エクセル クリックするとチェックが入る。 【上級者直伝】エクセルでチェックマークをつけるには?-知っていると便利な活用法5選

【エクセル】IF関数で『何か文字が入っていたら』

エクセル クリックするとチェックが入る

こんにちは! エクセル大好きコンソメチップス(兄)()です。 先日仕事で「エクセルで、四角の枠にレ点を入れる方法を教えて欲しい」との問い合わせがありました。 Windowsの右下にある「道具箱」の様なアイコンをクリックしたら「プロパティ」をクリックしましょう。 そうすると、「IMEのプロパティ」が出てきます。 右側の「辞書の設定」で『一般』にチェックを入れて『適用』を選択しましょう。 今回の場合は、社内書類の作成とのことでほぼ同一のパソコン環境となっているので、その点は問題ありませんでした。 まずは、 エクセルでチェックボックスを使えるように設定を変更する必要があります。 エクセルの「ファイル」をクリックし、「オプション」をクリックしましょう。 そうすると、「Excelのオプション」が出てきます。 左の項目『リボンのユーザー設定』を選択、リボンのユーザー設定で『開発』にチェックを入れて『OK』を選択しましょう。 エクセルに今までなかった「開発」タブが出現します。 あとは出現した『開発』タブを選択し、コントロールの『挿入』をクリックすると、フォームコントロールが出てくるので『チェックボックス』を選択しましょう。 あとはチェックボックスを作りたい場所を選んであげれば、完成です! 詳しくチェックボックスについて知りたい方は、「チェックボックス」で検索してみて下さいね。

次の

エクセルでセルをクリックすると“○”と入力

エクセル クリックするとチェックが入る

ハイパーリンクとは? そもそもハイパーリンクとは、どういう機能なのでしょうか?まずは、ハイパーリンクに関する基礎知識をお伝えします。 ハイパーリンクの便利な機能 ハイパーリンクとは、クリック1つで指定したリンク先に飛ぶことができる機能です。 セルや挿入されている画像にも設定することが可能です。 Webサイトやファイルを開いたり、エクセルの別のセルに移動(シート間の移動も可能)する場合に活用できます。 また、メールを自動作成することもできます。 絶対パス・相対パス ハイパーリンクを設定するときの方法には「絶対パス」と「相対パス」があります。 この「パス」とは、英語で道を表す単語「Path」のことで、リンク先にたどり着くための道筋、つまり方法のことです。 絶対パス 絶対パスとは、リンク先をURL表示させて、その位置を伝える方法です。 日常生活に例えるなら、人と待ち合わせをしているとき、相手に集合場所の住所(リンク先のURLがこれに当たる)を伝えるようなものです。 他の場所にいる人がその情報(住所)を見たとしても同じ目的地にたどり着くことができるため、絶対パスと言います。 エクセル上で「file. doc」という記載をします。 相対パス 相対パスとは、今いる階層(場所)を基準に、リンク先の位置を伝える方法です。 待ち合わせの相手に、その人が今いる場所からの道筋を「次の角を右折、そこから200メートル直進」というように教えるということです。 「file. doc」を相対パスで表すと「. doc」となります。 」は、基準となる階層を表します。 上の階層を示す際は「.. 」となります。 つまり、1つ上の階層にあるファイルを示す場合は「.. doc」、2つ上の階層にあるファイルを示す場合は「.. doc」と記載します。 エクセル・ハイパーリンクの作成方法 エクセルのハイパーリンクは、設定するリンク先の種類によって手順が少し異なります。 ここでは、それぞれの目的に応じたハイパーリンクの作成方法について説明します。 [シート上にハイパーリンクを作成] エクセルシート上にハイパーリンクを作成する方法について説明します。 新しいファイルへ飛ぶ ハイパーリンクを設定してからリンク先のファイルを新しく作成する場合は、以下の方法で行います。 既存のファイル、サイトへ飛ぶ 既存のファイルやサイトへ飛ぶためのハイパーリンクを設定する場合は、以下の方法で行います。 シート間を移動するハイパーリンクを作成 エクセルのシート間を移動するハイパーリンクを作成する場合は、以下の方法で行います。 あらかじめ移動先として設定したいシート名とセル番号を確認しておいてください。 ハイパーリンクの編集方法 エクセルで設定したハイパーリンクのリンク先や書式の編集方法、削除方法について説明します。 リンク先を変更 設定済みのハイパーリンクのリンク先を変更する場合の手順を説明します。 この変更は、ブック内の全てのハイパーリンクの書式に反映されます。 設定も確認も簡単なのがハイパーリンクの魅力! ハイパーリンクを有効活用すれば、外部のサイトや別のファイルと上手く連動したわかりやすい文書が作成できます。 ハイパーリンクの設定方法は難しくなく、ちゃんと設定されているかどうか確認するときも、青く表示されているハイパーリンクを1クリックするだけで済みます。 便利で簡単なハイパーリンクの機能をぜひ活用していきましょう。

