ものすごい図鑑 クマバチ。 「香川照之の昆虫すごいぜ!〜4時間目 クマバチ〜」が5月3日(木・祝)に放送!

身の回りの生物(昆虫の成長と体のつくり)

ものすごい図鑑 クマバチ

「人間よ、昆虫に学べ!」をテーマに、海外編も含めこれまで5本放送してきたの『』(NHK Eテレ)が、5月3日(木)9時20分から放送。 今回は、香川待望の虫「クマバチ」に迫る。 小さな羽にずんぐりむっくりの姿で花から花へホバリングしながら飛び回るクマバチ。 関東では毎年4月の中旬に現れるこの虫に、その愛らしさから、香川はドラマの撮影の最中にクマバチを見つけた日を記録するなど、特別な興味を持ってきたそう。 今回、そのクマバチの捕獲に挑戦。 「藤の花との共生」という花との特別な関係や、顔で雌雄を見分ける方法、オスを捕まえるとっておきの秘策などを披露する。 クマバチはなぜ他の昆虫にくらべて小さな羽で自由に飛べるのか? その秘密の1つが太い胸につまった筋肉で、毎秒100回以上も羽を震わせることで、揚力をうむと言われている。 そこで、このハチの羽のすごさを香川が実験で体感することに。 今回はどんな体当たり実験になるのか? このほか、番組でもおなじみ、昆虫を360度自由自在に拡大縮小しながら、スーパースローや電子顕微鏡写真などを見ていくことができるNHKforSchoolの教育コンテンツ「ものすごい図鑑」でも、クマバチを制作。 カマキリ先生(香川)が自在に操りながら、その中にある特撮映像を紹介する。 カマキリ先生の姿がすっかり板についた香川は、「もうね、子どもたちの私を見る目の熱さがさらにエスカレートしてきて、ものすごい視線で見つめてくるんですよ。 でも、それくらい浸透しているというのは、本当に嬉しいですよね。 ほかの仕事にもいろんな影響が出ています。 もちろん良い方向に、ですよ! 」とコメント。 例えば、ハチが花粉を運ぶことで築く花との関係とか、オスとメスの関係とか、姿の美しさとか。 ハチは奥が深くて語ることがいっぱいあるんです。 一見、怖いけど、ちゃんと安全に気をつけながら迫っていくと、すごい発見があります。 これって、人生でも大事なことですよね。 あの人怖いから嫌だとか、そうじゃなくて、ちゃんと向き合う、そうしたら何かが見える。 ハチって、そういうことの象徴だと思っています! 」と力説。 ついに、モハメド・アリまで、いや、そこまではいかないけれども、ジョー・フレージャーくらいまでは来たなと、これを今、痛感しています。 これが最大の見所です(笑)。 ぜひ、このGWに、進化し続けるカマキリ先生をごらんください。

次の

「香川照之の昆虫すごいぜ!〜4時間目 クマバチ〜」が5月3日(木・祝)に放送!

