三菱東京ufj銀行 銀行コード。 18年4月から三菱UFJ銀行へ社名変更 預金者が必要な手続きや注意点は?

東京三菱銀行

三菱東京ufj銀行 銀行コード

概要 [ ] に三菱銀行と専門銀行のが合併して誕生。 、と並ぶ「御三家」の一つである。 は東京銀行を承継した。 三菱グループを中心とする安定した国内取引先と旧の海外拠点を持ち合わせ、融資に厳格であったことから比率は都市銀行のなかで最小であった。 の際もの経営関与に攻防し、その際に注入されたを真っ只中の2003年1月に完済した。 ・などが化によって膨れ上がった処理に追われる中、もっとも強い都市銀行であるという評価がなされることが多かった。 その一方で、前身行の大口取引先であるやに対しては役員を送り込み経営再建を支援している。 300余りの国内店舗の殆どは三菱銀行から東京都・神奈川県に偏重していた(MTFG2001年ディスクロージャー誌)。 その一方でUFJ銀行との合併まで東京都心以外の多くのATMは平日19時・土休日17時までの稼働であったり、やを扱わない(三菱東京UFJ銀行より取扱開始)などやや旧態化した一面もあった。 10月1日の株式会社と株式会社のに合わせて同日付で株式会社UFJ銀行を吸収する予定であったが、の実例から統合の体制を整える準備期間が必要と判断され延期となり、 付でUFJ銀行を合併し株式会社へ商号変更している。 東京銀行との合併に伴う処置 [ ] 拠点 [ ] 旧三菱銀行と地理的に重複していた東京銀行(以下、東銀)の国内店舗・海外拠点は段階的に2004年頃までに旧三菱銀行側に吸収された(札幌は、旧東銀側が存続)一方、重複しない単独拠点(主に海外)についてはそのまま存続する形となっている。 旧東京銀行の本店営業部は「東京営業部」となりに旧三菱銀行の本店あるいは日本橋支店に統合された。 しかし日本橋支店MTFGプラザ(現:)が東京営業部跡に移転・開設されることになったため、日本橋支店が元の東京営業部に移転した格好となっている。 なお、MUFGプラザにはのちに旧UFJ銀行の室町支店がにともない転入しとなっているため、旧東京三菱と旧UFJの全てのサービスが利用できるようになっている。 現存する三菱UFJ銀行東京営業部は旧UFJ銀行東京営業部であるが、2013年に新丸の内支店(旧:)と化し、へ移転している。 東銀の国内店舗(場所)がそのまま継承された例としては他に、現・三菱UFJ銀行札幌支店、支店、成田国際空港出張所、成田空港第2ビル出張所(現在は、母店である成田空港支店内にブランチインブランチ)、新橋支店、渋谷明治通支店、新宿中央支店、横浜支店、関西国際空港出張所がある。 現・三菱UFJ銀行大阪中央支店は旧三菱銀行 大阪支店であるが、三菱東京UFJ銀行(現・三菱UFJ銀行)発足直後のまでは、東京銀行大阪支店(のちの大阪淀屋橋営業部) の場所で営業していた。 その名残で平成30年8月に大阪営業部が現在地に移転(建て替えのため、現在地から旧三菱銀行 大阪支店所在地に仮移転していた)するまで、大阪淀屋橋営業部跡地にATMコーナーが設置されていた。 また、山口県内では東銀の下関支店が内に存在していたが、地理的な関係から三菱店の徳山支店(周南市)ではなく隣接県の北九州支店(北九州市)へ統合されている。 金融債 [ ] 銀行としてを発行することが許された旧東京銀行の流れを引き継ぎ、合併より6年間特例として金融債の発行が認められ、「東京三菱銀行債券取扱店舗」(主に 東京銀行 店の承継店舗)で扱っていたが、以降、新規の売出しを停止している。 割引東京三菱銀行債券「ワリトー」• 利付東京三菱銀行債券「リットー」• 利付東京三菱銀行債券「ハイジャンプ(一括払)」 三菱UFJ銀行となった現在も未換金の現物保有者が存在するため償還業務は継続している。 沿革 [ ] 「」および「」も参照• (平成8年)• 4月1日 - 三菱銀行が東京銀行を吸収合併し、 株式会社東京三菱銀行に商号変更。 12月27日 - ホームページ開設。 (平成10年) - 加盟店でのKISCサービス開始(現在はへ移行済)。 (平成11年)8月 - 東京三菱ダイレクト(現:三菱東京UFJダイレクト)開始。 (平成13年)• 1月 - スーパー普通預金()発売。 4月 - ・とのにより (MTFG)を設立し、その完全子会社となる。 (平成13年)• 8月 - 、三菱信託銀行、及びと共同出資でを設立。 9月 - の親密地銀である・・と平日日中時間帯のATM利用手数料の無料化を開始。 (平成13年)10月 - 発売。 平成17年 10月 - 親会社が(MUFG)へ商号変更。 (平成18年)1月1日 - MUFG完全子会社のを吸収合併し、 株式会社三菱東京UFJ銀行となる。 関係が親密な地方銀行 [ ] 詳細は「」を参照 関係が親密な大口融資先 [ ]• 旧 系列• 富士紡績• 新東亜交易• 丸の内よろず• 千歳興産• (現:)• 旧 系列• 旧 系列• (Noritake)• (日本ガイシ)• (現: 子会社の )• その他親密先• (2008年にMUFGの持分法適用会社化)• (後に入り)• (に次ぐ融資先)• (に次ぐ融資先)• (に次ぐ融資先)• (旧とも親密)• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 東京銀行大阪支店は、東京三菱銀行発足と同時に 大阪淀屋橋営業部へ改称され、90年代終盤に大阪三菱ビルから移転してきた東京三菱銀行大阪支店(旧:三菱銀行大阪支店)に統合された。 その後、三菱東京UFJ銀行発足と同時に同支店は 大阪中央支店に改称された。 が森村財閥の金融部門であった森村銀行を吸収した関係から親密である。 出典 [ ].

