お 会計 トレー。 レジでのおつりの受け皿渡しについて・・・。

キンタロー。レジでいきなり写真を撮られ…「何?と考え、はっ!」会計トレーにクレカ/芸能/デイリースポーツ online

お 会計 トレー

同感です。 自分がお客さんで支払いの時おつりをもらおうと手を出しているのに 受け皿にだされると、けっこうブルーになります。 接客業としましては、受け皿は、お客様が支払いの時にお金を置く場所であって、 店員は、必ず手渡しが常識です。 忙しいからというのは関係ないです。 逆に受け皿に出したおつりをお客様が数えて、しまうという行為の方が時間がかかります。 数えないでもっていった場合でも、もし、おつりが足りないなどと言われようものなら、それこそ、時間が・・・ 目の前で数えて確実に渡す。 これが、一番。 話はそれますが、ブルーになるというと6千円のおつりで2千円札3枚渡された時は 一瞬頭が真っ白になりました。 私は皆さんとは逆に、釣り銭皿(というのでしょうか、丸いの)に入れてお客様に渡すのが正式で なま暖かい手が触れちゃって、お客様に不愉快な思いをさせないための配慮だと思います。 間違いないかどうか、確認しやすいですし。 正式なお店では、お釣りはトレーに入れて渡すはずですよ。 トレーで渡されるととりにくくて、次の人に待たれちゃって。。。 というのは お店側の配慮が足りないだけでしょう。 本来は、トレーを2個以上用意して、 最初のお客様がお財布にしまっている間に次のお客さんのレジ打ちを行い 次のお客さんへのお釣りは別のトレーに入れて渡す。 どんなに遅くても、次の次のお客さんの精算が終わるまでには最初のお客さんは終わっているだろうから その空いたトレーを3番目のお客さんへの釣り銭に渡す デパートなんかではこうして渡しています。 それとは違って、スーパーのレジなんかの横にお金を置く場所がありますね。 あれは、そこに置いてくださると確認しやすいのでお願いしますとお店側が設置している物なので 釣り銭トレーとは別の性格のものだと思います。 思いますが、店長らしきおじさんがレジにいて 私が代金を手渡そうとしたら「そこに置いて!」と命令口調であごをしゃくったので 余りに腹が立ったので、お釣りを手渡そうとしたのを受け取らず 「そこ!」とあごをしゃくってやりました。 ぷんぷん。 というわけですので(何が?) その店員さんはあくまで礼儀を重んじるタイプで、機転がきかなかっただけですので ブルーにならないでくださいね。 どうぞお教え下さいませ。 A ベストアンサー 私は、4年ほど接客業、主にレジ業務についておりました。 その間、日本商工会議所認定の販売士検定試験3級を取得した際、 以下のように勉強しました。 (お待たせした場合、お待たせいたしました。 )千円のお買い上げでございます。 」 もしくは「千円、ちょうどいただきます。 」 が、私が接客マナー本などを見て勉強した内容です。 ちなみに販売士検定を受ける方が勤めている職種は 百貨店、スーパー、ホームセンター等が多いです。 特に百貨店に勤めている方は、半数以上が販売士の資格を 持っていると聞いています。 最低、3級が接客の基本ですのでこの資格があれば十分どこででも接客のプロとして 仕事を任せていただけると思います。 2級は、フロア責任者、主任クラスの仕事をされてる方が 合格される基準のようです。 尚、この資格は有効期限があり更新するには 講習を受けて、それに合格しないといけません。 したがって、合格後永久に保持できる他の資格とは違い 接客のプロとしての技量が本当に信頼できる人が持っているものと 思っていただける資格です。 6月と10月に確か試験がありますので一度、挑戦してみてください。 資格に関する詳しい事は、日本商工会議所HPを参考にしてください。 私は、4年ほど接客業、主にレジ業務についておりました。 その間、日本商工会議所認定の販売士検定試験3級を取得した際、 以下のように勉強しました。 (お待たせした場合、お待たせいたしました。 )千円のお買い上げでございます。 」 もしくは「千円、ちょうどいただきます。 (お財... A ベストアンサー offroaderさん、こんにちは。 ホテルでおつりを受け取る際、大体90%以上の確立で 皮製のトレイにのせて、わたされますね。 渡される側としては、どちらでもいいですが 小銭をトレイの上に、ざばっとおくのは見栄えが悪いですね。 トレイに置くなら上品に、扱って欲しいです。 もし仮に自分がホテル従業員ならば、 もちろん、金額がきっちりとみえるように、しかもお札の裏表と向きはそろえて お渡しします。 ただ、お年を召された方や、お体が不自由な方などの場合、 トレイに小銭をのせたりすると 一枚一枚、お財布にしまうのが大変かもしれないので そのような場合は、状況から判断して自分がもっともよいサービスと おもうものをお客様に提供します。 それが、手渡しになるかもしれませんし、カウンターの 向こう側、お客様のそばまでいって車椅子などについているバックに 入れるお手伝いをすることになるかもしれません。 Q レジのバイトを始めて3ヶ月目の者です。 私は午後に4時間レジを打った後、点検に入ります。 その時過不足がどうしても出てしまうのです。 