ものすごい図鑑 クマバチ

1ねんせいの みなさん こんにちは。 きょうは せんせいから みなさんに がっこうくいずを だしたいと おもいます。 「この ばしょの なまえは なぁんだ?」という くいず です。 ちゅうぶしょうがっこうには しゃしんの ような ばしょが あります。 このあいだ、1くみの せんせいが みずの なかを よく みたら、ちいさい ざりがにや めだかを みつける ことが できました! これから おおきく せいちょう するのが たのしみです。 ふゆの さむい あさには、みずが こおって おおきな こおりが できる ことも あります。 きせつを たのしめる ばしょです。 いずみには かんじで なまえが かかれて いるので、せんせいと いっしょに こたえを みに いきましょうね。 また 6がつには したの しゃしんの ような きれいな はなが さきますよ。 たのしみですね。 ながいながい お休みのあいだ、どんなできごとが あったかな?おもうように そとに出られなくて、たいへんなことも あったよね。 1年生のべんきょうの ふくしゅうをしたり、こうさくをしてみたり、そうじや手つだいを がんばった子もいるかな?いまは あって はなせないぶん、先生や なかのよい友だちに はなしたいことを お手がみに かいてみよう。 たのしかったこと、かなしかったこと、おもしろかったこと、なんでもいいよ。 お手がみの かみがなくても、おりがみや うらの白いちらしを つかっても いいよ。 絵を かくことが すきな子は、絵にっきにしてもいいかも! しぎょうしきの 1日しか あえなかったから、先生も みんなと はなしたいことがたくさんあるよ!学校が はじまったら、みんなと たくさん おはなしができるのを たのしみにしているね! 今日、先生たちとお話していたときの話です。 先生「ラジオ体そうはラジオから流れて行われた体そうだよ!」 J先生「えっ!!!そうなの・・・」 あんまりいしきせずに今まで教えていたことにはずかしくなりました…ちょと歴史 れきし について調 しら べてみました。 日本では、やきゅうなどのラジオのじっきょうちゅうけいがもりあがっていました。 ラジオをとおしてスポーツや体をうごかすことがいしきされやすい時だいのはじまりから、たん生したそうです。 とうじ、ラジオはねだんが高く、1だいのラジオにおおくの人があつまって体そうするという、しゅうだんこうどうとして広まっていったそうです。 ラジオ体そうは、こくみんほけん体そうとして、今もしたしまれています。 日本のぶんかの一つともいえるでしょう。 そして、NHKのばんぐみで毎朝6時25分からほうえいされています。 ぜひ、ちょっぴりの早おきをして、朝からかつどうてきにうごいてみてはいかがですか?!(「いつも、早ね、早おきしてるよ!」っていうひとはえらい!) ぜひ、「早ね早おき日をつくってみよう! NHKのラジオ体操は下のURLから ラジオ体そうも英語バーションや、名古屋バージョンなどあるそうで、CDをおかりして、きいてみたところ、名古屋バージョンとJ先生の話し方がすこーしにていました・・・。 笑 4年生のみなさんこんにちは!みなさんはどのようにすごしていますか?先生も家から出られなくてたいくつしてしまいそうなので、お出かけした気分になれるように旅行したときの写真を見返してみました。 群馬県(ぐんまけん)がどこにあるかみなさんはわかりますか?わかったひとはバージョンアッププリント集をがんばったしょうこです。 わからなかった人は今からでもちょうせんしてみてください。 下の写真はA先生が群馬県(ぐんまけん)の草津温泉に旅行に行ったときの写真です。 この木の箱のようなものに流れているのは、なんと全部温泉です!ゆけむりがもくもくとたっています。 夜はライトアップされてとてもきれいに見えました。 朝はまたちがうふんいきを楽しむことができます。 まわりのお店には温泉まんじゅうや、プリンなどおいしいものもたくさん売っていました。 みんなは、旅行でどんな場所に行きましたか?写真を見かえしたり、旅行に行ったときのことを思い出して家族とおしゃべりしてみても楽しいかもしれません。 校庭のツツジの花がピンク色にさいていました。 ツツジのみつは花の根元にあるので、ちぎってすってみた子もいるかもしれませんね。 