女性活躍加速のための重点方針。 すべての女性が輝く社会づくり本部

第7回すべての女性が輝く社会づくり本部

女性活躍加速のための重点方針

「女性活躍加速のための重点方針2020」はこちら( )• 「女性活躍加速のための重点方針2019」はこちら( )• 「女性活躍加速のための重点方針2019」に基づく令和2年度概算要求等について( )• 「女性活躍加速のための重点方針2019」に基づく令和2年度予算案等について( )• 「女性活躍加速のための重点方針2018」はこちら( )• 「女性活躍加速のための重点方針2018」に基づく平成31年度概算要求等について( )• 「女性活躍加速のための重点方針2018」に基づく平成31年度予算案等について( )• 「女性活躍加速のための重点方針2017」はこちら( )• 「女性活躍加速のための重点方針2017」に基づく平成30年度概算要求等について( )• 「女性活躍加速のための重点方針2017」に基づく平成30年度予算案等について( )• 「女性活躍加速のための重点方針2016」はこちら( )• 「女性活躍加速のための重点方針2016」に基づく平成29年度概算要求等について( )• 「女性活躍加速のための重点方針2016」に基づく平成29年度予算案等について( )• 「女性活躍加速のための重点方針2015」はこちら( )• 「女性活躍重点方針2015」に係る平成28年度概算要求内容等について( )• 「女性活躍重点方針2015」に係る平成28年度政府予算内容等について( ).

次の

養育費確保へ法改正検討 政府、女性活躍で重点方針:時事ドットコム

女性活躍加速のための重点方針

すべての女性が輝く社会づくり本部で発言する安倍晋三首相=1日午前、首相官邸 政府は1日、「すべての女性が輝く社会づくり本部」(本部長・首相)の会合を首相官邸で開き、「女性活躍加速のための重点方針2020」を決定した。 離婚後の子どもの養育費確保に向けて法改正の検討を明記。 首相は会合で「困難な状況にある女性に対しても、しっかりと支援を行っていく」と強調した。 法務省では、養育費を支払わない親から公的機関が強制徴収する案などが検討されている。 重点方針は、養育費問題に対する法的支援や解決の在り方に関して、同省が自治体と連携してモデル事業を行い調査研究を始めることも盛り込んだ。 また、新型コロナウイルスの感染拡大で「女性がより深刻な雇用の危機にさらされることも懸念される」と指摘。 雇用や生活への影響について、男女の違いに着目した調査の実施を検討課題に挙げた。 家庭内暴力(DV)が増加する恐れもあるため、24時間対応の電話相談を当面実施することも明記した。 一方、新型コロナでテレワークによる在宅勤務が普及しつつあることから、「男性の家事・育児への参画を促す好機」とも強調。 出産直後の時期を中心に、男性の育児休業取得を促進する枠組みについて「経済的支援を組み合わせることも含め検討する」と記した。

次の

ひとり親家庭など支援「女性活躍加速のための重点方針」決定

女性活躍加速のための重点方針

令和元年(2019年)6月18日に首相官邸で開催された「すべての女性が輝く社会づくり本部(第8回)」の資料が公表されました。 今回の会議で、「女性活躍加速のための重点方針2019」の取りまとめが進められました。 本部長である安倍総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べています。 「本日、重点方針2019を取りまとめました。 女性の復職やキャリアアップを更に後押しするため、魅力的な学習プログラムの開発、相談体制の整備などを進めることで、学び直し支援を一層拡充してまいります。 また、昨今、DV(ドメスティック・バイオレンス)などによる痛ましい事件が相次いでいます。 女性に対する暴力は、決して許されるものではありません。 本日、関係府省による連絡会議の開催を決定いたしましたが、女性に対するあらゆる暴力の根絶を目指し、DVを始めとする多様な困難に直面する女性に対する支援を、今後、抜本的に強化してまいります。 」 今後、政府一体となって、重点方針2019で取りまとめた政策を速やかに実行していくようです。 女性の復職やキャリアアップを更に後押しするための学び直しが強調されていますが、その支援として、どのような具体的な措置が講じられることになるのかなど、今後の動向に注目です。 詳しくは、こちらをご覧ください。 <すべての女性が輝く社会づくり本部(第8回)/資料>.

次の