大阪 府 持続 化 給付 金。 大阪府の持続化給付金申請サポート会場の開催場所と窓口の連絡先は?|カユテガ

【新型コロナ】中小企業200万円 個人事業主100万円【持続化給付金】2020年5月1日申請、最速5月8日支給

大阪 府 持続 化 給付 金

同じところ• 確定申告書、別表などが必要書類• WEB画面で申請情報を記入• 対象月の売上台帳が必要• 前年同月の売上がなくてもOK• 法人と個人事業両方営んでいれば両方で申請OK• 本人確認書類• 【編集指示:冒頭で注意事項として表示させてください。 支給額 持=法人200万、個人100万 外= 法人100万もしくは50万、個人50万もしくは25万 【編集指示:目次のような形式で表示】• 申請期限 持=令和3年1月15日 外=令和2年6月30日 【編集指示:目次のような形式で表示】• 前年の売上資料 持=確定申告書などで確認 外=平成31年4月の帳簿等(法人の場合は概況書も可) 【編集指示:目次のような形式で表示】• 事業の実態の証明 持=証明書類の必要なし 外=外観、内観、看板などの写真が要求 【編集指示:目次のような形式で表示】• 許認可の証明書 持=証明書類の必要なし 外= 許可書(飲食店営業等) 【編集指示:目次のような形式で表示】• 事業所の場所の証明書類 持=証明書類の必要なし 外=賃貸借契約書、建物の登記簿謄本 【編集指示:目次のような形式で表示】• 申請方法 持=WEB申請 外=レターパックライト(370円)で郵送 【編集指示:目次のような形式で表示】• 専門家への支給 持=なし 外=特定の資格者のみ(個人事業のみ) 【編集指示:目次のような形式で表示】 税理士から一言 まずは、休業要請外支援金が先 売上台帳などは使い回し 休業要請外支援金は、個人の自宅兼事務所もOK 休業要請外支援金は、事業所の概念が大事! 事業所についてこちらのサブチャンネルでも説明しています!.

次の

コロナ対策給付金(まとめ) ※大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県の皆さまへ

大阪 府 持続 化 給付 金

・中小法人 府内に複数事業所を有する場合100万円 1事業所の場合50万円 ・個人事業主 府内に複数事業所を有する場合 50万円 1事業所の場合25万円 支給は1事業者につき一度となっています 申請期間および対象期間が短いので注意 国の持続化給付金は年内のどれかの月の業績が前年比半減以上が条件でしたが、休業要請外支援金は上記の様に 「4月又は4月と5月の平均」 しか対象にならず、申請期間も 「6月30日の消印有効まで」 となっています。 持続化給付金よりも手続きが少しややこしい 持続化給付金と違い、休業要請外支援金は郵送による受付のみです。 それもレターパックライトが指定されています。 他にも持続化給付金申請で必要だった書類にプラスして必要になるものがあります。 ・専門家による申請書類事前確認書 個人の場合のみ ・昨年度の帳簿等の写し ・事業の許可証の写し ・登記簿謄本又は賃貸契約書の写し ・事業所の写真 です。 特に個人の場合のみの「専門家による申請書類事前確認書」は手間だと思います。 税理士や行政書士のような専門家に書類をチェックしてもらい署名して貰う必要があります。 私は顧問契約している税理士さんがいてるのでその方に頼めばいいのですが、契約されている専門家がいない場合は探してお願いする必要があります。 府から1件あたり5000円の費用が出る事になっているようで、業界団体とは話が済んでいるとの事なので近くの専門家に連絡をすれば大丈夫なのだと思いますが、どこでも誰でも対応して貰えるんでしょうか?ちょっと気になります。 あと申請書の押印が 「実印」となっている点も注意ですね。 印鑑証明の添付は不要みたいなので、実印なのかどうかどうやって確認するのか謎ですが・・・・ 日が無いので対象になる人は急ぎ手続きを 申請書の不備なども想定されるので、なるべく早く申請したほうが良いかと思います。 私もすでに顧問税理士にチェックをお願いしていますが、すぐにはチェック出来ないようで数日時間が欲しいと言われています。 ですので、ギリギリまで待っていると専門家にチェックして貰って署名を貰うのに時間がかかり、申請期限に間に合わないかもしれません。 一日でも早く準備しましょう。

次の

持続化給付金の続報!申請方法は?新設法人・法人成りはどうなる?

大阪 府 持続 化 給付 金

・中小法人 府内に複数事業所を有する場合100万円 1事業所の場合50万円 ・個人事業主 府内に複数事業所を有する場合 50万円 1事業所の場合25万円 支給は1事業者につき一度となっています 申請期間および対象期間が短いので注意 国の持続化給付金は年内のどれかの月の業績が前年比半減以上が条件でしたが、休業要請外支援金は上記の様に 「4月又は4月と5月の平均」 しか対象にならず、申請期間も 「6月30日の消印有効まで」 となっています。 持続化給付金よりも手続きが少しややこしい 持続化給付金と違い、休業要請外支援金は郵送による受付のみです。 それもレターパックライトが指定されています。 他にも持続化給付金申請で必要だった書類にプラスして必要になるものがあります。 ・専門家による申請書類事前確認書 個人の場合のみ ・昨年度の帳簿等の写し ・事業の許可証の写し ・登記簿謄本又は賃貸契約書の写し ・事業所の写真 です。 特に個人の場合のみの「専門家による申請書類事前確認書」は手間だと思います。 税理士や行政書士のような専門家に書類をチェックしてもらい署名して貰う必要があります。 私は顧問契約している税理士さんがいてるのでその方に頼めばいいのですが、契約されている専門家がいない場合は探してお願いする必要があります。 府から1件あたり5000円の費用が出る事になっているようで、業界団体とは話が済んでいるとの事なので近くの専門家に連絡をすれば大丈夫なのだと思いますが、どこでも誰でも対応して貰えるんでしょうか?ちょっと気になります。 あと申請書の押印が 「実印」となっている点も注意ですね。 印鑑証明の添付は不要みたいなので、実印なのかどうかどうやって確認するのか謎ですが・・・・ 日が無いので対象になる人は急ぎ手続きを 申請書の不備なども想定されるので、なるべく早く申請したほうが良いかと思います。 私もすでに顧問税理士にチェックをお願いしていますが、すぐにはチェック出来ないようで数日時間が欲しいと言われています。 ですので、ギリギリまで待っていると専門家にチェックして貰って署名を貰うのに時間がかかり、申請期限に間に合わないかもしれません。 一日でも早く準備しましょう。

次の