スギナ 食べ 方。 ミネラルの宝庫と呼ばれるスギナ茶について。気になる味や作り方も

スギナのご飯に合う美味しい食べ方は?採取の際の選び方と注意点│Lettre du Nature

スギナ 食べ 方

スギナという植物• シダ植物トクサ科• 別名:地獄草• 栄養茎:スギナ• 胞子茎:ツクシ 食用として利用されるツクシのほうが有名ですが、スギナもツクシも同じなのです。 スギナに含まれる栄養は以下になります。 ミネラル• ビタミン 特にミネラルは豊富で、スギナは「モンケイ」と呼ばれる生薬に利用されます。 雑草と扱われているスギナですが、このように栄養素も含んでいるのです。 2 スギナ茶に含まれるすごい効用効能 スギナに含まれた豊富なミネラルはスギナ茶の元になり生薬にも利用されています。 スギナ茶に含まれる栄養価はとても高くダイエットにも適していると言われています。 それでは次にスギナ茶の効用効能をご紹介します。 スギナ茶の効用効能• ダイエット効果• 美容デトックス効果• 自律神経の調整効果• 腎機能調整効果• むくみ解消効果• 解熱効果• 利尿作用 スギナ茶の豊富なミネラルとビタミンがこれだけの効果を見せるのです。 葉緑素が腎機能を高め、利尿作用を働かせることで体内の毒素を排出するデトックス効果があります。 そしてカルシウムが髪や肌のツヤを保つなどの様々な美容効果もあり、スギナ茶は健康的にダイエットを行うことができます。 雑草でもこれほどの効果があるから侮れないものですね。 3 気をつけたいスギナ茶の副作用 雑草と言われながらも、その高い生命力で豊富な栄養素と効果をもたらすスギナ茶ですが、副作用がないわけではありません。 むしろスギナ茶の副作用は恐ろしいものがあるのです。 スギナ茶の多量摂取は脚気を引き起こす恐れがあるのです。 今でこそあまり聞かない脚気ですが、重症になると命の危険性もある病気です。 脚気の症状にはこのようなものがあります。 4 スギナ茶飲み過ぎで起こる脚気とは 脚気はビタミンB1の欠乏で引き起こされる病気です。 なぜスギナ茶を飲むことで脚気が引き起こされるのでしょうか? 実はスギナ茶に含まれるチアミナーゼという酵素は、チアミンというビタミンB1を分解し、破壊されてしまうのです。 また、スギナ茶にはむくみを解消する効用があると言われていますが、むくみ解消のためにスギナ茶を飲むことでビタミンB1が破壊され、脚気が引き起こされ最初に戻るという悪循環を引き起こす可能性があります。 このように症状を改善しようとして、逆効果どころか悪循環にはまってしまい悪化させてしまうこともあるのです。 また、妊娠中の方や授乳中の方はホルモンバランスに影響を及ぼすことも考えて、スギナ茶の引用は控えるべきでしょう。 また、母体を通して赤ん坊にも影響を与える場合もあります。 スギナ茶は高い栄養価を秘めてはいますが、飲み方を誤ると恐ろしい副作用を引き起こすこともあります。 正しい飲み方をすることで安全に良い効能だけを得ることが可能になります。 スギナの成分を含んだ食品などを口にする際には要領によく注意してください。 5 副作用に気をつけてスギナ茶を飲む方法 それではスギナ茶の安全な飲み方についてご紹介します。 スギナ茶の飲み方 急須で飲む 通常のお茶のように1,2杯程度の茶葉を急須に入れて飲みます。 煮沸して飲む ヤカンに1リットルほどの水を入れて煮詰めますが、長時間の煮沸はスギナの成分であるケイ素が失われますので気を付けましょう。 食べ物と組み合わせて飲む ニンニク料理 ニンニクに含まれるアリシンがビタミンB1を分解されにくくし、吸収を早めます。 豚肉料理 赤身であれば脂肪分も少なく、動物性たんぱく質は分解されにくいという特徴もあります。 スギナ茶は適量であれば副作用の心配は格段に下がりますが、飲み方を工夫すればさらに安全に飲むことが可能です。 ビタミンB1を破壊する恐れをはらむスギナ茶ですが、ビタミンB1を補給しながら飲んだり、分解しにくい成分を取り入れることで問題なく飲めます。 以上のことを試しながら安全にスギナ茶を飲んでくださいね。 6 自分でスギナ茶を作る方法 スギナ茶はどこにでも生える雑草ですので、入手は容易です。 多少の手間をかければ自宅で作ることも可能です。 そこでスギナ茶の作り方をご紹介します。 天日干しに時間がかかりますが、それ以外はとても簡単です。 夏などの水分補給にも冷やしておけば、麦茶代わりにもなります。 スギナを切らずにお風呂に入れて入浴剤代わりに使うことも可能です。 誰にでもすぐできる方法ですので皆さんもぜひ試してくださいね。 さて、 『スギナ茶の効用効果と飲み過ぎで起こる副作用6つ』はいかがでしたか? スギナ茶はミネラルも豊富で健康やダイエットにも良いお茶ですが、飲みすぎるとビタミンB1を分解し脚気を引き起こす恐れを持っています。 しかしながら、現在ではビタミンB1を補給するのに十分な環境があり、用法さえ間違えなければ健康飲料であることは間違いありません。 今回の内容でスギナ茶の理解を深めた皆さんは正しい飲み方でスギナ茶を利用してくださいね。 今回ご紹介した内容に関連する記事として• も併せてご覧ください。 記事カテゴリー• 135•