気をつけているにもかかわらず、過不足が出ない日の方が多いです。 レジは私以外の社員(店長も)、パートの人も入ります。 午前中4時間は1番レジをメインに稼動し、2番レジはサブで他の人も入る。 その後2番レジは点検せず、そのまま午後にメインレジとして稼動します。 私の使う2番レジは、午前中に他の人も使っているんです。 私は店長にきつく注意されるので、入りたての頃から変わらずお札も小銭も3回以上数えてから渡しています。 そして、先輩方に自分のレジ操作の悪い所などをアドバイスしてもらったりしました。 それなのに、過不足が出てしまうこと、そしてレジに入ったのは私だけじゃないのに私だけひどく叱られるのがすごく悔しいです。 店長が怒るように、本当に過不足の原因は私だけが悪いのでしょうか。 意見をお聞かせください。 私が気をつけている事は・・・ 預かる時 ・お札2回数える。 重なっていないか? ・小銭数える。 100円と50円に注意 ・お札の下に小銭が残っていないか? 入力する時 ・金額入力後もう一度預かり金と見比べてから現計キーを押す お釣りを渡す時 ・ドロアから出すとき数える ・手元で数える ・お客様に見せながら数える ドロアにしまう ・お札、小銭の数を入れながら確認 こうした方が良いよ!という改善点があればアドバイスお願いします。 レジのバイトを始めて3ヶ月目の者です。 私は午後に4時間レジを打った後、点検に入ります。 その時過不足がどうしても出てしまうのです。 気をつけているにもかかわらず、過不足が出ない日の方が多いです。 レジは私以外の社員(店長も)、パートの人も入ります。 午前中4時間は1番レジをメインに稼動し、2番レジはサブで他の人も入る。 その後2番レジは点検せず、そのまま午後にメインレジとして稼動します。 私の使う2番レジは、午前中に他の人も使っているんです。 私は店長にきつく注意されるので、入りた... Q 色々な本を読むとレジには「毎朝、金種を決めて、つり銭用に一定額をレジの中に用意をしておく。 」という様な内容が書いてありますが、適正な「金種」というのはどの様に決めたらよいのでしょうか? 当然、お客様にお釣りを渡すときに十分対応できる金額でしょうけれども・・・。 基本的には1万円、2千円札は必要ないと思いますし、頻度からすれば千円札、5百円玉、百円玉は結構必要なはずです。 5円玉などはあまり必要ないかとも思うのですが、銀行での両替時を考えると半端な枚数も不便です。 今の仕事は貴方と同じ業種の小規模店で、札券1万7千円、5百円10枚、百・50・10各1本の計3万円を基本としていますが、それぞれの金種の枚数はあまり正確に合わせていません。 それに、別に相手の女性の手を故意に触ろう等とも思っていないし、自分の手が汚いとか手を故意に触ろうとしていると表現されて様に思えて、気分悪いです。 表情や声でどんなに感じがいい店(レジ係)でも、最後にこういう釣銭の渡され方をすると、それが一気に払拭されてしまい、かなり感じ悪くムカつくのですが。 *若い女性ならば、手を故意に触られた苦い経験があるのかなぁ?とも思えますが、20代後半以上の大人の女性にこうされると、更に腹が立ちます。 こんな訳で、私は極力女性のレジは避け、男性か年配女性のレジに並ぶ様にしています。 又、そういう釣銭の渡され方をした経験のある男性の方のご意見もお待ちしてます。 それに、別に相手の女性の手を故意に触ろう等とも思っていないし、自分の手が汚いとか... A ベストアンサー こんにちは。 私も去年ファーストフードでレジをしていました。 お釣の渡し方で指導されていた事は、絶対に片方の手で添えるようなことはしてはならない・必要以上に触ってはならない、ということでした。 悪意のある人だとそのまま手を引っ張られたりする危険があるからだそうです。 (その間に体を触られたり、お金を盗まれたり。 ) また、女性店員の場合は相手に好意があると勘違いさせストーカーへと発展するケースが多いからだそうです。 信じられないお話かもしれませんが、「ありがとうございました、またのご来店お待ちしております。 」の言葉だけでも「あの子は俺のこと好きなんだ。 」と勘違いしてストーカーになってしまった事件もあったのです。 なので、手を添えるなどというスキンシップはご法度でした。 (この方針はその会社によって異なりますが。 ) ですが、お客様の手にお釣を置いてすぐに手を引っ込めるなどという指導はなく、お金が落ちないように丁寧に渡すとのことでした。 必要以上の接触はよろしくありませんが、質問者様が体験したような態度は失礼ですよね。 そのような店員は他のお客様にもそうしているのでしょう。 私も去年ファーストフードでレジをしていました。 お釣の渡し方で指導されていた事は、絶対に片方の手で添えるようなことはしてはならない・必要以上に触ってはならない、ということでした。 悪意のある人だとそのまま手を引っ張られたりする危険があるからだそうです。 (その間に体を触られたり、お金を盗まれたり。 ) また、女性店員の場合は相手に好意があると勘違いさせストーカーへと発展するケースが多いからだそうです。 信じられないお話かもしれませんが、「ありがとうございました...

