九星 気 学 性格。 【二黒土星・九星気学】性格・相性・恋愛・結婚・仕事・2018年の運勢・吉方位・ラッキーカラー・芸能人を紹介!

「九星気学」とは? 九星気学でわかる性格や相性|「マイナビウーマン」

九星 気 学 性格

傾斜法とは? 後天定位盤は方位盤上で九星の基本位置を示していますが、中央とそれを囲む8つの方位が、年ごと、月ごと、日ごとで、ある一定の法則にしたがって運行しています。 生れ月の気を中心に取り巻く、八つの気の配置と、生まれ年の気のある方位を見ると、ある一定の角度、つまり傾斜が生じています。 この傾斜に「天球の区分」という意味の「宮」(西洋占星術で言う、星座の「座」と同じようなものです)という言葉をつけたものが傾斜宮で、この傾斜宮を使って運勢を占っていく方法を傾斜法と言います。 傾斜宮の呼び方は乾宮、兌宮など、八卦の「乾・兌・離・振・巽・坎・艮・坤」を基本に考えられていますが、九星気学独自の名称も存在します。 それが方位盤の真ん中に位置する「中宮」であり、この傾斜宮を持つのは本命星と月命星が一致する人のみです。 傾斜法は、本命星が生まれ月である月盤のどの方位にあるかを調べる方法で、性格や運命を調べることに向いています。 生年の気を組み合わせて導かれるそれぞれの「傾斜宮」は、その人の考え方や性格を見事に表しているのです。 生年・生月を基にして割り出される「傾斜宮」は一生変わりません。 だからといって、傾斜宮でその人の人生が決められてしまうわけでは無く、毎年巡ってくる年の気、月の気が変わる事で運気も変わります。 自分の傾斜宮を知る事によって、自分の個性や性格を十分に生かした生き方が出来、無理なく自分に会った幸せを掴むことができるでしょう。

次の

八白土星とは?性格7つ・相性・運勢・吉方位を詳しく解説[九星気学]

九星 気 学 性格

性格判断 九星気学の性格及び運勢は、本命と月命を組み合わせた八十一種で、九星術の九星から判断する九種及び十二支を加えた三十六種の分類から発展させたものです。 傾斜鑑法 傾斜鑑法は、生まれ月に本命星がどこに位置するかで生まれ持つ性格を判断します。 右図は、本命星が五黄土星、月命星が、一白水星の性格を求める場合です。 生まれ月の九星盤に本命星が、離宮にあるのでこの組み合わせでは離宮傾斜となります。 傾斜鑑法の特殊なケースとして、本命星、月命星が同じ中宮傾斜があります。 中宮傾斜の組み合わせについては、下記の中宮傾斜対応表を参照してください。 男性:艮宮傾斜 女性:坤宮傾斜 八宮の名称と配置 八宮は中宮周囲の八つの宮のことで、易の八卦を配したものです。 名称 坎宮 坤宮 震宮 巽宮 中宮 乾宮 兌宮 艮宮 離宮 八卦 坎 坤 震 巽 - 乾 兌 艮 離 読み かん こん しん そん - けん だ ごん り 方位 北 西南 東 東南 中央 西北 西 東北 南 五行 水 土 木 木 土 金 金 土 火 十二支 子 未・申 卯 辰・未 - 戌・亥 酉 丑・寅 午 傾斜別基本性格 傾斜による基本性格傾向 坎宮傾斜 目立たず控えめだが要領は悪くない。 企画力があり裏方でより力を発揮する。 坤宮傾斜 堅実、真面目で周囲の信用を得る。 物事対し慎重過ぎるので開運は遅くなる。 震宮傾斜 活動的だが慎重さがない。 確りと実力を備えなければ、名声に財が伴わない。 巽宮傾斜 温厚で周囲に人が集まる。 社交的で外交や世話役等まとめ役に才を発揮する。 中宮傾斜 運気の波が激しく性格に二面性がある。 性格は中宮傾斜対応表を参照のこと。 乾宮傾斜 統制力と行動力があり豪快である。 仕事は良いが家庭を省みない傾向がある。 兌宮傾斜 多才、話術が巧みで世渡り上手。 寂しがり屋で見栄張りなので散財しやすい。 艮宮傾斜 信義に厚く頼られる親分肌。 頑固でハッキリと物を言うので運勢に波がある。 離宮傾斜 情熱家で多芸、容姿端麗な者が多い。 目端が利き世渡り巧みで苦労が少ない。 性格判断.

次の

【九星気学占い】五黄土星の人の運勢・性格・恋愛運・金運・適職まとめ(干支別診断あり)

九星 気 学 性格

その代わり、神経が細かく小さなことで悩みやすいという傾向があります。 異性関係では意外と激しい感情を持つ人も少なくなく、身を滅ぼす人もいます。 行動がスローで愚鈍な人が多いですが、コツコツと続けるような作業は得意です。 まじめで忍耐力があるので、男性も女性も結婚相手として無難なタイプです。 見栄っ張りで賑やかなことや場所を好みます。 また、どことなく華があります。 人生の前半は調子がいいですが、謙虚さを忘れると晩年に苦しみます。 どんな集団やグループでも風のようにすっとなじんでいきます。 また、引き立てられる運もあります。 その代わりに、流されやすく優柔不断という欠点があります。 腸が弱い人が多いです。 この星の人は敵に回さないようにしましょう。 また、健康上の欠点がない人が多く、タフで行動力があります。 女性も独立志向が強く、苦難を乗り越えながら成長します。 ただし、感受性にとぼしいため、他人の感情に共感しません。 自分のことばかりを考えると運が開けないので、才能を社会に役立てるようにしましょう。 女性はかわいらしい人が多いです。 男性も同様で愛嬌がありますが、男としての迫力に欠けることもあります。 ビジネスでも恋愛でも「詰めの甘さ」が出やすいのが欠点です。 ただし、一度信頼関係ができれば、決して裏切らない誠実さがあります。 また、女性は結婚しても何かと実家に縁があり、男女とも墓を守ることになる人が多いです。 文章、絵画などの芸術方面に才能を発揮する人も少なくありません。 ただし移り気なところが欠点となります。 恋愛においても同様で、一人に絞れず恋多き人も多いのがこの星の人です。 これは、自分という人間を客観的に見る練習になります。 たとえば自分が七赤金星なら、「詰めが甘い」という運命的な欠点があるので、何事においても用心する、しっかりした人に補佐役を頼む、などの対策ができます。 また、社会においては相性のいい人ばかりとつき合うわけにもいきません。 「あの人と相性が悪い」ということを事前に知っておけば、自分の主張を控えめにして、相手との摩擦が起きないようにすよう、などと対策することができます。 恋愛においても自分と相性のいい星を覚えておくといいでしょう。 適齢期の人は、自分に合う本命星に絞って恋活・婚活することは非常に有益です。 相性のいい同士は多少の困難があっても力を合わせて乗り越えやすいからです。 一方、相性の悪い同士だと困難を乗り越えるのにお互いによる相当の努力が必要となります。 このように、占いは現実の生活に役立ててこそ、の実学です。 人間関係がうまくいかないときなどは、九星気学の性格、相性診断を思い出してください。

次の