次の

スギナ粉末の飲み方

スギナ 食べ 方

スギナはシダ科で、日本全国に生えている在来種の草です。 スギナは涼しい土地を好むため、寒い土地にたくさん生えています。 また、スギナが増殖するピークは春~夏で、冬でも枯れることはありません。 スギナは、駆除するのが厄介で難しい草と言われています。 その証拠に、スギナは別名『地獄草』と呼ばれているほど、生命力が強くしつこい草です。 スギナが地獄草を呼ばれるようになったのは、地面の奥深くまでビッシリ根を張ることから、この名前がつきました。 スギナは地獄草とも呼ばれていますが、その正体は『つくし』です。 スギナは春になると、可愛らしいつくしになります。 "厄介なスギナが、つくしだったなんて! "と、驚く方もいるようです。 スギナの地下茎(根茎)や塊茎を抜いて、駆除しましょう。 できれば毎日、スギナの地下茎(根茎)を引っこ抜く作業をすることです。 スギナは成長するのがとてつもなく早いため、毎日抜くと成長することができず、枯れていきます。 ですが、スギナは地下茎(根茎)が根深いため、途中でで切れてしまうことも多いはずです。 でも、おかまいなしに、スギナの地下茎(根茎)を引っこ抜いて駆除しましょう。 継続してスギナを引っこ抜くことが、駆除につながります。 スギナの地下茎(根茎)を引っこ抜いて、駆除していくのは大変な作業です。 スギナ(根茎)の駆除に使える便利なグッズを使って、効率良く作業しましょう。 形状は丸くプックリしていて、栄養がギッシリ詰まっています。 塊茎は地下茎(根茎)に栄養を与え、スギナの成長を助長させる存在です。 さらに、地下茎(根茎)に新しい芽を生えさせる原因にもなるため、スギナの地下茎(根茎)を引っこ抜いて駆除しましょう。 熱湯をスギナにかけると駆除できます。 植物は熱湯をかけると枯れるため、スギナの駆除も可能です。 ただし、薬剤を使わないため、土の上に出ているスギナしか駆除できません。 何度も説明している通り、スギナの地下茎(根茎)は、地中の奥深くに張り巡らせています。 スギナの上から熱湯から注いでも、地下茎(根茎)まで熱湯を到達させるのは難しいでしょう。 地下茎(根茎)を枯らして駆除するには、熱湯を十分に浸透させる必要があります。 また、スギナの地下茎(根茎)に熱湯を注いでも、肉眼で確認することができません。 つまり、スギナの地下茎(根茎)に、熱湯が十分に浸透したか? 憶測で駆除を行うことになります。 さらに、スギナが広範囲に生えている場合は、想像を絶するほどの熱湯を使います。 そして、時間だけでなく労力も使うため、スギナの駆除作業はヘトヘトになるでしょう。 熱湯は薬剤を使わないですが、時間・労力・熱湯を消耗します。 どうしても熱湯でスギナの駆除をしたい方は、覚悟の上で行いましょう。 スギナは目に見える分だけではありません。 スギナの芽は地中に埋まっているため、時間が経つと出てきます。 地中に埋まっているスギナの芽が出てくる前に、土に染み込ませる除草剤で、駆除しましょう。 スギナの駆除に効く除草剤は2タイプです。 グリホサート系の除草剤をスギナの葉っぱにかけると、駆除成分が地下茎(根茎)まで浸透し、根っこまで枯らして駆除します。 店頭でよく販売されている除草剤(グリホサート系)は、『ラウンドアップ』『サンフーロン』です。 ラウンドアップの場合は、除草剤をスギナの葉っぱ全体にかけなくても、地下茎(根茎)までしっかり駆除できます。 そして、スギナの駆除をした後、除草剤の成分が残りにくいのも特徴です。 