次の

三菱UFJ銀行の金融機関・支店コード

三菱東京ufj銀行 銀行コード

概要 [ ] に三菱銀行と専門銀行のが合併して誕生。 、と並ぶ「御三家」の一つである。 は東京銀行を承継した。 三菱グループを中心とする安定した国内取引先と旧の海外拠点を持ち合わせ、融資に厳格であったことから比率は都市銀行のなかで最小であった。 の際もの経営関与に攻防し、その際に注入されたを真っ只中の2003年1月に完済した。 ・などが化によって膨れ上がった処理に追われる中、もっとも強い都市銀行であるという評価がなされることが多かった。 その一方で、前身行の大口取引先であるやに対しては役員を送り込み経営再建を支援している。 300余りの国内店舗の殆どは三菱銀行から東京都・神奈川県に偏重していた(MTFG2001年ディスクロージャー誌)。 その一方でUFJ銀行との合併まで東京都心以外の多くのATMは平日19時・土休日17時までの稼働であったり、やを扱わない(三菱東京UFJ銀行より取扱開始)などやや旧態化した一面もあった。 10月1日の株式会社と株式会社のに合わせて同日付で株式会社UFJ銀行を吸収する予定であったが、の実例から統合の体制を整える準備期間が必要と判断され延期となり、 付でUFJ銀行を合併し株式会社へ商号変更している。 東京銀行との合併に伴う処置 [ ] 拠点 [ ] 旧三菱銀行と地理的に重複していた東京銀行(以下、東銀)の国内店舗・海外拠点は段階的に2004年頃までに旧三菱銀行側に吸収された(札幌は、旧東銀側が存続)一方、重複しない単独拠点(主に海外)についてはそのまま存続する形となっている。 旧東京銀行の本店営業部は「東京営業部」となりに旧三菱銀行の本店あるいは日本橋支店に統合された。 しかし日本橋支店MTFGプラザ(現:)が東京営業部跡に移転・開設されることになったため、日本橋支店が元の東京営業部に移転した格好となっている。 なお、MUFGプラザにはのちに旧UFJ銀行の室町支店がにともない転入しとなっているため、旧東京三菱と旧UFJの全てのサービスが利用できるようになっている。 現存する三菱UFJ銀行東京営業部は旧UFJ銀行東京営業部であるが、2013年に新丸の内支店(旧:)と化し、へ移転している。 東銀の国内店舗(場所)がそのまま継承された例としては他に、現・三菱UFJ銀行札幌支店、支店、成田国際空港出張所、成田空港第2ビル出張所(現在は、母店である成田空港支店内にブランチインブランチ)、新橋支店、渋谷明治通支店、新宿中央支店、横浜支店、関西国際空港出張所がある。 現・三菱UFJ銀行大阪中央支店は旧三菱銀行 大阪支店であるが、三菱東京UFJ銀行(現・三菱UFJ銀行)発足直後のまでは、東京銀行大阪支店(のちの大阪淀屋橋営業部) の場所で営業していた。 その名残で平成30年8月に大阪営業部が現在地に移転(建て替えのため、現在地から旧三菱銀行 大阪支店所在地に仮移転していた)するまで、大阪淀屋橋営業部跡地にATMコーナーが設置されていた。 また、山口県内では東銀の下関支店が内に存在していたが、地理的な関係から三菱店の徳山支店(周南市)ではなく隣接県の北九州支店(北九州市)へ統合されている。 金融債 [ ] 銀行としてを発行することが許された旧東京銀行の流れを引き継ぎ、合併より6年間特例として金融債の発行が認められ、「東京三菱銀行債券取扱店舗」(主に 東京銀行 店の承継店舗)で扱っていたが、以降、新規の売出しを停止している。 割引東京三菱銀行債券「ワリトー」• 利付東京三菱銀行債券「リットー」• 利付東京三菱銀行債券「ハイジャンプ(一括払)」 三菱UFJ銀行となった現在も未換金の現物保有者が存在するため償還業務は継続している。 沿革 [ ] 「」および「」も参照• (平成8年)• 4月1日 - 三菱銀行が東京銀行を吸収合併し、 株式会社東京三菱銀行に商号変更。 12月27日 - ホームページ開設。 (平成10年) - 加盟店でのKISCサービス開始(現在はへ移行済)。 (平成11年)8月 - 東京三菱ダイレクト(現:三菱東京UFJダイレクト)開始。 (平成13年)• 1月 - スーパー普通預金()発売。 4月 - ・とのにより (MTFG)を設立し、その完全子会社となる。 (平成13年)• 8月 - 、三菱信託銀行、及びと共同出資でを設立。 9月 - の親密地銀である・・と平日日中時間帯のATM利用手数料の無料化を開始。 (平成13年)10月 - 発売。 平成17年 10月 - 親会社が(MUFG)へ商号変更。 (平成18年)1月1日 - MUFG完全子会社のを吸収合併し、 株式会社三菱東京UFJ銀行となる。 関係が親密な地方銀行 [ ] 詳細は「」を参照 関係が親密な大口融資先 [ ]• 旧 系列• 富士紡績• 新東亜交易• 丸の内よろず• 千歳興産• (現:)• 旧 系列• 旧 系列• (Noritake)• (日本ガイシ)• (現: 子会社の )• その他親密先• (2008年にMUFGの持分法適用会社化)• (後に入り)• (に次ぐ融資先)• (に次ぐ融資先)• (に次ぐ融資先)• (旧とも親密)• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 東京銀行大阪支店は、東京三菱銀行発足と同時に 大阪淀屋橋営業部へ改称され、90年代終盤に大阪三菱ビルから移転してきた東京三菱銀行大阪支店(旧:三菱銀行大阪支店)に統合された。 その後、三菱東京UFJ銀行発足と同時に同支店は 大阪中央支店に改称された。 が森村財閥の金融部門であった森村銀行を吸収した関係から親密である。 出典 [ ].