次の

【エクセル】IF関数で『何か文字が入っていたら』

エクセル クリックするとチェックが入る

エクセルでチェックマークを付けるには? では始めにチェックマークの基本的な付け方を説明します。 チェックマークの付け方は2種類ありますので、それぞれ確認してみましょう。 1-1. 特殊文字でチェックマークを付ける まずは「特殊文字でチェックマークを付ける」方法で、手順は次の通りです。 (1)チェックマークを付けるセルを選択する (2)「挿入」タブの「特殊文字」ボタンをクリックする (3)「文字コード」に「254」と入力し、Enterキーを押す (4)「記号と特殊文字」ウィンドウを閉じれば完了 この入力方法のメリットは、「シンプルにチェックマークが付けられること」ですが、デメリットは、「その都度文字入力しなければならず時間が掛かること」で、次に紹介する方法と比べると入力に手間が掛かってしまいます。 1-2. チェックボックスでチェックマークを付ける では次に、「チェックボックスでチェックマークを付ける」方法を見てみましょう。 チェックを入れたり外したりする頻度や見た目などで、その都度適した方を使いましょう。 知っていると便利な「チェックボックス」活用法 チェックボックスは覚えるまでにちょっと大変ですが、使いこなせるようになるととても活用の幅が広く便利です。 ここではそんなチェックボックスの、便利な使い方を解説します。 2-1. チェックの数を数えるには? まずは「チェックの数を数える方法」です。 この方法は、複数あるチェックボックスの中でいくつチェックが付けられているのか、数を知りたい時に便利です。 2-2. チェックとセルの塗りつぶしを連動させる 次に「チェックとセルの塗りつぶしを連動させる」方法です。 例えばチェックマークだけでは目立たない場合、この方法を使うとより分かりやすくなります。 2-3. チェックボックスをセル枠に合わせる方法 そして「チェックボックスをセル枠に合わせる方法」です。 チェックボックスは配置の自由度が高い分、セル枠に合わせるのに一苦労します。 ここではそんなチェックボックスを、きっちりとセル枠に合わせる方法を紹介します。 (1)チェックボックスを挿入する (2)チェックボックスを選択した状態で「書式」タブにある「配置」ボタンを押し、「枠線に合わせる」をクリックする (3)チェックボックスの範囲を調整する (4)完了 このようにすれば、チェックボックスの範囲を簡単にセル枠に合わせることができます。 2-4. チェックボックスを簡単にコピーする さらに「チェックボックスを簡単にコピーする」方法です。 複数チェックボックスを作りたい時にとても便利です。 2-5. チェックボックスを連動させる方法 最後に「チェックボックスを連動させる方法」です。 例えば「全てチェックできるチェックボックス」を設置したい時に便利です。 ちなみにコード内の「C2…C10」は結果を表示させるセル番号を指定し、チェックボックスの数に合わせて増減させてください。

次の