い出した! 性転換した主人公が親友の完璧王子とすったもんだする恋愛ストーリーです。 異世界[恋愛] 完結済:全6部分• TS 性転換 恋愛 精神的BL要素あり TSF 挿絵あり• R15.

次の

残虐皇帝の花嫁

エロゲー 世界 で 39 歳 の おっさん が ts 逆行 し て 人生 を やり直す 話

松田圭史 ( まつだよしふみ )、39歳。 体が動かなくなってもう丸5年、6年目に入った今もずっとそんな事を考えている。 元々頭の出来がいいとか運動神経がいいとか、そういう上等な人間ではなかった。 顔だって人が避けるほどブサイクだし、デブの中のデブと言ってもいいくらいに太っている。 それでもなんとか駄目人間なりに生きてきたが、ある日突然ベッドから起き上がれなくなった。 体は重く怠いし、錆びついた様に動かない。 母親に助けを求めたら返ってきた言葉は『仕事はどうするんだ』と冷たい一言、父親も似たようなものだった。 ここで初めて明確に『死にたい』と思ったもんだ。 病院に連れて行ってもらって色々な検査を受けさせてくれた事には感謝してる。 でも結局、症状の原因は一切出てこなかった。 何せ地元じゃ結構デカイ病院のお医者先生もお手上げ状態で、『この結果と目の前の患者の状態が一致しない、ありえない』と暗に仮病じゃないかとまで言われたんだから。 もちろん動けなかったから働ける訳もなく、派遣社員だったけど当然契約切られて事実上のクビ。 なんとか貯めてた貯金使って、別の病院で診てもらって精神的なものなんじゃないかって診断が降りた。 で、そこからまた隣県の病院に紹介状書いてもらって、ようやく鬱だろうと診断された。 精神科の主治医は元々認知症が専門らしいが、一応精神全般の治療ができるらしい。 彼曰く精神状態によって体に影響を及ぼす事はあるとの事で、検査しても何にも悪いところが出てこないならそれが原因だろうと。 どんな影響が出るかわからんのが精神の厄介なところって言ってたが、本当だよ。 この頃になると一応誰かに支えてもらったら動ける様になってたし言動がまともだったから、それが結果的にはよくなかった。 結局自立支援っていう医療費が1割負担になるのと、3級の精神障害者手帳ぐらいしか福祉の支援は受けられなかった。 色んなところに電話しまくったんだけど無理で、何かあった時は障害者年金がライフラインだかセーフネットだかになるっていうけどとんでもない。 この国では決められた枠から外れたところで症状が出たら、最低限の支援しか受けられない事がよくわかった。 それでもありがたかったけどね。 その後も県内の病院に転院してそこの女医に『身体表現性障害』って病名に変えられたり色々な事があったんだけど、結局こないだの診察で『もしかしたら新しい薬が出てきたとして、それが貴方の症状を改善するかもしれないけど、それ以外には貴方の病気をどうこうする方法はありません』と完治はほぼ不可である事を告げられた。 向精神薬やら不安に効く薬やら、色んな種類の薬をこれまでも処方されてきたけど、どれを飲んでも特に何も変わらなかった。 死にたい気持ちも無くならず、どんどんダウナーになって自殺の段取りや実行方法を考える日々に特に変化らしきものは何一つなかった。 救われたとしたら今の病院に移った時に受けたカウンセリングで、カウンセラーさんからもらった一言か。 それまで俺はずっとこうなったのは自分だけの責任だと思っていた。 こんな息子で申し訳ない、迷惑かけて申し訳ないって両親にずっと謝っていた。 でもそうじゃなかったんだ。 カウンセラーさん曰く、沼地に家を建てても安定しないと話してくれた。 つまり貴方が全部責任を背負い込む必要はない、話を聞いていると貴方の両親の接し方や育て方にも問題があった様に思うと。 思い返すと仕事人間だった親父はほぼ子育ては母親任せで、強く叱る時にしか登場しなかったからただの怖い人という印象だった。 そして母親は……全部語ると長くなるので短く言うと、自分が一番大事で謝ることができない人間というのが一番わかりやすいだろうか。 彼女も子供の頃に死にかけて体を壊してから色々歪んだんだろうが、俺の駄目な部分を作り上げたのは彼女だったと今ならば断言できる。 でも全部を両親のせいにするつもりはない、何度も言うが俺自身の問題はたくさんある。 でも自分ひとりで背負う必要はないと言ってもらえた事で、ほんの少しだけ救われた気がしたんだ。 体は動かない、金はない、精神的にゴリゴリ削ってくる両親は一緒に住んでるというこの八方塞がりな状況だ。 ベッドでずっとモヤモヤと考えていると、突拍子もない考えも浮かんでくる。 突然だが、俺は女性に生まれたかったと思った事が何度かある。 きっかけは中学生の頃の夏休みに、半日ずっと眠っていた時に見た夢だった。 その中で俺は特別な美人でもなければ、目を背ける程の醜女でもない、何の変哲もない女性になっていた。 でも夢の中で可愛い服を選んだり、色とりどりの下着の中から気に入る物を探したりするのがすごく楽しかったんだ。 さすがに中学生だったからメイクの知識もなかったので化粧はしなかったが、髪をリボンで結んだりすると胸が高鳴った。 別に恋愛対象が男性だったり、女装を趣味にしている訳ではない。 ただその夢を見た後から、何度か自分が女性だったらという空想を楽しむ事が多かった。 生まれてこれまで女性と付き合うどころか手を繋いだ事もないのも何か影響しているのかもしれない。 仕事で追い込まれている時に同性の同僚に手伝ってもらってドキッとした事もあったから、もしかしたら潜在的にそういう気もあったのかもしれないが。 そんな訳で、最近は女性に生まれていればもっと違う人生もあったのではないかと逃避の様に考える事が多かった。 いつもならば結局ままならない現実に引き戻され、鬱々としながらも現状を受け入れるのだが、今日はどこか様子が違った。 電気の点いていない部屋だから一際まぶしく天井の一部が光っているのがわかる、そこからまるで変声機を使った様な声が聞こえてきた。 「ならばやってみるがよい、一度だけチャンスをやろう」 その言葉の意味を理解した途端、まるで頭を押さえつけられているかの様に頭にとてつもない重力がかかる。 『は?』とも『どういう事なのか』とも『そもそもお前は誰なんだ?』と当たり前の反応や問いかけも許されないまま、俺の意識は真っ暗な闇に飲み込まれていった。

次の