サラゴサ 対 スポルティング ヒホン。 サラゴサ試合日程表【2019−20】テレビ放送|香川真司

香川真司、2試合連続の先発も前半で交代…。サラゴサは前半に退場者出し4失点で3連敗

サラゴサ 対 スポルティング ヒホン

1941-42シーズンから3シーズン続けてセグンダ・ディビシオンで優勝して昇格プレーオフに出場し、1943-44シーズン終了後には初めて(1部)昇格を決めた。 1970年代後半と1980年代前半にはクラブの黄金期を迎え、リーグ戦とカップ戦()で優勝を争った。 1970年代にはがプリメーラ・ディビシオンで3度得点王()のタイトルを獲得し、1981-82シーズンと1982-83シーズンには2シーズン連続でコパ・デル・レイ準優勝を果たした。 また、1977-78シーズンから1997-98シーズンまで21シーズン連続でプリメーラ・ディビシオンに在籍し、この期間中にはに6度出場した。 ラウンド32に4度、ラウンド16に2度進出しており、直近の出場は1991-92シーズンである。 1997-98シーズンは無残な成績でセグンダ・ディビシオン降格となり、1998-99シーズンから2007-08シーズンまでの10シーズンはセグンダ・ディビシオンでプレーした。 2007-08シーズンはセグンダ・ディビシオンを3位で終え、11シーズンぶりのプリメーラ・ディビシオン昇格を果たした。 2008-09シーズンは開幕戦から5試合で20失点を喫したが、その後は強豪のやに勝利するなど健闘した。 降格もやむなしと思われたが、34節まで引き分けゼロという攻撃サッカーを貫き、14位で残留を決めた。 敗戦数はリーグ最多タイ、失点数は断トツでリーグ最多だった。 2011年4月2日の戦 1-0 に勝利し、監督が続けていたホームで9年間負けなしという記録を途切れさせた。 クラブカラーと紋章 [ ] スポルティング・ヒホンの旗 クラブ創設当初から赤と白の縦縞のユニフォームを着用している。 現在、赤と白のユニフォームを着るとは1909年まで青と白のユニフォームを着ており、赤と白の縦縞でプレーしたのチームはスポルティング・ヒホンが最初である。 この配色はヒホン市の公式旗に由来しており、ヒホン市の公式旗は1845年に誕生したヒホン沿岸州の旗に由来している。 古い歴史を持つ多くのクラブと同じく、当初はユニフォームにいかなるバッジも付けていなかったが、1920年代に初めて公式バッジが採り入れられた。 それは伝統的に盾の形(逆三角形)をして3つのセクションに分けられ、クラブと市を象徴している。 1931年から1936年までの中は丸い盾の形をしており、最上部の王冠は城壁冠に変えられた。 現在のバッジは逆三角形をしており、赤と白の縦縞が施され、その中央に金色でS(SportingのS)とG(GijonのG)の文字が配置されている。 最上部には国王の庇護の象徴である王冠を置いている。 クラブの公式旗は縦横2:3の長方形で、赤と白の9本の横縞(一番上と一番下は赤)で構成されている。 中央右寄りにクラブのロゴがデザインされている。 サポーター [ ] たいていのホームゲームでは、大部分の席はシーズンチケット購入者か、21,000人いるソシオと呼ばれるファンクラブ加入者で占められる。 これらのソシオ以外に、スペイン国内外に240以上のファンクラブ(クラブが認知している公式のもののみ)がある。 2008-09シーズンの1試合平均観客数は21,491人であり、リーグで10番目に多かった。 スポルティングイスタス Sportinguistas と呼ばれるサポーター集団がある。 スペインのクラブの中でもっともクラブに対する忠誠心があり、アウェー戦に多く詰めかけ、活発なサポーター集団のひとつであると広く認識されており 、試合では素晴らしい雰囲気を作り上げる。 スポルティングイスタスに続くサポーター集団としてはラ・マレオーナ La Mareona がある。 2008年6月にヒホン市で行われたプリメーラ・ディビシオン昇格を祝うイベントには約30万人が詰めかけた。 