次の

三菱東京UFJ銀行コード

三菱東京ufj銀行 銀行コード

- 15 支店 and 49 ATM. - 10 支店 and 42 ATM. - 1 支店 and 14 ATM. - 1 支店 and 5 ATM. - 3 支店 and 12 ATM. - 2 支店 and 8 ATM. - 2 支店 and 11 ATM. - 6 支店 and 29 ATM. - 1 支店 and 4 ATM. - 2 支店 and 9 ATM. - 1 ATM. - 1 支店 and 6 ATM. - 6 支店 and 31 ATM. - 7 支店 and 49 ATM. - 1 ATM. - 2 支店 and 6 ATM. - 1 支店 and 4 ATM. - 6 支店 and 18 ATM. - 2 ATM. - 5 ATM. - 1 支店 and 3 ATM. - 4 支店 and 17 ATM. - 4 支店 and 18 ATM. - 6 支店 and 16 ATM. - 5 支店 and 22 ATM. - 2 ATM. - 10 支店 and 32 ATM. - 9 支店 and 49 ATM. - 4 支店 and 15 ATM. - 3 支店 and 19 ATM. - 10 支店 and 30 ATM. - 1 支店 and 1 ATM. - 2 支店 and 5 ATM. - 2 支店 and 3 ATM. - 4 支店 and 19 ATM. - 1 ATM. - 1 支店 and 10 ATM. - 3 支店 and 12 ATM. - 4 支店 and 11 ATM. - 1 支店 and 7 ATM. - 6 支店 and 20 ATM. - 3 支店 and 10 ATM. 本社 三菱東京UFJ銀行: 東京都千代田区丸の内2-7-1, 千代田区.

次の