次の

会計後に魚や肉のトレー捨てる「くるりポイ」、集まる批判に対案も:イザ!

お 会計 トレー

目次:好きなところへジャンプ• スタバ(スターバックス)コロナで金銭授受の方法が変更って?どう変わるの? 私は離島に住んでいるので、スタバに実際に行ってみるわけにもいかず、こういう時はやっぱりツイッターが本当に便利なのです。 情報収集するには。 トレーで金銭授受するようになっているみたいです 流れはこんな感じ• トレーにお金をいれて支払う• トレーに入れての受け渡しって、どちらも結局お金触るよね。 お金にウィルスが付着してたら、結局どちら側も触るよねって思うのは私だけ? 同じだよね? コーヒー1杯でもトレーでの受け渡しに もちろん、お金のやりとりだけでなく、商品もトレーでの受け渡しです。 なんたる徹底ぶりでしょうか。 棚の上に置いて、お客さんに取ってもらえばイイ話のような気もするけど。 スタバのコロナ感染強化はいつから始まったのか ツイッター様様です。 こんなツイートがありました。 — まいける mugmogryu このツイートが2月29日なので、対策が強化されたのは 3月1日からということになりますね。

次の

スタバ(スターバックス)コロナでトレーでお金の受け渡しに。|ぐぐみた

お 会計 トレー

会計時の接客マナーが重要な理由とは 「終わりよければすべてよし」ということわざがあります。 「始まりや途中はどうであれ、最後の締めくくりがよければ高く評価される」といった意味で、このポジティブ思考は成功するための大原則ともいわれています。 なぜ終わりの部分が重要かというと、人間は不快感を抱いたり、つまらないと思ったりしても、最後に感動することや楽しいことがあるとそのプラスの感情が優先的に記憶されるという性質をもっているからです。 逆に、最後に不快な思いをさせられれば、それまでのよい感情はかき消され、悪い印象だけ残ってしまうということでもあります。 飲食店の場合は、会計から見送りまでの接客態度がお客様の満足度を左右し、その評価はいつまでも記憶に残ってしまいます。 とくに会計時の応対のしかたはリピートしてもらえるかどうかを決定づける重要なシーンとなります。 それまでお客様は楽しいひとときを過ごしてきたのに、会計担当者のミスのせいで酔いも冷めてしまったなどということのないよう、細心の注意を払う必要があります。 会計のしかたは大きく分けてテーブル会計とレジ会計の2通りあります。 次にそれぞれのマナーについて見ていきましょう。 接客マナー ~テーブル会計~ テーブルチェックアウトは欧米ではごくふつうのスタイルです。 日本では高級レストランなど一部の店でしか行われていませんでしたが、最近は居酒屋などでもこのスタイルを取り入れているところが増えてきています。 テーブル会計のメリットは、席に掛けたままなので場の雰囲気を損なわずスマートに会計ができること、混み合うレジ前で待たせなくてもすむことなどがあげられます。 デメリットとしては、お客様がいつ会計をするのか、そのタイミングを見計らう必要がある点です。 会計の合図をしているのを見逃したりしないように、つねに態勢を整えておかなければなりません。 テーブル会計の手順• お客様が手を上げたりして合図を送っているときは、すみやかに席に近づき、「お会計ですか?」と伺います。 「お願いします」と言われたら、「ありがとうございます。 少々待ちください」とレジに行きます。 伝票ケースをテーブルに置いてある場合はそれを持ち、「伝票をお預かりします」と言って下がります。 できるだけ待たせないように早く・正確に計算をすませて戻ります。 「お待たせいたしました。 お会計をお持ちしまた」と、伝票ケースを裏にして渡します。 現金で支払われた場合は、枚数をかぞえて「〇千円でございますね」と確認します。 次に「領収書かレシートはいかがいたしましょうか」と尋ね、領収書をと言われた場合は、「かしこまりました。 お名前はいかがいたしましょうか」と伺います。 「〇〇で」と言われたら「〇〇様でございますね」と復唱して間違えないようにします。 レジで会計作業をして間違いのないことを確認してから、おつりと領収書をキャッシュトレイに乗せて戻り、「お待たせいたしました。 おつりと領収書でございます。 