練習場と下部組織 [ ] 1978年3月28日にエスクエラ・デ・フトボル・デ・マレオ(通称マレオ)という名前の練習場が完成し、下部組織も同名のマレオと呼ばれている。 練習場としてのマレオは市街地から7kmの距離にあり、112,000m 2の広さを誇る。 マレオではトップチームの練習と下部組織のチームの試合が行われている。 現在、マレオには8つのグラウンドがあり、屋内練習場や医療センターを備えた建物も併設している。 スポルティング・ヒホンの下部組織は優れた選手を数多く輩出することで知られている。 1968年にトップチームデビューしたFWはプリメーラ・ディビシオンで3度、セグンダ・ディビシオンで2度得点王()のタイトルを獲得し、を経てスポルティング・ヒホンで現役引退した。 1984年にはGKがトップチームデビューし、1999年までスポルティング・ヒホン一筋であった。 アブラネードはスペイン代表キャップこそ少ないが2度のに出場している。 MFは1989年にトップチームデビューし、その後はFCバルセロナとでプレーした。 ルイス・エンリケと同じく1989年にトップチームデビューしたDFは、やはりルイス・エンリケと同じく優勝メンバーのひとりであり、2度のFIFAワールドカップに出場した。 FWは2000年にトップチームデビューし、やFCバルセロナなどで活躍している。 スペイン代表として出場したとで得点王に輝いた。 最高位 2位 : 1978-79• 最高位 2位 : 1981 , 1982• 優勝5回 : 1943-44, 1950-51, 1956-57, 1969-70, 1976-77 個人タイトル [ ] ピチーチ賞 [ ]• : 3 1973—74, 1975—76, 1979—80• : リカルド 1956—57 , ソラバッリエタ 1966—67 , 2 1969—70, 1976—77 サモラ賞 [ ]• : 3 1984—85, 1985—86, 1989—90• 42シーズン• 47シーズン• 6度出場 欧州の成績 [ ] シーズン 大会 ラウンド 対戦相手 ホーム アウェー 合計 1978-79 1回戦 3-0 0-1 3-1 2回戦 0-1 1-1 1-2 1979-80 1回戦 0-0 0-1 0-1 1980-81 1回戦 2-1 1-3 3-4 1985-86 1回戦 1-2 0-0 1-2 1987-88 1回戦 1-0 0-3 1-3 1991-92 1回戦 2-0 0-2 2-2 3-2 2回戦 2-2 0-1 2-3 現所属選手 [ ] 2019年7月19日時点 No. Pos. 選手名 1 4 5 7 9 10 11 13 14 15 16 17 No. Pos. 選手名 18 20 21 22 24 25 -- -- -- -- -- ローン移籍 [ ] in No. Pos. 選手名 4 7 14 20 No. Pos. 選手名 25 -- -- out No. Pos. 選手名 -- -- No. Pos. 選手名 -- 歴代会長 [ ] 2010年8月25日時点• アルセルモ・ロペス・サンチェス 1905-1915• フェルナンド・キロス 1915-1917• マヌエル・ゴンサーレス・リエラ 1917-1919• エンリケ・ギサソーラ・マルティネス 1919-1921• イスマエル・フィガレード・エレーロ 1921-1928• ロベルト・G・デ・アグスティーナ 1928-1930• ペドロ・ガルヌング・ポルティーリャ 1930-1934• エミリオ・トゥージャ・ガルシア 1934-1935• フェリクス・ギサソーラ 1935-1938• ペドロ・ゴンサーレス・デル・リオ 1938-1940• セクンディーノ・フェルゲローソ 1940-1945• フアン・ベラスコ・ネスプラル 1945-1946• ヘスス・フェルナンデス・エルナンデス 1946-1947• ホセ・マリア・フェルナンデス・アルバレス 1947-1948• セクンディーノ・フェルゲローソ 1948-1949(2度目の就任)• パウリーノ・アントン・トレスパラシオス 1949-1954• ホアキン・アロンソ・ディエス 