フジだなのフジもさいています。 フジの花を見ていると、「ブーン」と大きな羽音を立てている虫がいました。 クマバチです。 この虫のせいかくはおだやかで、人をおそっては来ません。 しかし、M先生はこの虫が近くに来ると、体が大きいのでおどろきます。 フジの周りには、不思議とクマバチが多く集まっています。 先日、しょうかいした『ものすごい図鑑』で調べてみると面白いですよ。 下のURLをクリックすると、すぐにクマバチのページにジャンプできます。 そうさ方法がわからなかったら、クマバチのページの右上の「?」マークをクリックしよう。 使い方がわかるよ。 中ぶっ子のみなさん、教科書についているQRコードは使ってみましたか? N先生は、4月25日の新聞(しんぶん)におもしろいものを見つけたよ! なになに? QRコードぬりえ? 少しむずかしかったけど、やってみました。 その1 ほんとうの名前は、Quick Response(クイック レスポンス) その2 デンソーウェーブという愛知県(あいちけん)の会社が作ったんだよ! その3 バーコード(2つ目の写真の右下)は20文字くらいのじょうほうしか入らないけど、QRコード(2つ目の写真の左上)には、7000文字も入るんだって! 「クイック レスポンス」という名前のとおり、すばやくコードを読み取り、知りたいじょうほうにアクセスできますね。 中ぶっ子のみなさん、教科書のQRコードをぜひ活用(かつよう)してくださいね。 そして、時間のあるときに、おうちの人といっしょにQRコードぬりえにちょうせんしてみてはいかがですか? 1ねんせいの みなさん、こんにちは。 4がつ さいごの 1しゅうかんが はじまりました。 しゅくだいには まいにち とりくめて いますか? きょうは ほけんしつを しょうかいします。 1ねんせいの きょうしつから いちばん ちかい へやです。 きゅうこうの あいだに、ほけんの せんせいが かべの えを あたらしく つくりなおして くれましたよ。 とっても かわいらしいので みなさんにも ぜひ みて ほしいです。 ほけんしつは ちょうしの よくない こが やすんだり、いろいろな けんさを したり する へやなので、ちかくを とおる ときには おおきな おとを たてないように、あるきかたや はなしごえに きを つけましょう。 みなさんが あんしん して がっこうで すごす ための ほけんしつを しょうかい しました。 これからも けんこうちぇっくを つづけて、げんきいっぱい!に すごして くださいね。 学校の休校がつづいていますが、元気にすごしていますか。 中部小学校の子しかもっていない「文学の散歩道(さんぽみち)」(みなさんがもどってきたら、わたしますね)にこんな詩(し)がのっていました。 雑草(ざっそう)のうた せっかく 花をさかせても せっかく はっぱをひろげても ふりむいていく 人はない それでも平気さ みんなして むんむん草むら つくってく どんなに のどが かわいても どんなに ほこりをかぶっても 水など くれる 人はない それでも 平気さ 上むいて のびたいほうだい のびていく オオバコ ハコベ ヒメジョオン ちゃんと 名前が ついていても よびかけてくる 人はない それでも平気さ いつだって きらきらしながら 生きていく 雑草(ざっそう)とされている草花が、みんなみたいに 元気いっぱいのびてきました。 1年生でつかった生かつかのきょうかしょ「たのしいせいかつ上」の127ページ『なかよしクッキング』によもぎだんごのつくり方がのってましたよ。 おうちの人と いっしょになかよくクッキングできたら、すてきです。 3年生のみなさんこんにちは。 今日はお家でかんたんに作れる楽き「紙だいこ」をしょうかいします。 〈よういするもの〉 ・おかしのつつやコップ(先生は家にあったプラスチックのコップをつかいました) ・おりがみや新聞紙などの紙 ・セロハンテープやマスキングテープ(紙をはるのにつかいます) 〈作り方〉 つつやコップに紙をテープではる。 先生はつつの部分が長いのと短いのと2種類の紙だいこを作りました。 面のところも新聞紙とおりがみをつかいました。 なんと、つつの長さや紙のそざいで音がちがいます!みんなもいろいろなしゅるいの紙だいこを作ってえんそうしてみてね!.

