また逢う日まで 歌詞。 またあう日までさようなら〜歌詞

「また逢う日まで」の歌詞、「ふたりで名前消して」とは?

また逢う日まで 歌詞

「二人でドアをしめて~」の歌詞に隠された謎 この曲の歌詞は、私にとって長い間、謎だった。 それがある時、夏の炎天下に氷を放り出したように、一瞬にして解けた。 極めて個人的な話だが、自分にとってはけっこう衝撃的な発見だったので書き記す。 『また逢う日まで』が発表されたのが1971年。 『クレヨンしんちゃん』の映画にも取り上げられた大阪万国博覧会の翌年で、歌謡曲では、ほかに小柳ルミ子のデビュー曲『わたしの城下町』が大ヒットしていた(どんな紹介だ)。 尾崎紀世彦にとっては、ソロ二枚目のシングルで大ヒット。 売上枚数は4月に発売された『わたしの城下町』の方が上だったと記憶しているが、その年のレコード大賞、歌謡大賞をダブル受賞したという昭和の大ヒット曲のひとつだ。 平成生まれの私の子供たちも、あの印象的な前奏と、「ふたりで~」のあたりは聞き覚えがあるという、時代を超えたパワーを持つ曲だ。 この時、私は小学校5年生の子供だったが(年齢がわかりますね)この曲は大好きだった。 あまり歌謡曲を聴かない親父さえ「いい曲だよな」と言っていたのを思いだす。 とにかくスケールが大きい曲で、尾崎紀世彦のもみあげもなんかすごかったし、何より歌が大迫力だった。 ただ、歌詞の意味がよくわからなかった。 登場人物たち、おそらく男女だと思うが(同性でももちろんよい)別れ別れになるのでとてもツライらしい、というところまではわかった。 そして、二人で家を出ようとして、外出するとき鍵をしめる家なんてない、という田舎に住んでいた私だが、ドアに鍵をかけようとることぐらいは理解できた。 まったくわからなかったのは、その先だ。 次のフレーズ「二人で名前けして~」。 名前を消すとはどういうことだ。 親父に聞いたが「わからん」と言われた。 わかったのかもしれないが、おそらく、しっかり考えるのが面倒くさかったのだろう。 そういう人だ。 友人に聞いても意味が分からない。 漠然と、何か子供の私には理解できない何かの例え話だろう、それは悲しみをごまかそうとしている行為なのだろう、と考えて、納得することにしたのだ。 歌詞の意味が十分わからなくても、『また逢う日まで』が名曲であることには間違いない。 そんな曲、子供の周囲にはたくさんあった。 『ブルーシャトウ』なんて、歌詞の世界のすべてが謎だった。 思春期を迎えようとしていた私には、そんな疑問はささいなこと。 とりあえず納得したら、胸の奥に沈んで、10年以上浮かび上がることはなかった。 公団住宅のリビングで突然解けた謎 僕は妻と結婚してしばらくした頃。 13階建ての公団住宅の12階にいた頃だから、おそらく28歳くらいだった。 『また逢う日まで』を最初から聞いてから17~18年の時が流れていた。 歌番組で、久しぶりに『また逢う日まで』た。 その時、まるで神からの信託のように、疑問だった『歌詞を消す』意味が解けた。 おそらく、公団の団地に住んでいたから気付いたのだ。 表札なのだ。 しかも、木やプラスチックを削ったものではなく、マジックペンで名前を書けるタイプの表札。 それを二人で、雑巾かなにかで拭いて消したのだ。 二人で部屋を引き払う瞬間の悲しみを、二人で行う最後の共同作業として、マジックで消す行為で表現したのだ。 長年の謎がとけて、深い満足感に包まれたことをよく覚えている。 だが、その後、別の感慨が湧いてきた。 それともイタリアにもあるのか? マジックで書くタイプの表札が。 いた、きっと違う。 舞台は日本だ。 少なくとも僕はそう思う。 1970年代前半の若い二人には、なんとなく幸薄い感じがただよっていた。 かぐや姫の『神田川』や『赤ちょうちん』に代表される、二人で暮らす若い男女は、裸電球の狭いアパートで肩を寄せ合って暮らしていて、なんか暗いイメージがあったけれど、『また逢う日まで』の二人は違うと思っていた。 でも、『また逢う日まで』の登場人物たちは、『神田川』や『同棲時代』と同世代の人たちだったんだ(ちなみに『神田川』『同棲時代』は翌々年の1973年のヒット)。 窓の下には神田川、だったのかもしれない。 神田川は東京中を流れているから。 僕が大学生だったときに住んでいた四畳半のアパートの近くにも流れていた。 安保闘争の渦に身を投げても回天の志叶わず、疲れて身を寄せ合っていた若者たちの別れを、大作詞家阿久悠の腕と、筒美京平のメロディの腕で、とってもおしゃれで、異国情緒あふれる1シーンに昇華させた。 実際は違うのかもしれないけれど、僕はそう思った。 そう思ったら、余計この曲が好きになった。 今でも、この歌を聴くと、そんなイメージが浮かんで来てラテン系のしゃれ者に見える二人が、実は何も持たずに都会の砂漠に足を踏み出そうとしている等身大の男女に見えてきて、とても愛おしくなるのである。 蛇足だが、小学校5年の時、もちろん経験も乏しいわけだが、まったく検討がつかなかった理由は別にあると思っている。 隣の家が50メートルや100メートル離れているのは当たり前の農村。 でかい家に大家族で住んでいるのが当たり前。 風呂が五右衛門風呂のところも少なくなかった。 要するに、トトロに出てくる古い農家みたいなのが、そこかしこにあったわけだ。 確かに、玄関にはマジックで書くタイプの表札があって、大人の名前が数人(おそらく世帯主、妻、じいさん、ばあさんあたりだろう)書かれていた。 だけど、それが別れのシーンに出てくるアイテムと繋がるなんて夢にも思わなかった。 だって、ぜんぜんロマンティックじゃない。 当時の僕が連想できるわけがなかったのだ。 ベストアルバムがitunesやamazonでダウンロード購入できるので、おすすめです。 『ゴッドファーザー』はもちろん、『さよならをもう一度』『しのび逢い』『五月のバラ』などは名曲。 尾崎紀世彦に思い入れがあって、聴いたことがないなら、一聴の価値あり。 個人的な一押しは『愛する人はひとり』。 アップテンポでサビに向かって軽快に駆け上がっていく哀愁を帯びたメロディは、とても気持ちがいい。 一時は、カラオケの十八番曲でした。