1954-1955• エウスタキオ・カンポマネス・ゴンサーレス 1955-1957• アレハンドロ・ピダル・ギルオウ 1957-1959• ラモン・ゴメス・ロサーナ 1959-1960• アウレリオ・メネンデス・ゴンサーレス 1960-1961• フランシスコ・キロス・ロドリゲス 1961• ビクトール・フェルゲローソ 1961-1967• アントニオ・ロイバス・デ・インサ 1967-1968• カルロス・メンデス・クエルボ 1968-1973• アンヘル・ビエホ・フェリウ 1973-1977• マヌエル・ベガ=アランゴ 1977-1986• ラモン・ムニョス・フェルナンデス 1986-1989• プラシード・ロドリゲス・ゲレーロ 1989-1992• エロイ・カルボ・カペリン 1992-1994• マヌエル・カルボ・プンピード 1994• ホセ・フェルナンデス・アルバレス 1994-19997• アンヘル・ガルシア・フロレス 1997-1998• ヘルマン・オヘーダ・グティエレス 1998-1999• フアン・アランゴ 1999-2002• マヌエル・ベガ=アランゴ 2002-(2度目の就任)• 1939-1942• 1942-1943• 1943-1944• 1944-1945• 1945-1946• 1946-1947• 1947-1948• 1948-1950• 1950-1951• 1951-1952• 1952• 1952-1954• 1954-1955• 1955-1956• 1956-1958• 1958-1959• 1959• 1959• 1959-1960• 1960-1961• 1961• 1961-1962• 1962-1966• 1966• 1966-1968• 1968• 1968-1972• 1972• 1972-1973• 1973• 1973-1975• Pierre Sinibaldi 1975-1976• 1976-1979• 1979-1980• 1980-1982• 1982• ヴヤディン・ボシュコヴ 1982-1984• 1984-1988• 1988-1989• 1989-1990• 1990-1992• Bert Jacobs 1992-1993• 1993• 1993-1995• 1995• 1995-1996• 1996• 1996• 1996-1997• 1997• 1997• 1997-1998• 1998• 1998• 1998-1999• 1999• 1999• 1999-2000• 2000• 2000-2001• 2001-2002• 2002-2003• 2003-2005• 2005-2006• 2006-2012• 2012• 2012• 2012• 2012-2014• 2014-2017• 2017• 2017• 2017-2018• 2018-2019• 2019-• SpanishFootball. info. 2011年5月24日閲覧。 Goal. com 2011年4月3日. 2011年10月6日閲覧。 Real Sporting. com. 2009年10月8日閲覧。 RealSporting. com. 2009年10月8日閲覧。 2009年10月8日閲覧。 2010年1月20日閲覧。 Goal. com. 2009年10月8日閲覧。 Goal. com. 2009年10月8日閲覧。 Lowe, Sid 2008年9月22日. London: The Guardian. 2009年10月8日閲覧。 Goal. com. 2009年10月8日閲覧。 Marca. 2009年10月8日閲覧。 RealSporting. com. 2010年8月25日閲覧。 RealSporting. com. 2010年9月21日時点のよりアーカイブ。 2010年8月25日閲覧。 外部リンク [ ] 公式ウェブサイト• 公式ウェブサイト• LFPによる公式紹介ページ• UEFAによる公式紹介ページ ニュースサイト• Futbolme• Marca• Canal Rojiblanco• Polish Site.