お確かめください」と、トレイをテーブルに置きます。 お客様の確認が終えたら「ありがとうございました」とていねいにお礼を言います。 支払いが現金ではなくカードの場合は、カードをいったん預かる必要があります。 お客様のなかにはその間に不正使用されないかと不安になる人もいます。 店側にとってもサインをしてもらうための手間がかかります。 このような煩わしさを解消するために、最近はiPadレジを使用する店舗が多くなっています。 サインもiPadですませることができますし、レシートプリンター機能も導入しておけばワイヤレスで印刷できるので、レジとテーブルを往復する必要もありません。 これからテーブル会計を採用しようと考えている方はiPadレジを検討してみることをおすすめします。 (iPadレジについては「」を参照してください。 ) 接客マナー ~レジ会計~ 入り口付近などにレジスターを設置し、お客様に伝票を持ってきてもらって精算をするレジ会計は、とても合理的なスタイルです。 難点は、会計が集中する時間帯は長い列ができてしまうことです。 それを避けるためには、最初から個別にオーダーしてもらい、伝票も別々にしておく方法があります。 レジ会計の手順• お客様から伝票を両手で受け取り、「ありがとうございます。 伝票をお預かりいたします」と言ってからレジに打ち込みます。 このとき、打ち間違いを防ぐとともにお客様の確認を促すためにもメニューと金額を読み上げるのがベストです。 金銭を受け取ったらすぐにレジにしまわないで、枚数をかぞえて「〇〇円お預かりいたします」と、いったんキャッシュトレイに置きます。 札と小銭のつり銭がある場合は、お札を「千、二千……」と数えてから渡し、小銭はキャッシュトレイに載せて「〇十円をお返しいたします。 お確かめください」と渡します。 領収書が必要かどうかを尋ね、必要という場合はあて名を確認して作成します。 お客様がおつりと領収書を財布にしまうのを確認したところで「お忘れ物はございませんか?」と気遣います。 お帰りになるときはホールのスタッフにも聞こえる声で「ありがとうございました!」とお礼を言います。 そして自分もドアの外まで出て「ありがとうございました。 またお越しくださいませ」と深く頭を下げます。 頭を上げたらすぐに店内に入るのではなく、しばらく見送るようにしましょう。 接客マナー 〜会計ミスが起きたとき〜 お金の受け渡しには細心の注意を払うべきですが、いくら気をつけていても間違えてしまうことがあります。 レジで会計をする際に、500円を誤って50円と打ってしまい450円も少なく請求してしまったなどということがあります。 こちらが正しい金額でございます。 まことに申し訳ありません」と丁重に頭を下げて、不足分をいただくようにします。 お客様としては気分のいいものではないでしょうが、確かな金額ですから納得してくれるはずです。 そのへんのお客様の心理も理解して、自分の不手際をお詫びしましょう。 反対に、同じ料理を二度打ちしたりして本来の請求金額より多く受け取ってしまうこともあります。 これは少ない額をいただいたときより問題です。 少ない分にはお客様に実質的な損を与えていないからです。 仮にお客様から不足分を支払ってもらえなかったとしてもお店の損失だけですみます。 多めにいただいた場合でも、すぐに気づいてお詫びとともに返金できればいいのですが、お客様が後になってから払いすぎに気づいて連絡をしてきた場合は、対応のしかたを誤ると厄介なことになります。 領収書を持って直接来店された場合は、相手の主張を受け入れるようにします。 相手の勘違いかもしれないと思っても、悪質なクレーマーでもない限り、争うような姿勢を見せるのは得策ではありません。 レジの記録をたどれば問題を解明できるとしても、話がこじれてしまっては二度と来店してもらうことができません。 ここはお客様をリピーターとしてつなぎとめるための戦略を考えるほうが賢明です。 その1つとして、まずは店長か経営者が前面に出て謝罪し、返金します。 お詫びの品を差し出すのが礼儀ですが、その場では難しいという場合は、追って自宅か会社に送り届けるといいでしょう。 店にわざわざ足を運んで苦情を言ってくれたことに対し、誠意をもって応えるのは経営者の基本的なスタンスといえます。

次の