中国語 単語。 リスト/中国語単語テスト/

効率的な中国語単語の覚え方|覚えられないのには理由がある!

中国語 単語

受講資格 1. 重要単語500のメルマガを受講したことがある。 快速マスター中国語のテキストを持っている。 1600単語覚える意欲がある。 1冊のテキストを何度も繰り返すといいというこのサイトの方針にも合致します。 いい教材ができました。 まだ中国語ができなかった昔の自分に紹介したいです。 巻末の単語のページはコピーして持ち歩くと大変便利です。 1日1枚覚えればいいんです。 こんな感じです。 折り曲げておくと胸のポケットにも入ります。 電車の中、昼ごはんのあと、いつでも勉強できます。 ここまで準備をすればあとはやるだけです。 テストは15回やります。 どんな感じかわからないと思うので最初の1回はお試しで無料配信します。 中国語1600単語メルマガ1回目は無料お試し.

次の

中国語(単語と単語の間)

中国語 単語

私も単語がなかなか覚えられないタイプでした。 文法知識に比べて語彙力が弱いという大きな欠点を解消できずにいました。 語彙力が弱いというのは分かってはいたんですが、なかなか克服できずにいたわけです。 中国語検定準1級までは何とか取得することができましたが、中国語検定1級となると語彙力が弱いままでは歯が立たないことがわかりました。 そこで、効率的に単語を覚えるための方法を試行錯誤してきました。 そしてようやく、「これはいいんじゃないか」という単語の覚え方に出会えたので、この記事でご紹介したいと思います。 中国語を始めたばかりの方から何年も勉強している方まで、幅広く使えるような方法になっています。 中国語の単語を覚える方法を知りたい! という方は是非ご覧ください。 これらの単語と同じ漢字を含む単語を調べることによって、単語を単独で覚えるよりも記憶に残りやすくなります 覚えた単語を忘れてしまっても、一緒に覚えた単語を一つでも思い出すことができれば、他の単語も連鎖的に思い出せる可能性もあります 例えば「レストランは中国語で何て言うんだっけ?」となったら、一緒に覚えた単語を思い出してみましょう。 中国語の「レストラン」という単語を覚えたとき、他にどんな単語がありましたか? 「吃饭」、「米饭」、「图书馆」などの単語を思い出せるでしょうか? もし「レストラン」という単語と一緒に覚えた単語を数個思い出せれば、それにつられて「レストラン」という単語を思い出せるかも知れません。 「レストラン」は中国語で「饭馆」でしたね。 複数の単語を一気に覚えられ、効率がいい 覚えたい単語に加えて、その単語と同じ漢字を含む単語を覚えられれば、それだけ語彙力をプラスアルファで強化できたことになります。 例えば、「学习」という単語を覚えるために、同じ漢字を含む単語を7個(学校/大学/学生/学会/预习/复习/习惯/习俗)調べたとしましょう。 ノート• 日中辞書 日中辞書は日本語のキーワードから中国語を検索するための辞書です。 無料の辞書サイトを使うのが手軽で、便利だと思います。 もちろん書店等で購入しても大丈夫です。 私のおすすめは です。 無料で使えますし、コンテンツの質・ボリューム共に十分です。 Step1. 覚えたい単語を一つ決める まずは覚えたい単語を決めます。 ここでは「电脑」という単語を例にとって、 この「电脑」という単語からどうやって他の単語を導き出して覚えるか ということを紹介します。 Step2. 今回覚えたい単語は「电脑」です。 「电」か「脑」のどちらかを含む中国語の単語で、知っている単語を考えてみましょう! テストじゃないので、ひとつも知らなくても全然大丈夫です。 例えば「电」を含む単語として「电影(映画)」という単語を知っていれば、紙に書いておきましょう。

次の

中国語1600単語を2週間で覚える方法!朝テスト方式

中国語 単語

・・と人によっては質問される方もいるかもしれません。 「人それぞれ」と言ってしまえば終わりなのですが、ここでは中国で一応生活できるレベルと仕事である程度通用するレベルの語彙がどのくらいか考察します。 目安となる中国語検定の級とそれに対するキクタンの語彙数で計算してみましょう。 準1級-1008語と成語224語 中国で生活するには3級レベル-2072語あれば十分 私の中国生活の経験からすると、一応何不自由なく中国で暮らせる程度の語学力は中検3級レベルです。 もちろん文法なども覚えなくてはなりませんが、大体この程度です。 合計すると約2000語になりますが実際の日常生活で発する単語はさほど多くはありませんので心配いりません。 単語全体の中には話せなくても読めればそれで良いものもあります。 そのように考えると2000語はさほど多くはないでしょう。 (日本人は既に漢字を多く知っていますし、中国語と意味がほとんど同じものも多いのです) ちなみに中国に留学に行くためのレベルであれば準4級~4級レベルの語彙数は必要です。 つまり500~1000語の単語です。 私は初めて中国へ渡った時には語彙数は500もありませんでした。 語彙数の違いが生活にどう影響するかというと・・現地でのコミュニケーションでどの位苦労するかが変わります・・。 それでできるだけ語彙数は増やしてから渡航することをおすすめします。 ビジネスで通用するには最低2級レベル-2968語と専門分野の語彙 ビジネスレベルであれば最低でも中検2級レベルの語彙力は必要になるので大体3000語というところです。 日本にある会社なのか中国で駐在として働くのか、あるいは中国大陸の普通の企業で働くかによっても大きく異なります。 ビジネスの場での語彙力と言うのはテストで点が取れるというレベルではなく、きちんと聞き取り話せるというある程度自由に操れるレベルの事を指します。 これを考えると結構ハイレベルだとは思いますね。

次の