次の

ECナビ

サラゴサ 対 スポルティング ヒホン

香川真司、5試合連続の先発も前半で交代…。 サラゴサは前半に退場者出し4失点で3連敗 【スポルティング・ヒホン 4-0 サラゴサ セグンダ・ディビシオン第13節】 セグンダ・ディビシオン第13節、スポルティング・ヒホン対サラゴサが現地時間27日に行われた。 試合はアウェイのサラゴサが0-4の敗戦を喫した。 サラゴサに所属するMF香川真司は先発となり、5試合連続のスタメンとなった。 だが前半で交代となっている。 先制したのはヒホンだった。 試合開始早々の3分、左サイドを突破したマヌエル・ガルシアが中央に切り込むが、ボールを奪われる。 だがこぼれ球をもう一度ガルシアが拾い、セロにパスを送る。 セロは冷静に流し込み、ヒホンが先制となった。 同点に追いつきたいサラゴサだったが、30分に退場者を出してしまう。 すると追加点を奪われる。 38分、マヌエル・ガルシアのパスを受けたアイトール・ガルシアがGKとの1対1を制し、追加点を奪う。 2点ビハインドで1人少ないサラゴサが後半から動く。 香川に代えエレーロを後半頭から投入した。 その後ヒホンは2点を加点し、サラゴサは0-4の敗戦を喫した。 破れたサラゴサは3連敗となってしまった。 58 攻撃ありきの時代遅れのビクトルフェルナンデスだもんなあ。 20年前のロートルやでぶっちゃけ。 カルピンモストヴォイが居てたセルタの時の監督と言ったら思い出せる奴も多いやろ。 現代において守備組織構築出来ん監督は絶対に成功しないからな。 案の定ですわ。 elperiodicodearagon. そんなんだから、前半で交代させられる。 25 まあアウェイで前半そうそうに一人減って0-2なら試合捨てて主力温存もまあわからんでもないが。 まだ先は長いとはいえ、今のサラゴサの状況で捨て試合なんて余裕はないが仕方ないのかね。 これ以上スタメンの選手が怪我とかで離脱したら層の薄さからしても目も当てられないからな。 96 香川いい加減ワンツーパス貰おうとするのやめなよ ヘタクソばっかりでパスできないんだから あとpa入ったらシュート狙おうよ コースなかったとか言う人いるけどじゃあ切り込めよ、と 引用元:.

次の

香川真司は前半のみで交代 サラゴサ、スポルティング・ヒホンに4失点完敗で3連敗 スペイン2部第13節

サラゴサ 対 スポルティング ヒホン

27日のリーガ・エスパニョーラ2部第13節、サラゴサは敵地モリノンでのスポルティング・ヒホン戦を0-4で落とした。 MF香川真司は2戦連続の先発出場を果たし、ハーフタイムに交代している。 ここ7試合の成績が1勝3分け3敗と、開幕直後の勢いが完全に止まってしまったサラゴサ。 ビクトール・フェルナンデス監督は行き詰まった状況の打開策として、システムを4-3-1-2から3-1-4-2に変更することを決断した。 これまでトップ下に位置し、スペースがない中で苦しんでいた香川は、左のインサイドハーフに据えられている。 しかしながらシステム変更は、少なくともこの試合においてはチームの調子を上向かせるものにならなかった。 サラゴサは開始早々の2分にイスマエル・セロの得点を許して失点。 その後も、中盤の守備は相変わらずの脆弱さを露呈し続けている。 編集部のおすすめ• 29分、サラゴサはセンターバックのグリッポが危険なタックルを仕掛けたことで2枚目のイエローカードで退場に。 数的にも不利となると、38分にはマヌ・ガルシアのスルーパスから最終ラインを突破したアイトールにネットを揺らされ、2点のビハインドを負うことになった。 香川はというと、中盤で不慣れな守備のタスクを負い、またゴールから離れた位置にいるために、攻撃の起点となれない歯がゆい状況に陥る。 V・フェルナンデス監督は数的不利の状況もあり、ハーフタイムに同選手を下げて中盤でより堅実な守備を見せられるニエトを投入した。 だが後半に入ってもサラゴサの不安定ぶりは変わらず。 75分にはアイトールにこの試合2点目を決められると、86分にアルバロ・バスケスのダメ押し弾を許して惨敗。 これで3連敗と泥沼にはまっているサラゴサは7位、スポルティング・ヒホンは11位に位置している。

次の