次の

また逢う日まで 歌詞「平井 大」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

また逢う日まで 歌詞

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」。 今週は月曜日から、カヴァー曲特集をお送りしてきました。 今日ご紹介するのは、ズー・ニー・ヴーによる「ひとりの悲しみ」。 尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」と同じく、作曲は筒美恭平さん、作詞は阿久悠さんです。 そう、阿久悠さんは、同じ曲に、歌詞を二度書いているんです。 少々ややこしいのですが、最初にこの曲に詞をつけたのは、やなせたかしさん。 CMソングの候補曲でしたが、採用されませんでした。 そこで、今度は阿久悠さんが歌詞をつけ、ズー・ニー・ヴーがリリース。 それがこの「ひとりの悲しみ」です。 その後、尾崎紀世彦さんのプロデューサーが、「どうしてもこの曲を尾崎さんに歌わせたい」と、阿久悠さんに歌詞の書きかえを頼みます。 最初は応じなかった阿久さんですが、プロデューサーの熱意に負け、男女の別れのひとコマを歌詞にしました。 そして、前作とはまったく違うドラマを描いたこの曲は、尾崎紀世彦さんののびやかな声を相まって、日本レコード大賞を受賞するほどの大ヒット曲になったのです。 情景が浮かぶような阿久悠さんの歌詞。 歌うアーティストが違うと、頭に浮かんでくる情景も、また違って見えてくるような気がします。 名曲というのは、こうして歌いつがれてゆくんですね。 スターダスト・レビューの美しいハーモニーも、是非お聴きください。 それでは、「また逢う日まで!」ではなく、来週の月曜日にお会いしましょう! ラジオは、AM954kHz、FM90. 5MHz。 パソコンやスマートフォンでは「」でもお聴きいただけます。

次の

平井大 また逢う日まで 歌詞

また逢う日まで 歌詞

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」。 今週は月曜日から、カヴァー曲特集をお送りしてきました。 今日ご紹介するのは、ズー・ニー・ヴーによる「ひとりの悲しみ」。 尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」と同じく、作曲は筒美恭平さん、作詞は阿久悠さんです。 そう、阿久悠さんは、同じ曲に、歌詞を二度書いているんです。 少々ややこしいのですが、最初にこの曲に詞をつけたのは、やなせたかしさん。 CMソングの候補曲でしたが、採用されませんでした。 そこで、今度は阿久悠さんが歌詞をつけ、ズー・ニー・ヴーがリリース。 それがこの「ひとりの悲しみ」です。 その後、尾崎紀世彦さんのプロデューサーが、「どうしてもこの曲を尾崎さんに歌わせたい」と、阿久悠さんに歌詞の書きかえを頼みます。 最初は応じなかった阿久さんですが、プロデューサーの熱意に負け、男女の別れのひとコマを歌詞にしました。 そして、前作とはまったく違うドラマを描いたこの曲は、尾崎紀世彦さんののびやかな声を相まって、日本レコード大賞を受賞するほどの大ヒット曲になったのです。 情景が浮かぶような阿久悠さんの歌詞。 歌うアーティストが違うと、頭に浮かんでくる情景も、また違って見えてくるような気がします。 名曲というのは、こうして歌いつがれてゆくんですね。 スターダスト・レビューの美しいハーモニーも、是非お聴きください。 それでは、「また逢う日まで!」ではなく、来週の月曜日にお会いしましょう! ラジオは、AM954kHz、FM90. 5MHz。 パソコンやスマートフォンでは「」でもお聴きいただけます。

次の