そのため、すぐに植物等を植えることができます。 スギナに除草剤を撒いてから枯れるまでの間、雨が降ることもあるでしょう。 雨が降っても除草剤のパワーが衰えにくいのは、ラウンドアップです。 梅雨時等、雨が多い季節に使う場合は、ラウンドアップが向いています。 梅雨に関係なく、雨が心配な方もラウンドアップを使うと良いでしょう。 コストを抑えてスギナの駆除したい方に向いています。 サンフーロンの価格が安い理由は、ジェネリックの除草剤だからです。 サンフーロンでスギナの駆除をする時は、水で25倍に薄めてから使いましょう。 スギナに撒くと、約6時間で除草剤の成分を吸収しますが、即効性はありません。 スギナに撒いてから、約1週間~10日以上経つと枯れます。 サンフーロンは、スギナを駆除するまでに時間がかかるでしょう。 でも、スギナの地下茎(根茎)を確実に駆除できます。 塩はスギナだけでなく、雑草等を枯らして駆除したい時にも使われる方法です。 スギナを塩で駆除する時は、スギナの根元部分(土の部分)に塩をしっかり撒きます。 塩を撒いてから数日~1週間くらい経つと、スギナが枯れていくのがわかるでしょう。 でも、生命力の強いスギナの地下茎(根茎)を塩で枯らすには、大量の塩が必要です。 そのため、コストがかかります。 そのため、コストがかかります。 さらに問題なのは、塩でスギナを駆除すると、他の植物が何も育たなくなることです。 土は塩を分解することができないため、ずっと残り続けます。 そして、雨が降ると塩による被害は拡大します。 周辺の家に塩が流出する・周辺に生えている草木も枯らす・配管や家の基礎を劣化させる等、様々な影響を及ぼすのが塩です。 塩でスギナの駆除をする時は、家の敷地内で使ってはいけません。 塩を使う場合は、周辺に家や草木がないことを確認して、二度と植物を植えない場所で使いましょう。 少し手間はかかりますが、防草シートでスギナを駆除するのも良いです。 ただし、防草シートでスギナを駆除する時は、『スギナを駆除してから』使いましょう。 スギナを駆除してから防草シートを敷くと、スギナ対策もできます。 防草シートをスギナが生えていた部分に敷くと、スギナの芽が出てきません。 スギナを含む植物は、太陽の光りを浴び、光合成をして成長します。 でも、防草シートを敷くと、スギナは太陽の光りを遮断されるため、成長することができません。 防草シートを選ぶ時は値段ではなく、『良い品質の物を選ぶ』ことです。 安価で品質の良くない防草シートは、すぐにスギナが出てきます。 さらに、劣化も早いため、交換する手間がかかり面倒です。 無農薬の畑には、除草剤を使うことができません。 無農薬の畑でスギナ駆除をする時は、防草シートが最適です。 防草シートなら、畑に植えている作物に影響を及ぼすこともなく、スギナの駆除ができます。 防草シートでスギナ駆除をする時のポイント等は、『スギナの駆除対策方法9つ』でご紹介した、8番の『防草シートでスギナを駆除』を参考にして下さい。 それは、こまめにスギナを引っこ抜いて駆除することです。 スギナが少しでも出ていれば、引っこ抜きましょう。 スギナが大きく成長する前に、こまめに引っこ抜けば、スギナが育つ前に駆除できます。 スギナを抜く時、途中で切れても構いません。 そして、小さなスギナも見逃さないで、引っこ抜いて駆除しましょう。 継続して、スギナを抜き続けていると、スギナは元気がなくなってくるはずです。 最後は、スギナは枯れるため駆除できます。

