国民年金 追納しない。 学生納付特例制度、娘の追納期限が迫る、追納する?しない?

学生特例免除されていた国民年金保険料を追納してみたまとめ。

国民年金 追納しない

目次情報• 年金受給額以外で追納するか・しないか判断する際に知っておきたいコト 追納するか・しないかを判断する時の 尺度 何を重要視するか は、人それぞれ違うので、画一的に判断することは出来ません。 現在の経済的状況や雇用環境等によっても変化しますからね。 というわけで、「する・しない」の判断をする時に、ちょっと頭の片隅に入れておきたい事を書いておきます。 自分が何歳でぽっくり逝ってしまうかは、正直分かりませんが、死ぬまで定額 物価スライド付 のお金が貰えるというのは中々の安心感をもたらしてくれます。 特に将来の生活に不安を持っている人にとってはね。 従って、免除期間も含めて3分の2以上保険料を払っているなら、何かあった場合でも、遺族への一定の生活資金は確保出来るので、もう払わないでもいっか・・・という判断も有りといえば有りかもしれません。 年金の保険料は全額所得控除の対象なので、支払った期の所得税・住民税を減らす効果が有ります。 当期の税金も減らし・将来の受給額も増えるという事を考えれば、支払った額以上のお金が戻ってくる可能性は高いです。 平成27年4月からの満額の老齢年金は780,100円です。 というわけで、免除期間が61ヶ月だと、大体年額72,300円 月額6,025円 の差額が発生します。 7年」ですね。 なので、65歳から受給できるとして78歳まで生きるのであれば、払った方が良いという事になります。 いつ死ぬかは知りませんが。 ここをどう捉えるかは人それぞれですが、 僕は全額追納する予定です。 ただ、一気に払う余裕も無いのでチビチビ払ってますけどねー。

次の

学生納付特例制度、娘の追納期限が迫る、追納する?しない?

国民年金 追納しない

学生納付特例制度、加入暦はカウント この学生納付特例制度を利用するメリットは、年金加入歴にはカウントしてくれることです。 老齢年金を受け取るためには、保険料の納付済み期間が25年間必要になります。 この期間がなければ、老齢年金は受給できません。 学生納付特例制度の承認を受けた期間は、この25年間必要な年金加入期間に含まれます。 また、障害年金や遺族年金の受給資格認定時にも、保険料納付期間としてカウントされます。 学生納付特例制度、年金額には反映なし 国民年金の老齢年金受給額は、原則として保険料を納付した期間に比例して決まるものです。 学生納付特例を利用した期間は、老齢年金の額の計算対象となる期間に含まれません。 なので、年金額には反映されないということですね。 「学生納付特例制度を利用していたから、年金未納期間はありません」と言われる方がいますが、これは間違いですのでご注意を。 10年間追納可能 学生納付特例制度は保険料の納付を猶予するというもの。 働くようになって経済的に余裕が出来たら、保険料を納付するという考え方ですね。 年金保険料を追納(後から保険料を納める)できるのは、通常では2年間となっていますが、学生納付特例制度が承認された期間分は10年間可能です。 3年目以降は追加加算額が この追納ですが、2年目までは猶予されたいた時の保険料を支払えばいいのですが、3年目以降はそうはいきません。 3年目以降に保険料を追納する場合は、猶予されたいた時の保険料に加算額が加わることになります。 学生納付特例制度利用でも早めの追納を この学生納付特例制度のメリットは、保険料を納付しなくても加入期間としてカウントしてくれること。 デメリットは特にありません。 強いて言うなら、毎年申請をしないといけないことくらいでしょうか。 でも、申請をしたからといって安心をしないように、将来の老齢年金の受給額のために、経済的に余裕がある時に早めに追納しましょう。

次の

追納等可能月数と金額の確認|日本年金機構

国民年金 追納しない

目次情報• 年金受給額以外で追納するか・しないか判断する際に知っておきたいコト 追納するか・しないかを判断する時の 尺度 何を重要視するか は、人それぞれ違うので、画一的に判断することは出来ません。 現在の経済的状況や雇用環境等によっても変化しますからね。 というわけで、「する・しない」の判断をする時に、ちょっと頭の片隅に入れておきたい事を書いておきます。 自分が何歳でぽっくり逝ってしまうかは、正直分かりませんが、死ぬまで定額 物価スライド付 のお金が貰えるというのは中々の安心感をもたらしてくれます。 特に将来の生活に不安を持っている人にとってはね。 従って、免除期間も含めて3分の2以上保険料を払っているなら、何かあった場合でも、遺族への一定の生活資金は確保出来るので、もう払わないでもいっか・・・という判断も有りといえば有りかもしれません。 年金の保険料は全額所得控除の対象なので、支払った期の所得税・住民税を減らす効果が有ります。 当期の税金も減らし・将来の受給額も増えるという事を考えれば、支払った額以上のお金が戻ってくる可能性は高いです。 平成27年4月からの満額の老齢年金は780,100円です。 というわけで、免除期間が61ヶ月だと、大体年額72,300円 月額6,025円 の差額が発生します。 7年」ですね。 なので、65歳から受給できるとして78歳まで生きるのであれば、払った方が良いという事になります。 いつ死ぬかは知りませんが。 ここをどう捉えるかは人それぞれですが、 僕は全額追納する予定です。 ただ、一気に払う余裕も無いのでチビチビ払ってますけどねー。

次の