次の

昆虫すごいぜ2020の再放送は?DVDや新作・図鑑の販売も調査!

ものすごい図鑑 クマバチ

オススメ!2018. 18 待ちに待った春がきた! カマキリ先生待望の「クマバチ」に迫る! 香川照之の昆虫すごいぜ!〜4時間目 クマバチ〜 5月3日(木・祝)[Eテレ]前9:20~9:50 「人間よ、昆虫に学べ!」をテーマに、海外編も含め、これまで5本放送してきた「香川照之の昆虫すごいぜ!」。 寒い冬が終わり、待ちに待った春がきた! お届けするのは、香川さん待望の虫、「クマバチ」。 異様に小さな羽、藤の花との共生関係など、学ぶべきことが実に多いうえに、『オスは針がなく、穏やかな性格なのに「危険」と誤解されている!』と香川さんは力説します。 また、夏に向けて、カブトムシの幼虫探しにも挑戦! 今回もウェブで展開する と連動してお届けします! クマバチを捕獲せよ! 小さな羽にずんぐりむっくりの姿で花から花へホバリングしながら飛び回るクマバチ。 関東では毎年4月の中旬に現れるこの虫、その愛らしさから、香川さんはドラマの撮影の最中にクマバチを見つけた日を記録するなど、特別な興味を持ってきました。 ハチの羽のひみつに迫る(実験編) クマバチはなぜ、ほかの昆虫にくらべて小さな羽で自由に飛べるのか? その秘密の1つが太い胸につまった筋肉。 毎秒100回以上も羽を震わせることで、揚力をうむと言われています。 このハチの羽のすごさを香川さんが実験で体感! 今回はどんな体当たり実験になるのか!? このほか、番組でもおなじみ、昆虫を360度自由自在に拡大縮小しながら、スーパースローや電子顕微鏡写真などを見ていくことができる「NHK for School」の教育コンテンツ「ものすごい図鑑」でも、クマバチを制作します。 昆虫の季節です。 盛り上がりますね〜、この緑が。 日本の象徴である桜の花から始まって、それが散って、緑が芽吹いてきて、ものすごく濃い緑の匂いがしてくる。 昆虫たちも親を知らない子どもたちが出てきて、兄弟だけでちゃんと生きていくという。 特別編を入れると6本目になります。 もうね、子どもたちの私を見る目の熱さがさらにエスカレートしてきて、ものすごい視線で見つめてくるんですよ。 「あれ、あの人!?」みたいな。 一方、お母さんたちからは「博士」って呼ばれたりして。 「先生」を突破しちゃっているんですよ、こんな被り物しているのに(笑)。 でも、それくらい浸透しているというのは、本当にうれしいですよね。 ほかの仕事にもいろんな影響が出ています。 ありがたいですね。 動物っていうのは大きくてどう猛だったりするので遠くからは見られるけど、なかなか全部は見られないわけですよ。 かといって、小さすぎるとなんだかわからない。 ちょうどいいサイズで手に取れて、生まれてから死ぬまで一生を全部を見ることができる。 それが昆虫です。 そういう意味では、生きるということはどういうことなのか、本当にその縮図が昆虫には詰まっているんです。 学校の先生はそういうことがわかっていらっしゃるんですよね。 その昆虫を通して、子どもたちには、命の尊さ、それをつなぐことのすばらしさ、そして、そのつながりの中の一つに自分の命がある、そういうことを学んでほしいです。 例えば、ハチが花粉を運ぶことで築く花との関係とか、オスとメスの関係とか、姿の美しさとか。 ハチは奥が深くて語ることがいっぱいあるんです。 一見、怖いんだけど、ちゃんと安全に気をつけながら迫っていくと、すごい発見があります。 これって、人生でも大事なことですよね。 あの人怖いから嫌だとか、そうじゃなくて、ちゃんと向き合う、そうしたら何かが見える。 偉大なボクサー、モハメド・アリを指す言葉ですが、私も、モンシロチョウのように舞い、そしてついに今回ハチにもなりました。 ついに、モハメド・アリまで、いや、そこまではいかないけれども、ジョー・フレージャーくらいまではきたなと、これを今、痛感しています。 これが最大の見どころです(笑)。 ぜひ、この大型連休に、進化し続けるカマキリ先生をごらんください。

次の