次の

スギナ/ツクシの煎じ方・食べ方と効能|風邪予防や利尿作用も

スギナ 食べ 方

なぜスギナは駆除しにくいのか スギナがこれほどまでに駆除しにくいのには、スギナの特性と繁殖方法が関係しています。 スギナの繁殖方法の特徴を知ると、駆除しにくい理由がわかるのでまとめてみました。 その為、地上部に見えている胞子茎(つくし)や栄養茎(スギナ)を刈り取って除草をしたつもりになっていても、地下茎の「根茎と塊茎」は残っているので防除方法としては不十分です。 冬は地下茎だけが生き残り、越冬して暖かくなると地上に顔を出します。 このことから、 駆除には地下茎の根絶が必要であることが分かります。 3.地下茎 根茎)は切断されると分裂して増える スギナが特に厄介なのがこの 「分裂して増える」という点です。 地面を掘り起こして地下茎の駆除をしようとして、トラクターなどのロータリーで耕したり、手で地面を掘って引きちぎったりしても、 切断された根茎の「節」から芽吹くのでかえってスギナを増やしてしまう結果になります。 かえってスギナが広範囲に増えてしまうので、根を掘り起こしたり引きちぎって駆除するのは絶対にやめましょう。 スギナの地下茎は 地下30~40cmに多いですが、時には1mの深さを越すものもあるので、人力での根絶は難しいでしょう。 ロータリ耕をすることで分裂する強害雑草に 「」がありますが、こちらもスギナ同様にとても厄介な雑草として世界各地に君臨しています。 4.胞子には除草剤の効果が薄い 厄介なのは地下茎だけではなく、シダ植物特有の 「胞子で増える」という性質もあります。 失敗例で多いのが、 地上部分のスギナを刈り取る際に胞子が飛散してしまい、かえって遠方にまでスギナを蔓延させてしまうという点です。 胞子にはほとんどの除草剤はなす術がありません。 次は、スギナの特性についての誤解から生まれた、 間違った対策を一つ紹介しよう スギナ駆除に石灰を使うのは効果が無いどころか逆効果! ネットで調べると出てくる 「スギナの駆除に石灰を使う」という方法ですが、 これは 「全く意味がありません!」 意味がないどころが 逆効果になってしまう事さえあります。 スギナの防除方法として一つ有効なのは、 他の作物の雑草抑制力を使うという方法があります。 例えば、大豆のように他の作物に負けまいとする競合力の強い作物があると、大豆の方がスギナよりも大きく育っていくので、スギナの成長を抑制してくれる効果があります。 しかし、土壌が酸性に近いと、酸性土壌への適応能力の高いスギナの成長の方が勝ってしまい、他の作物の雑草抑制力が効かなくなってしまうのです。 この 「スギナは酸性土壌への適応能力が高い」という事を 、 「スギナは酸性土壌を好む」と誤解されたために、「石灰をまいてpHを中性~アルカリ性に近づければスギナ駆除に効果的である」というような間違った対処法が伝わったのでしょう。 スギナは実際は 「中性」の土壌を好みます。 酸性土壌を中性やアルカリ性に近づけることは、 他の作物の雑草抑制力を使う場合において効果的ですが、スギナ自体への駆除効果は全くありませんので、スギナが茂っているお庭に石灰をまいても意味がないのです。 例として、ラウンドアップの特徴を表にまとめます。 その為、基本成分には違いはほとんどなく、サンフーロンの方が安価に購入ができます。 ただ、これらのグリホサート系の除草剤は 「移行型」の除草剤のため、散布をしてから除草効果が完成するまでに数週間から1か月ほどかかることがあります。 その間に雨が降ると効果が減弱しやすく、 雨が降っても大丈夫な時間はラウンドアップの方がやや優れているので、雨の降りやすい季節や地域での散布を検討している方はラウンドアップマックスロードの方が良いかもしれません。 ラウンドアップやサンフーロンなどのグリホサート系薬剤の安全性については、こちらの「の記事をご覧ください。 また、上記の表に記載されている内容や、有効成分、安全性などについては、以前ご紹介した「」についての記事で詳しくまとめてありますので、購入前にご一読をお勧めいたします。 ラウンドアップやサンフーロンを使う事によって、有効成分が浸透していき、時間はかかりますがスギナの根まで枯らすことができます。 これらの除草剤は、土壌で安全に分解されることがメリットなのですが、その反面効果の持続性は無いため、除草後の土地にスギナの胞子が飛んできたり、地中に残ったスギナの根があるとすぐに再発生してしまいます。 徹底的にスギナの発生を防ぎたい方は、除草剤使用後に をお勧めいたします。 我が家でも芝生の中にスギナが生えてきており、 「MCPP液剤」という芝生のようなイネ科の植物に影響の出ない除草剤を使って駆除しております。 MCPP液剤は、スギナ以外にも 「カラスノエンドウ」「スベリヒユ」「クローバー」等に効果があり、 イネ科の芝生に対する安全性が高いので、ゴルフ場などでの雑草防除によく使われている除草剤です。 ご自宅の芝生に対しての安全性はメーカーサイトをご確認いただくと確実ですので、必ず適用があることを確認してから使用するようにしましょう。 苔の中にスギナが生えてきた場合は「プリグロックスL」を使おう! プリグロックスLは「 最も苔に影響の少ない除草剤」として使われていますが、医薬外毒物指定されているので一般のホームセンターやネット通信販売では購入ができません。 詳しくは下記記事にてプリグロックスの特徴と使い方について解説していますので、あわせてご覧ください。

次の